メインメニューを開く

古河 潤之助(ふるかわ じゅんのすけ、1935年(昭和10年)12月5日 - 2018年(平成30年)3月3日)は、日本実業家古河財閥創業者古河市兵衛から数えて5代目の古河家当主。元古河林業会長、元古河電気工業名誉顧問。妻は久邇宮朝融王の第五王女、典子

人物編集

東京府生まれ。学習院幼稚園学習院初等科学習院中・高等科を経て、1959年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。1959年4月、古河電気工業入社。取締役、常務取締役、専務取締役を経て、古河電気工業株式会社代表取締役社長、会長[1]。社長時代には次々と新しい事業を興し、ルーセントテクノロジーの光ファイバ部門を買収。株価も市場最高の3500円を超えた。

2016年11月、旭日重光章を受章。

2018年3月、誤嚥性肺炎のため82歳で死去。叙正四位[2]

古河家歴代当主編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 古河電工社長に石原氏 執行役員制導入へ”. 47NEWS (2003年4月7日). 2012年9月14日閲覧。
  2. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年3月31日朝刊

関連項目編集

外部リンク編集