メインメニューを開く

古湯映画祭(ふるゆえいがさい)は、佐賀市の富士地区で、開催される映画祭[1]

概要編集

1984年佐賀郡富士町(現・佐賀市)で始められた映画祭で、『温泉に入って映画を見られたらいいですね。映画館の無い町で映画祭も面白いと思いますよ。富士町で映画祭をぜひやりましょう。』と、当時、佐賀市の自主上映団体『シネアスト佐賀』の主宰の呼びかけで始まった[2]

2003年に20周年を迎え、『第27回山路ふみ子映画賞・特別賞』[3]と『第13回日本映画批評家大賞・特別賞』を受賞[4]

第1回は7月に行われたが、その後は9月に開催されている。

過去の映画祭編集

第1回(1984年)編集

  • 上映作品

『ILL HEALTH』『レミング』『救ひを求むる人々』『愛情伝説』『ときめきイチョウ通り』『ガキ帝国』『ウィークエンドシャッフル』『俗物図鑑』『シャッフル』『狂い咲きサンダーロード』『山あいの町』『山あいの町』『由布島は今』『ザ・サノスケ』『留年生下宿むかつき』『なすび』『Highway Dream』『神様』『MOMENT』『張込み』『東海道四谷怪談』『AGAIN』

  • ゲスト

石井聰互(映画監督|監督)、小林紘(製作)

第2回(1985年)編集

  • 特集

黒澤明

  • 上映作品

『風とライオン』『ブレイクタウン物語』『沙耶のいる透視図』『未知との遭遇』『赤ひげ』『續姿三四郎』『蜘蛛巣城』『A・K』『銀嶺の果て』『狂った果実』『兄貴の恋人』『男の顔は履歴書』『すくらんぶるPOTATOにタバスコかけて』『Moon Hat On』『必殺!忍び人』『異邦人』『アップル・ストーリー』『春風』『地獄に墜ちた刑事ども』『春眠〜石隈耕一の場合』『ある映画監督の蒸発』『ONE SIDE』

  • ゲスト

増田久雄(製作)、小林紘(製作)、高樹沙耶俳優)、井出雅人(脚本家)、白井佳夫(映画評論家)、西村雄一郎(映画評論家)

第3回(1986年)編集

  • 特集

黒澤明

  • 上映作品

『暗くなるまで待てない』『高校大パニック』『突撃!博多愚連隊』『伝説の午後いつか見たドラキュラ』『SPh(エスフィー)』『地球に落ちてきたくま』『ハートじかけのオレンジ』『夢で逢いましょう』『妖精たちの25時』『夏の夜空に未来が見える』『ノイバウテン半分人間』『星空のむこうの国』『夢見るように眠りたい』『国士無双』『スター・ウォーズ』『天国と地獄』『野良犬』『用心棒』『一番美しく』『隠し砦の三悪人』『

  • ゲスト

牛山真一(監督)、小中和哉(監督)、小林紘(製作)、進藤貴美男(製作)、石井聰互(監督)、佐藤勝(音楽)、村木与四郎(美術)、ワダ・エミ(衣装デザイナー)、古知佐和子(女優)、西村雄一郎(映画評論家)

第4回(1987年)編集

  • 特集

ミステリー&ハードボイルド

  • 上映作品

ゆめこの大冒険』『森の向こう側』『卒業プルーフ』『ちょうちん』『ネバーエンディング・ストーリー』『マルタの鷹』『夜の牙』『友よ静かに瞑れ』『木枯らし紋次郎』『醜聞(スキャンダル)』『羅生門』『錆びた炎』『白痴』『左ききの狙撃者・東京湾』『張込み』『砂の器

  • ゲスト

鶴見辰吾(俳優・製作)、梶間俊一(監督)、小林紘(製作)、金子朋子(製作協力)、北方謙三(作家)、笹沢左保(作家)、野村芳太郎(監督)、小林久三 (作家)、西村雄一郎(映画評論家)

第5回(1988年)編集

  • 特集

アクション時代劇のヒーローたち

  • 上映作品

『バス』『ロックよ静かに流れよ』『四月怪談』『パイレーツによろしく』『銀河鉄道999』『柳生武芸帳』『戦国野郎』『大菩薩峠』『次郎長三國志勢揃い清水港』『大菩薩峠』『笛吹童子』『十三人の刺客』『柳生一族の陰謀』『ダイナマイトどんどん』『トラック野郎男一匹桃次郎』『木枯らし紋次郎関わりござんせん』『仁義なき戦い

  • ゲスト

松隆志(監督)、増田久雄(製作)、長崎俊一(監督)、小中和哉(監督)、後藤幸一(監督)、笹沢左保(作家)、鳥越マリ(俳優)、小林紘(製作)、久世浩(殺陣師)と久世七曜会、岡本喜八(監督)、千葉真一(俳優、アクション監督)、西村雄一郎(映画評論家)、工藤栄一(監督)、菅原文太(俳優)

第6回(1989年)編集

  • 特集

映画風景論

  • 上映作品

『津軽』『赤いカラスと幽霊船』『となりのトトロ』『廃市』『さびしんぼう』『東京物語』『出張』『バナナシュート裁判』『麗猫伝説』『時をかける少女』『小早川家の秋』『夢の祭り』

  • ゲスト

五十嵐匠(監督)、小中和哉(監督)、大林宣彦(監督)、長部日出男(監督・作家)、沖島勲(監督)、油井昌由樹(俳優)、大林恭子(プロデューサー)、尾形充洸(プロデューサー)、小林紘(製作)、尾美としのり(俳優)、ワダ・エミ(衣装デザイナー)、西村雄一郎(映画評論家)

第7回(1990年)編集

  • 特集

喜劇・日本人の心を求めて

  • 上映作品

天空の城ラピュタ』『曖・昧・Me』『バタアシ金魚』『さよなら・こんにちわ』『喜劇・女は度胸』『生きてるうちが花なのよ』『死んだらそれまでよ党宣言』『祭りの準備』『浪人街』『運が良けりゃ』『二階の他人』『馬鹿まるだし』『男はつらいよ 奮闘篇』『幸福の黄色いハンカチ

  • ゲスト

佐藤闘介(監督)、筒井道隆(俳優)、土屋久美子(俳優)、増田久雄(製作)、小林紘(製作)、小沢俊晴(製作)、森崎東(監督)、福田陽一郎(監督)、原田芳雄(俳優)、石橋蓮司(俳優)、山田洋次(監督)、佐藤蛾次郎(俳優)、西村雄一郎(映画評論家)

第8回(1991年)編集

  • 特集

空想科学への冒険★東宝特撮映画特集

  • 上映作品

『真夏の少年』『C・ジャック』『あふれる熱い涙』『ゴジラ』『マタンゴ』『妖星ゴラス』『空の大怪獣ラドン』『ガス人間第一号』『ハワイ・マレー沖海戦』『日本沈没』『ゴジラvsビオランテ

  • ゲスト

野村恵一(監督)、藤井かほり(俳優)、田代廣孝(監督)、川上秀次郎(製作)、本多猪四郎(監督)、川北紘一(特技監督)、西村雄一郎(映画評論家)、当摩寿史(監督)、熊本智考(日本ビクター)、ルビー・モレノ(俳優)、小林紘(製作)、土屋嘉男(俳優)、植草信和(キネマ旬報編集長)、田中友幸(製作)、小高恵美(俳優)、大森一樹(監督)、ゴジラ(着ぐるみ)

第9回(1992年)編集

  • 特集

権力へのあくなき挑戦★熊井啓監督特集

  • 上映作品

魔女の宅急便』『パイナップルツアーズ』『ナンミン・ロード』『もっとしなやかにもっとしたたかに』『ありふれた愛に関する調査』『海と毒薬』『千利休 本覚坊遺文』『帝銀事件・死刑因』『ひかりごけ』『忍ぶ川』『サンダカン八番娼館 望郷

  • ゲスト

熊井啓(監督)、奥田瑛二(俳優)、真喜屋力(監督)、中江裕司(監督)、當間早志(監督)、根岸季衣(俳優)、代島治彦(プロデューサー)、五十嵐匠(監督)、西村雄一郎(映画評論家)、小林紘(製作)、梅林茂(作曲家)、小林竜雄(脚本家)

第10回(1993年)編集

  • 特集

10周年記念★映画でふり返るわが昭和史

  • 上映作品

ドライビング・ハイ』『紅蓮花 Gurenbana』『ゲンセンカン主人』『酔いどれ天使』『椿三十郎』『七人の侍』『モスラ』『家族』『その後の仁義なき戦い』『日本列島』『トットチャンネル』『TOMORROW 明日』『青春デンデケデケデン

  • ゲスト

石井輝男(監督)、大林宣彦(監督)、大森一樹(監督)、工藤栄一(監督)、熊井啓(監督)、黒木和男(監督)、渡辺護(監督)、沖島勲(脚本)、佐野史郎(俳優)、水木薫(俳優)、小林紘(製作)、小椋悟(企画・製作)、橋本以蔵(監督)、西村雄一郎(映画評論家)

第11回(1994年)編集

  • 特集

青春映画特集★春機発動期

  • 上映作品

大阪の章二クン』『エンジェル・ダスト』『さらば宇宙戦艦ヤマト』『帰らざる日々』『パラダイスの唇』『サード』『遠雷』『妹』『けんかえれじい』『ツイゴイネルワイゼン

  • ゲスト

久保道子(製作・俳優)、永島敏行(俳優)、管優菜(俳優)、西田宣善(製作)、河口さよみ(俳優)、梓陽子(俳優)、荻野洋一(監督)、鈴木清順(監督)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第12回(1995年)編集

  • 特集

戦後50年特集★平和の実感

  • 上映作品

螢Ⅱ 赤い傷痕』『BUT GUY BEACH』『ライオン・キング』『全身小説家』『ゆきゆきて神軍』『人間の壁』『ひめゆりの塔』『おかあさん』『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』『世界大戦争

  • ゲスト

香川京子(俳優)、松林宗恵(監督)、原一男(監督)、梶間俊一(監督)、瀬戸恒雄(製作)、魏涼子(俳優)、あいかわ翔(監督・俳優)、麻生久美子(俳優)、藤原紀香(俳優)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第13回(1996年)編集

  • 特集

日本的アクション映画の源流

  • 上映作品

八月の光』『樹の上の草魚』『MUSASHI』『RUBBER'S LOVER』『101匹わんちゃん』『県警対組織暴力』『仁義なき戦い 頂上作戦』『蒲田行進曲』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『四万十川』『薄化粧』『疑惑

  • ゲスト

深作欣二(監督)、古田求(脚本)、藤真梨子(俳優)、荻野目慶子(俳優)、野伏翔(監督)、田久保正之(製作・脚本)、小倉一郎(俳優)、石川淳志(監督)、吉本多香美(俳優)、小林紘(製作)、福居ショウジン(監督・脚本・製作・編集)、鵜飼邦彦(編集)、岩田正恵(監督・脚本・編集)、桜蘭桃子(監督)、佐々木良(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第14回(1997年)編集

  • 特集

大人になるためのサマータイム

  • 上映作品

一心太助 天下の一大事』『林檎のうさぎ』『元気の神様』『SAWADA』『ガメラ 大怪獣空中決戦』『山田村ワルツ』『毎日が夏休み』『それから』『失楽園』『の・ようなもの』『(ハル)』『家族ゲーム

  • ゲスト

森田芳光(監督)、金子修介(監督)、伊藤克信(俳優)、田中慎二(編集)、中村幻児(監督)、五十嵐匠(監督)、小林広司(監督・脚本)、松田美由紀(俳優)、熊谷真美(俳優)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第15回(1998年)編集

  • 特集

日本映画の新たなる波動

  • 上映作品

アラジン 盗賊王の伝説』『』『友情』『ザ・ハリウッド』『YYK論争 永遠の誤解』『チャカ/LONELY HITMAN』『どついたるねん』『ビリケン』『愚か者・傷だらけの天使』『僕らはみんな生きている』『病は気から 病院へ行こう2』『木村家の人びと』『コミック雑誌なんかいらない!

  • ゲスト

滝田洋二郎(監督)、阪本順治(監督)、岸部一徳(俳優)、一色伸幸(脚本)、ベンガル(俳優)、野村恵一(監督)、沖島勲(監督)、渡辺武(監督)、山之内幸夫(作家)、瀬戸恒雄(制作)、松川信(俳優)、吉村美紀(俳優)、小林紘(製作)

第16回(1999年)編集

  • 特集

篠田正浩の日本探検

  • 上映作品

ダンボ』『オサムの朝』『たからもの』『心中天網島』『梟の城』『処刑の島』『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』『卑弥呼

  • ゲスト

篠田正浩(監督)、角谷優(製作)、佐藤慶(俳優)、梶間俊一(監督)、山下健一郎(上映委員会)、手塚理美(俳優)、内田琢磨(監督)、内田亮一(俳優)、尾形充洸(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第17回(2000年)編集

  • 特集

21世紀の映像旗手たち

  • 上映作品

東京兄妹』『大阪物語』『ざわざわ下北沢』『サイボーグ009 超銀河伝説』『殺し』『スイート・スイート・ゴースト』『地雷を踏んだらサヨウナラ』『独立少年合唱団』『キューバの恋人』『竜馬暗殺』『スリ』

  • ゲスト

市川準(監督)、中島ちあき(俳優)、黒木和雄(監督)、五十嵐匠(監督)、緒方明(監督)、小林政広(監督)、日向寺太郎(アシスタント・プロデューサー、助監督)、青木研次(脚本)、橋本泰夫(録音)、岩野博介(宣伝)、小張アキ子(映画評論家)、原田芳雄(俳優)、伊佐山ひろ子(俳優)、香川照之(俳優)、小澤征悦(俳優)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第18回(2001年)編集

  • 特集

新藤兼人の遺言状

  • 上映作品

キネマ通りの人々』『青の瞬間』『あしたはきっと・・・』『トイ・ストーリー2』『裸の島』『裸の十九才』『LOVE/JUICE』『三文役者』『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』『愛妻物語』『午後の遺言状

  • ゲスト

新藤兼人(監督・脚本)、新藤次郎(制作)、新藤風(監督・脚本)、原田大二郎(俳優)、山内麻里子(監督・脚本・音楽)、草野陽花(監督・脚本)、柳沢真理亜(俳優)、三原光尋(監督・脚本)、多井久晃(プロデューサー)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第19回(2002年)編集

  • 特集

映像が織りなす・・・人間模様

  • 上映作品

『走れケッタマシン ウェディング狂騒曲』『十七歳』『伝説のやくざボンノ』『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』『新網走番外地 吹雪のはぐれ狼』『冬の華』『駅 STATION』『ホタル』『八甲田山』『あ、うん』『誘拐』

  • ゲスト

降旗康男、(監督・脚本)、木村大作(撮影)、夏八木勲(俳優)、石塚克彦(監督・脚本)、今関あきよし(監督)、滝裕可里(俳優)、辻裕之(監督)、松島富士雄(プロデューサー)、瀬戸恒雄(プロデューサー)、小林紘(製作)、西村雄一郎(映画評論家)

第20回(2003年)編集

  • 特集

20年目の古湯映画祭

  • 上映作品

男はつらいよ ぼくの伯父さん』『ダイナマイトどんどん』『水の旅人 侍KIDS』『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』『チルソクの夏』『私立探偵濱マイク 31→1の寓話』『ホテル・ハイビスカス』『HAZAN』『女咲かせます』『なごり雪』『スパイ・ゾルゲ』『シュート』『美しい夏キリシマ』『たそがれ清兵衛

  • ゲスト

五十嵐匠(監督)、大林宣彦(監督)、大林恭子 (プロデューサー)、大森一樹(監督)、緒方明(監督)、金子修介(監督)、黒木和雄(監督)、篠田正浩(監督)、中江裕司(監督)、古田求(脚本)、森崎東(監督)、臼井正明 (プロデューサー)、小田エリカ(俳優)、西村雄一郎(映画評論家)

第21回(2004年)編集

  • 特集

陣内孝則★音と映像

  • 上映作品

破線のマリス』『のど自慢』『シャ乱Qの演歌の花道』『ロッカーズ ROCKERS』『愛してよ』『いつか読書する日』『ちょうちん』

  • ゲスト

陣内孝則(監督・俳優)、井坂聡(監督)、尾藤イサオ(俳優・歌手)、古川康(佐賀県知事)、森重晃(プロデューサー)、福岡芳穂(監督)、追分史朗(プロデューサー)、緒方明(監督)、石井渉(企画・製作)、野村祐人(俳優)、鈴木砂羽(俳優)、岸部一徳(俳優)

第22回(2005年)編集

  • 特集

青春EMOTION ”喜怒哀楽”

  • 上映作品

ファインディング・ニモ』『岸和田少年愚連隊』『ガキ帝国』『パッチギ!』『映写技師 飯山庄之輔』『月とキャベツ』『深呼吸の必要』『昭和歌謡大全集

  • ゲスト

井筒和幸(監督)、篠原哲雄(監督)、久遠さやか(俳優)、斉藤陽一郎(俳優)、緒方明(監督)、古川康(佐賀県知事)

第23回(2006年)編集

  • 特集

女のコってカッコイイ! ザ・ガールズ ガールズ

  • 上映作品

佐賀のがばいばあちゃん』『誰がために』『父と暮せば』『スウィングガールズ』『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『三年身籠る』『せかいのおわり』『かもめ食堂

    • 『嫌われ...』の途中より停電のため上映中止
  • ゲスト

日向寺太郎(監督)、川上皓一(撮影)、エリカ(俳優)、中島哲也(監督)、山田宗樹(作家)、唯野未歩子(監督)、風間志織(監督)

第24回(2007年)編集

  • 特集

佐々部清監督特集★昭和のこころ…ひとの想い

  • 上映作品

夕凪の街 桜の国』『カーテンコール』『日本の黒い夏 冤罪』『半落ち』『陽はまた昇る

  • ゲスト

佐々部清(監督)、伊嵜充則(俳優)、臼井正明(プロデューサー)、田村三郎(俳優)

第25回(2008年)編集

  • 特集

周防正行監督特集★笑いと涙とマジとそれから・・・

  • 上映作品

『竜二』『狂い咲きサンダーロード』『長州ファイブ』『ドラえもん”のび太の恐竜”』『秋刀魚の味』『ファンシイダンス』『それでもボクはやってない』『春夏秋冬そして春』『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?

  • ゲスト

周防正行(監督)、周防義和(作曲編曲)、五十嵐匠(監督)、原日出子(俳優)、清水美沙(俳優)、山下徹大(俳優)、速水清司(ミュージシャン)、桜金蔵(俳優)、桑原充人(「小林紘氏を偲ぶ会」代表世話人)

第26回(2009年)編集

  • 特集

富士町古湯日韓海峡圏映画祭

  • 上映作品

『スリーカウント』『シャカリキ!』『ぼくのおばあちゃん』『嫌われ松子の一生』『チルソクの夏』『解夏』『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』『シークレット・サンシャイン』『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~』『春香伝』『酔仙』『風の丘を越えて/西便制』『愛 サラン』

  • ゲスト

磯村一路(監督)、大野伸介(監督)、佐々部清(監督)、326(なかむらみつる)(原作)、李鳳宇(シネカノン代表) 、イム・グォンテク(監督)、オ・ジョンヘ(俳優)、クァク・キョンテク(監督)、パク・フンシク(監督)

第27回(2010年)編集

  • 特集

李相日×種田陽平=悪人

  • 上映作品

『BORDER LINE』『ソフトボーイ』『えい、あの出来損ないめ!』『ヤッターマン』『スクラップ・ヘブン』『青~chong~』『フラガール』『悪人』『スワロウテイル』『69 sixty nine』『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』

  • ゲスト

李 相日(監督)、種田 陽平(美術監督)、仁平 知世(プロデューサー)、豊島 圭介(監督)、筒井 竜平(プロデューサー)、野口 毅(実話モデル)

第28回(2011年)編集

  • 特集

原田芳雄は活きている

  • 上映作品

『JAZZ爺MEN』『死にゆく妻との旅路』『ふるさとがえり』『僕達急行(ぼくきゅう)~A列車で行こう~』『ツィゴイネルワイゼン』『寝盗られ宗介』『鬼火』『ニワトリはハダシだ』『たみおのしあわせ』『大鹿村騒動記』『父と暮せば』

  • ゲスト

宮武 由衣(監督)、塙 幸成(監督)、林 弘樹(監督)、高間 賢治〈J.S.C.〉(撮影)、小倉一郎(俳優)椎井 友紀子(プロデューサー)、山田広野(自作自演活弁映画監督)

第29回(2012年)編集

  • 特集

仲代達矢をかいま見る

  • 上映作品

『一枚のハガキ』『SR サイタマノラッパー』『SR3 サイタマノラッパー~ロードサイドの逃亡者~』『カールじいさんの空飛ぶ家』『大菩薩峠』『吾輩は猫である』『春との旅』『約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~』『切腹』『いのち・ぼうにふろう』『乱』

  • ゲスト

仲代達矢(俳優)、小林 政広(監督)、奥野 瑛太(俳優)、入江 悠(監督)、水澤 紳吾(俳優)緒方 明(俳優)

第30回(2013年)編集

  • 特集

日本映画バンザイ!

  • 上映作品

『黄金を抱いて翔べ』『あなたへ』『この空の花-長岡花火物語』『水の旅人-侍KIDS-』『終の信託』『SRサイタマノラッパ-2』『女子ラッパー☆傷だらけのライム』『この世の外へ-クラブ進駐軍』『日本の悲劇』『ツレがうつになりまして』『のんちゃんのり弁』『水の中の八月』

  • ゲスト

井筒和幸(監督)、降旗康男(監督)、大林宣彦(監督)、周防正行(監督)、入江悠(監督)、阪本順治(監督)、小林政広(監督)、佐々部清(監督)、緒方明(監督)、石井岳龍(監督)

第31回(2014年)編集

  • 特集

荻上直子監督の世界にひたる

  • 上映作品

『バーバー吉野』『かもめ食堂』『レンタネコ』『星ノくん・夢ノくん』『めがね』『2クール』『トイレット』『沓掛時次郎 遊侠一匹』『友だちと歩こう』『ペコロスの母に会いに行く』

  • ゲスト

荻上 直子(監督)、小林 聡美(俳優)、もたい まさこ(俳優)、市川 実日子(俳優)、緒方 明(監督)、高橋 長英(俳優)、松尾 諭(俳優)、北原 香菜子(薩摩琵琶・鶴田流)

第32回(2015年)編集

  • 特集

役所広司さんと選んだこの7本

  • 上映作品

『仁義なき戦い』『幸福の黄色いハンカチ』『KAMIKAZE TAXI』『アナと雪の女王』『うなぎ』『ガマの油』『キツツキと雨』『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』『ドッペルゲンガー』『Shall we ダンス?』

  • ゲスト

役所 広司(俳優・監督)、沖田 修一(監督)、古館 寛治(俳優)、成島 出(監督)

第33回(2016年)編集

  • 特集

矢口史靖監督と鈴木さんたち

※台風のため全日程中止

第34回(2017年)編集

  • 特集

矢口史靖監督と鈴木さんたち

  • 上映作品

『はなちゃんのみそ汁』『いただきます その後のはなちゃんのみそ汁 GIFT』『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします』『ウォーターボーイズ』『ロボジー』『サバイバルファミリー』『スウィングガールズ』『裸足のピクニック』『ひみつの花園』『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』

  • ゲスト

阿久根 知昭(監督)、安武 信吾/安武 はな(原作者)、青柳 尊哉(俳優)、矢口 史靖(監督)、桝井 省志(プロデューサー)、田中 要次(俳優)

第35回(2018年)編集

  • 特集

佐々部清監督特集 せつなくて、おかしくて、かなしくて、うれしくて・・・

  • 上映作品

『ミニオンズ』『夕凪の街 桜の国』『種まく旅人 夢のつぎ木』『結婚しようよ』『陽はまた昇る』『六月燈の三姉妹』『ばぁちゃんロード』『八重子のハミング』『三本木農業高校、馬術部』『群青色の、とおり道』『ゾウを撫でる』

  • ゲスト

佐々部 清(監督)、井上 順(俳優)、文音 AYANE(俳優)、安倍 萌生(俳優)、津田 寛治(俳優)、田村 三郎(俳優)、西田 聖志郎(俳優・プロデユーサー)、升 毅(俳優)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集