古田 元夫(ふるた もとお、1949年10月4日 - )は、日本の歴史学者ベトナム現代史研究者、東京大学名誉教授客員教授学術博士(東京大学・1990年)(学位論文「ベトナム人共産主義者の民族政策史-革命の中のエスニシティ―」)。日本ベトナム友好協会会長[1]。2016年に日越大学学長に就任した[2]

古田 元夫
人物情報
生誕 (1949-10-04) 1949年10月4日(73歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 東京大学教養学部
学問
研究分野 歴史学ベトナム近現代史)
研究機関 東京大学
学位 学術博士
称号 東京大学名誉教授
ベトナム国家大学ハノイ校名誉博士号
テンプレートを表示

経歴編集

1949年東京生まれ。1968年麻布高等学校卒業。1974年東京大学教養学部教養学科アジア科を卒業し、同大学大学院に進む。1978年、東京大学大学院社会学研究科国際関係論専門課程博士課程を中退し、東京大学教養学部助手となる。

1983年より助教授、1995年より教授。1996年より東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻教授(多元世界解析大講座現代民族動態論専攻)、2001-03年総合文化研究科長・教養学部長、2004-05年副学長2009年東京大学附属図書館長。2015年に定年退任し、名誉教授・客員教授。2016年に日越大学学長となった。

受賞・栄典編集

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『「南」から見た世界 (2) 東南アジア・南アジア――地域自立への模索と葛藤』大月書店 1999

共編著編集

訳書編集

脚注編集

参考編集

  • 『駒場1991』『駒場2001』