古本 新乃輔(ふるもと しんのすけ、1969年12月13日[1][2] - )は、日本の俳優声優タレントラジオパーソナリティ東京都世田谷区出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業。旧芸名は古本 新之輔愛称は、「しんのす」。株式会社茶谷堂所属[3]

ふるもと しんのすけ
古本 新乃輔
別名義 古本 新之輔(旧芸名)
生年月日 (1969-12-13) 1969年12月13日(54歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
血液型 A型[1]
職業 俳優声優
タレントラジオパーソナリティ
ジャンル テレビ
映画
活動期間 1980年代 -
主な作品
Vシネマ
難波金融伝 ミナミの帝王』シリーズ 9 - 13
テレビドラマ
北の国から』(1987年)
備考
身長:165cm 体重:67kg
テンプレートを表示

来歴・人物

編集

少年時代から子役として芸能活動をしていた。

文化放送の『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』で5年間、メインパーソナリティを務めた。

声優としても活動しており、アニメでは1995年4月に放送開始した『クマのプー太郎』のプー太郎役を皮切りに、同年6月『H2』の国見比呂役、同年10月『爆れつハンター』のキャロット・グラッセ役で、3本同時に主役を演じていた時期がある。この3本のアニメは全て1996年3月に終了した。なお、アニメ『らんま1/2』では当初は響良牙の声を古本が担当する予定だったが、初収録がドラマ撮影と重なったため直前でキャスティングが呪泉郷ガイドやガヤですでに本作に関わっていた山寺宏一へ変更となった(なお古本は後にアニメ「らんま1/2」ではパンスト太郎、源氏平太の声を担当している)[4][5]

2006年10月から太田プロダクション所属になり、古本 新乃輔に改名し、現在は株式会社茶谷堂に所属している[3]

現在は主に俳優・ミュージシャンとして活動する一方、自身が大のハワイ好きである事が高じて千葉県八千代市勝田台にハワイにまつわる品物を扱うハワイアンショップ「PUALILI」を開店した。この店の店長を務めるほか、ウクレレ教室も開いている[6]。その後、2016年3月に同県館山市のアロハガーデンたてやま(道の駅南房パラダイス内)の副支配人に就任した[7]

2018年7月に公式ブログで女児が誕生し、49歳で父親となったことを明かした(時期は不明だが既に一般女性と結婚している)。公式ブログでは現在その女児の子育ての様子を中心に更新している。

エピソード

編集

玉川砂記子とは『F』『ジャングル大帝(第3作)』『ユンカース・カム・ヒア』『爆れつハンター』といった作品で共演経験があり、共演作が多い。

出演

編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ

編集

映画

編集

舞台

編集
  • GACKT 眠狂四郎無頼控
    • (2010年5月14日 - 28日)立川談亭役
    • (2010年9月28日 - 10月20日)
  • GACKT MOON SAGA 〜義経秘伝〜 武蔵坊弁慶 役

テレビアニメ

編集

劇場アニメ

編集

ゲーム

編集

ラジオ

編集
  • What's Up Guys?
  • 時を越えて -REMIX VERION-
    • 作詞・作曲・編曲・演奏・歌:T's WORKSHOP岩崎琢&渡辺瑛美)、特別参加:古本新之輔
    • 無責任艦長タイラー』OVAシリーズ『地上より永遠に』より主題歌のリミックス。主題歌シングルのみに収録。
  • WATCH OUT!
    • 『古本新之輔のパラシュート遊激隊』テーマソング
  • パラシュート遊撃隊スペシャル 〜番外編〜
  • TOKYO DANCE/ Breakin' Up
    • つんく♂プロデュース『東京★ざんすっ〜これが日本人ってもんだろうが〜』主題歌。
  • ユーポス「帰りは電車編」「帰りはバス編」(1999年)「ミナミの帝王」の主人公・萬田銀次郎(演:竹内力)と共演。
  • マクドナルド、キャラメルコーン、九州らーめんよかとん(幼少期)

その他

編集

イベント

編集
  • 1991年8月18日、イベント「うる星やつら 10th Anniversary Party in 武道館」

出典

編集
  1. ^ a b 古本新乃輔の解説”. goo人名事典. 2022年1月9日閲覧。
  2. ^ 『声優名鑑』、613頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  3. ^ a b 株式会社茶谷堂 古本新乃輔”. 株式会社茶谷堂. 2024年3月31日閲覧。
  4. ^ 第7話台本キャスト一覧より。
  5. ^ 〇〇やってみたい!!【日髙のり子のボイスアクターズ】#2 山寺宏一さんに10の質問! 東京コミコン
  6. ^ AlohaticShop PUALILI 公式サイト、2015年10月2日閲覧。
  7. ^ 副支配人よりご挨拶です”. 古本新乃輔 OFFICIAL BLOG アロハちっく天国. アメーバブログ (2016年3月2日). 2016年6月15日閲覧。
  8. ^ “満ちてくる時のむこうに”. ぴえろ公式サイト. https://web.archive.org/web/20190601152945/https://pierrot.jp/archives/tv_list_1990/sp_004.html 2016年5月10日閲覧。 
  9. ^ H2”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年5月27日閲覧。

関連人物

編集
  • 太田英明文化放送アナウンサー) - ラジオ『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』の「ザ・マスクマン」企画で司会を務めた。
  • 砂山圭大郎(文化放送アナウンサー) - ラジオ『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』の「ザ・マスクマン」企画でザ・マスクマンを演じた。当時は砂山大輔の名でアナウンサーとして活動した。
  • 寺島尚正(元文化放送アナウンサー) - ラジオ『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』ではダスラッテ星人に扮して様々な対決をした。
  • 野村邦丸(元文化放送アナウンサー) - ラジオ『古本新之輔のパラシュート遊激隊』準レギュラー。ラジオドラマではマッド・エチゴーヤ役など。 - 『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』では古本欠席の際にピンチヒッターを務めたこともあった。

関連項目

編集

外部リンク

編集