古歩道ベンジャミン

古歩道ベンジャミン(ふるふぉーど べんじゃみん、旧名:Benjamin Fulfordベンジャミン・フルフォード〉、 1961年〈昭和36年〉 - )は、カナダ出身のジャーナリスト。米経済誌『フォーブス』の元アジア太平洋支局長。欧州アングロサクソンポーランド)とユダヤにルーツを持つ帰化日本人

古歩道ベンジャミン
生誕ベンジャミン・フルフォード (Benjamin Fulford)
1961年(60 - 61歳)
カナダの旗 カナダ オタワ
国籍カナダの旗 カナダ(1961年 - 2007年)
日本の旗 日本(2007年 -)
職業ジャーナリスト

概略編集

オタワ[1]生まれ。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。米経済誌『フォーブス』のアジア太平洋支局長の職を経験。2007年(平成19年)に日本国籍を取得し帰化した[1][2]

主にフリーメイソンイルミナティ兵器としての人工地震等の陰謀論と称されているテーマを扱う。2006年3月に「日本を本気で変えたいと思う人への起爆マガジン」と銘打ち、責任編集雑誌『REAL JAPAN』を創刊。2008年10月から、まぐまぐより有料メールマガジン「ベンジャミン・フルフォードの国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート」を発行していた。2009年のムー2月号にて、CIANSA関係者から聞いたとするUFO問題についてのインタビュー記事が掲載された。現在、有料ウェブマガジン「ベンジャミン・フルフォードの国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート」を配信している。

著書編集

責任編集雑誌編集

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集

  • 三上丈晴 - 月刊『ムー』編集長、フリーメーソンに精通。

外部リンク編集