古村大介(ふるむら だいすけ、1985年3月1日 - )は、日本のギターリストであり、NICO Touches the Wallsギター担当。血液型はB型。愛称は『古くん』ガンジー。千葉県出身。

古村大介
出生名 古村大介
生誕 (1985-03-01) 1985年3月1日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
ジャンル J-POP
ロック
職業 ミュージシャンギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 2004年 -
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
2006年 - 2007年
Ki/oon Records
(2007年 - 2012年3月)
Ki/oon Music
(2012年4月 - )
事務所 セーニャ・アンド・カンパニー
(2006年 - 2010年)
A-Sketch(2010年 - )
共同作業者 NICO Touches the Walls

人物編集

北海道函館市に生まれた。兄と姉がいる。小学3年生の時、千葉県に引っ越した。高校時代は陸上部に所属したが、それは短期間であった。 その後軽音楽部に所属。

焼肉屋で好きな一品はユッケである。

高校入学後からギターを始め、所有しているギターは高校生の時、春休みと夏休みにバイトをたくさんやり、なおかつ今までちょっとずつ溜めて持っていた機材を売りお金を貯めて購入したものもある[1]。 レスポールギターをマーシャルのアンプに繋いで、フルテンで弾くような事が、苦手である。主にギターはエレクトリックギターを使用している。

2015年11月13日 スタジオの扉に挟まれ、右手首を骨折。そのため、同年の12月23日にバンドの単独公演が延期となった[2]

NICO Touches the Wallsの一部の楽曲を作詞・作曲をしている。アルバム『Shout to the Walls!』に収録されてる「アルペジオ」は古村が作詞している。10代のときの友達が結婚したということから、その友達のために書いた曲である[3]

芸能界での交友関係が広く、俳優の桐山漣古川雄輝とは、自らの誕生日会に呼ぶほど仲が良い。[4]あだ名ガンジー

作品編集

楽曲編集

映像作品編集

  • NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 "渦と渦 ~西の渦~"
ボーナスディスクの編集を行った。2015年11月25日に発行された「古村新聞」を随筆した。その復刻版が封入された。

使用機材編集

ギター編集

ライブでは2013年まで主に使用。

2014年から使用。

アンプ編集

脚注編集

  1. ^ ストリートファイターズ×GiGSの企画内
  2. ^ NICO Touches the Wallsギター・古村大介、右第4、5中手骨を骨折”. ORICON STYLE (2015年11月13日). 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ NICO Touches the Wallsソロインタビュー(2017年2月26日確認)
  4. ^ daisuke_furumuraの投稿(Instagram)(2018年3月15日確認)