メインメニューを開く

古村 比呂(こむら ひろ、1965年11月24日[1] - )は、日本女優

こむら ひろ
古村 比呂
生年月日 (1965-11-24) 1965年11月24日(53歳)
出生地 日本の旗 日本北海道江別市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1985年 -
活動内容 1987年:『チョッちゃん
配偶者 布施博(1992年 - 2009年)
公式サイト 公式ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
チョッちゃん
テンプレートを表示

北海道江別市出身[2]。結婚中の本名は布施郁子[3]

目次

来歴・人物編集

江別市立大麻中学校北海道札幌啓成高等学校卒業[4]ヒロ福地とは同級生である。

1985年、道内のローカル番組出演中、景山民夫にスカウトされ上京[2]。同年のクラリオンガール準グランプリに選ばれた[2]後、東映映画『童貞物語』のヒロインオーディションで優勝し当該映画で正式デビュー。

1987年上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説チョッちゃん[5] のヒロインを務め、一躍人気女優となった。

1992年、ドラマで共演した布施博と結婚、同年に長男、1993年に次男、1997年に三男と、3人の息子をもうける。

その後もドラマやNHK教育テレビ「母と子のテレビタイム(日曜版)」などにも出演。2006年7月、約7年ぶりに舞台出演。

2008年12月、家庭裁判所に離婚調停を申請。2009年4月、古村の主張が認められ、布施博との離婚が成立した[1]。なお三人の息子の親権は古村が持つことになった。

闘病編集

2012年1月に受けた検診の結果、子宮頸がんが発見される[6]。2012年2月2日、子宮頸部の一部を切除する手術を受けたが[7]、がんが周囲の組織に広がっていることがわかり、3月13日に子宮の全摘出手術を受ける[7]。2013年2月、著書『がんを身籠って』(主婦と生活社)を刊行。同年5月、左足にリンパ浮腫を発症し、くるぶしも見えないほど腫れ上がるなどの症状に苦しんだ[8][9]。 2016年、リンパ管静脈吻合術(LVA)を受ける。2017年3月、子宮頸がんの再発が判明[10]。抗がん剤・放射線治療を受け、7月には腫瘍マーカーが正常値となり回復を見せたが[11]、11月にがんの肺とリンパ節への転移がわかり、2018年1月から抗がん剤治療を始めた [12]。8月5日に出演予定だった舞台『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』を病気治療延期のため降板[13]。2019年2月4日、経過良好のため抗がん剤治療を休止したことを明かした[14]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 秋日和(1988年)
  • 恋の最終便(1989年・1991年)
  • ナースステーション(1991年)
  • Love Letters (1991~2008年)
  • 地人会102回「フィガロの離婚」(2006年)
  • だんだん(2009年)
  • アセンション2012(2010年)
  • 奇跡のメロディ 渡辺はま子物語(2010年。シアタークリエ森ノ宮ピロティホール
  • 朗読劇『この子たちの夏』1945・ヒロシマ ナガサキ(2012・2016年)

シングルレコード編集

CM編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 成長する母、古村比呂を直撃! 離婚を経て復帰”. zakzak (2009年9月10日). 2016年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c 公式プロフィール”. 2014年5月5日閲覧。
  3. ^ 布施博&古村比呂 2年前から別居中”. スポーツニッポン (2008年4月3日). 2017年3月15日閲覧。
  4. ^ 札幌啓成高等学校パンフレット
  5. ^ 黒柳徹子の実母・黒柳朝の自伝をモチーフにしたドラマ。
  6. ^ [女優 古村比呂さん]子宮頸がん(1)ついでの検診でひっかかる”. ヨミドクター. 読売新聞 (2012年7月12日). 2018年2月3日閲覧。
  7. ^ a b [女優 古村比呂さん]子宮頸がん(3)大がかりな追加手術”. ヨミドクター. 読売新聞 (2012年7月26日). 2018年2月3日閲覧。
  8. ^ “古村比呂 がん克服後にリンパ浮腫…8時間の大手術受け快方へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/27/kiji/K20160527012668780.html 2018年2月3日閲覧。 
  9. ^ 【リンパ浮腫】古村比呂の足を病院で最新手術「がん闘病の後遺症にピリオドは打たれるのか!」”. CLIPPY (2016年5月27日). 2018年2月3日閲覧。
  10. ^ “古村比呂、子宮頸がん再発も寛解 闘病支えた息子たちの意外な言葉”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/27/kiji/20171027s00041000331000c.html 2018年2月3日閲覧。 
  11. ^ “古村比呂、子宮頸がん再発を告白…抗がん剤治療受け「トットちゃん!」出演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年9月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170926-OHT1T50097.html 2018年2月3日閲覧。 
  12. ^ “古村比呂 がん再々発を告白 昨年11月「肺とリンパ節に」 1月から抗がん剤治療”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/04/kiji/20180204s00041000160000c.html 2018年2月3日閲覧。 
  13. ^ “がん闘病中の古村比呂が舞台降板…治療延期のため出演不可能に”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月30日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180630-OHT1T50219.html 2018年7月1日閲覧。 
  14. ^ 古村比呂、抗がん剤治療休止を明かす 再々発は「選択肢も狭まるが、どこか光が見えてくる」
  15. ^ “黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2092113/full/ 2017年6月9日閲覧。 

外部リンク編集