メインメニューを開く
古河太四郎

古河 太四郎(ふるかわ たしろう、弘化2年2月20日1845年3月27日) - 明治40年(1907年12月26日)は、日本の教育者。姓は古川とも書く。

京都盲唖院(後の京都府立盲学校京都府立聾学校)を創設し、近代日本での視覚障害教育・聴覚障害教育の黎明期をリードした。また、鷹峯・紅葉谷庭園の前身である灌漑池をつくった。

彼の没後30年に当たる1937年にはヘレン・ケラーが、彼の創設した聾唖学校を訪問している[1]

目次

略歴編集

  • 弘化2年(1845年) - 京都に生まれる。
  • 明治2年(1869年) - 京都府待賢小学校算術教師となる。
  • 明治6年(1873年)頃 - 待賢校において瘖唖教育に着手する。
  • 明治11年(1878年) - 京都で仮盲唖院を創業。
  • 明治12年(1879年) - 京都盲唖院、京都府立となる。
  • 明治15年(1882年) - 京都府盲唖院の院長に就任。
  • 明治22年(1889年) - 依願免職。
  • 明治33年(1900年) - 私立大阪盲唖院長となる。
  • 明治40年(1907年) - 京都、東京の盲唖院長・盲学校長とともに盲・聾教育の義務化を上申。同年逝去。
  • 大正2年(1913年) - 文部省図書局、『古川氏盲唖教育法』を発行。

功績編集

  • 1875年、彼が寺子屋教師だった時代に、聾唖の生徒が日常的に使用していた手話に着目し、体系的な機能を持つ言語としての教授用の手話を考察した。この際に考案された指文字のような表現方法を取る「手勢(しかた)法」が現在、標準手話として制定されている日本手話の原型となっている[1][2][3][4]
  • 彼は聾唖教育を振り返った手記で以下のように述べており、 教育の重要性を語っている。
ろうあ者は自由に行動すべきであるし、又、行動させないようにしてはいけない。そして、ろうあ者が教育を受けられないということを『不幸な出来事』と言うのではなく、寧ろ、教育をしない者の責任である。教育をキチンとやっていれば、ろうあ者だといって他人から軽蔑されることもないし、本人自身、恥ずかしがることではない。

—古河太四郎(東京人権啓発企業連絡会より)

脚注編集

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b 赤羽秀太 (2015年3月27日). “古河太四郎生誕より170年:日本初の手話考案者の功績とは”. ニュークラシック. 2015年3月27日閲覧。
  2. ^ 町田光 (2015年3月27日). “今日のGoogleロゴ、日本初の手話考案者、古河太四郎生誕記念Doodle”. 財経新聞. 2015年3月27日閲覧。
  3. ^ 今日のGoogleロゴは古河太四郎生誕170周年”. MDN (2015年3月27日). 2015年3月27日閲覧。
  4. ^ 古河太四郎 〜日本初の手話考案者〜”. 東京人権啓発企業連絡会. 2015年3月27日閲覧。

外部リンク編集