メインメニューを開く

古木 秀太郎(ふるき しゅうたろう、慶応3年12月13日[1]1868年1月7日) – 没年不詳)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将群馬県高崎市長

経歴編集

越後国中頸城郡三郷村出身[2]1887年明治20年)、陸軍教導団砲兵科課程を卒業[2]1893年(明治26年)に陸軍士官学校を卒業し、翌年に歩兵少尉に任官した[2]第2師団副官、高崎連隊区司令官を経て、1913年大正2年)に歩兵大佐歩兵第15連隊長に任じられた[1][2]1918年(大正7年)に陸軍少将に昇進し、待命となった[1]

1919年(大正8年)、予備役に編入され、高崎市長に選出された[2]

脚注編集

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 『日本の歴代市長 第1巻』歴代知事編纂会、1983年。