メインメニューを開く

古田 博司(ふるた ひろし、1953年(昭和28年)7月18日 - )は、日本政治学者歴史学者筑波大学人文社会科学研究科教授。専門は政治思想・東洋政治思想史・北朝鮮政治・韓国社会論・朝鮮中世史・思想教化研究。

古田 博司
(ふるた ひろし)
ペンネーム フルタヒロシ
誕生 (1953-07-18) 1953年7月18日(65歳)
神奈川県横浜市
職業 政治・歴史学者
教育 博士(法学)[1]
最終学歴 慶應義塾大学大学院文学研究科東洋史専攻修士課程修了
活動期間 1986年 -
ジャンル 政治学歴史学
主題 東アジア国際システム論・東アジア情報戦略・韓国政治・北朝鮮政治・朝鮮思想史
代表作東アジアの思想風景』(1998年)
東アジア・イデオロギーを超えて』(2003年)
主な受賞歴 サントリー学芸賞(1999年)
読売・吉野作造賞(2004年)
正論新風賞(2006年)
デビュー作悲しさに笑う韓国人』(1986年)
公式サイト www.u.tsukuba.ac.jp/~furuta.hiroshi.gm/
テンプレートを表示

目次

人物編集

神奈川県横浜市出身。大学では歴史人類学の教室に属したが、製作者の気がこもっている民俗的物体に手を触れることができなかったという[2]1980年(昭和55年)から1986年(昭和61年)まで韓国に滞在し、その体験と研究を下地にした韓国論の書籍を複数出版している。日韓関係について、日本は韓国に「教えず、助けず、かかわらず」の「否韓三原則」で対応すべきと主張している[3][4]

経歴編集

以下は、[5]を参照。

学歴編集

  • 1976年(昭和51年) - 慶應義塾大学文学部史学科東洋史専攻卒業
  • 1979年(昭和54年) - 同大学院文学研究科東洋史専攻修士課程修了(修士(文学))
  • 1980年(昭和55年) - ソウル大学師範大学院国語教育科に留学(-1986年(昭和61年))
  • 2000年(平成12年) - 博士(法学)、(筑波大学、学位請求論文『李朝儒礼教化政策史研究 : 儒教思想の政治的実践と破綻に関する一考察』)[1]

職歴編集

受賞編集

著作編集

単著編集

  • 『悲しさに笑う韓国人――日本語教師の「倭人韓国伝」』人間の科学社、1986年。
    • 『ソウルという異郷で』人間の科学社、1988年。ISBN 4-8226-0018-1 - 古田 (1986)の改題。
    • 『悲しみに笑う韓国人』筑摩書房〈ちくま文庫〉、1999年。ISBN 4-480-03456-0
  • 『ソウルの儒者たち――韓国人の精神風土』草風館、1988年。ISBN 978-4-88323-046-4
  • 『朝鮮民族を読み解く――北と南に共通するもの』筑摩書房〈ちくま新書〉、1995年。ISBN 4-480-05621-1
  • 『東アジアの思想風景』岩波書店、1998年。ISBN 4-00-001917-1 - 1999年度サントリー学芸賞受賞作。
  • フルタヒロシ『ちょっとだけ考える。――思想という劇薬』日本経済新聞社、2001年。ISBN 4-532-16384-6
  • 『東アジア・イデオロギーを超えて』新書館、2003年。ISBN 4-403-23097-0 - 2004年度読売・吉野作造賞受賞作。
  • 『東アジア「反日」トライアングル』文藝春秋〈文春新書〉、2005年。ISBN 4-16-660467-8
  • 『新しい神の国』筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年。ISBN 978-4-480-06386-1
  • 『日本文明圏の覚醒』筑摩書房、2010年。ISBN 978-4-480-86400-0
  • 『「紙の本」はかく語りき』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2013年。ISBN 978-4-480-43016-8
  • 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』ワック〈WAC BUNKO B-194〉、2014年3月。ISBN 978-4-89831-694-8 - 新書判。
  • 『ヨーロッパ思想を読み解く 何が近代科学を生んだか』筑摩書房〈ちくま新書〉、2014年。ISBN 978-4-480-06793-7
  • 『使える哲学』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2015年。ISBN 978-4-7993-1823-2
  • 『「統一朝鮮」は日本の災難』飛鳥新社、2018年9月。ISBN 978-4-86410-624-5

共著編集

編著編集

翻訳編集

論文編集

論文の内容は主要論文の要約を参照。

史料編集

脚注編集

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集