メインメニューを開く

古田重治

古田 重治(ふるた しげはる)は、江戸時代前期の大名伊勢松坂藩第2代藩主、石見浜田藩初代藩主。

 
古田 重治
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正6年(1578年
死没 寛永2年11月25日1625年12月24日
戒名 江雲院殿古山道輝大居士
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下、大膳大夫、大膳亮
幕府 江戸幕府
伊勢松坂藩主→石見浜田藩
氏族 古田氏
父母 父:古田重則、養父:古田重勝
兄弟 重勝重忠重治
正室:丹羽長秀の娘
長女(古田重恒正室)、重延、次女(青木直澄正室)
養子:重恒

生涯編集

天正6年(1578年)、羽柴秀吉の家臣だった古田重則の三男として生まれる。父の死後、家督は長兄の重勝が継いでいたが、重勝が慶長11年(1606年)に死去した際、重勝の子である希少丸(後の重恒)が4歳と幼かったことから、重治が跡を継ぐこととなった。名古屋城普請や慶長19年(1614年)からの大坂の陣で功を挙げたため、元和5年(1619年)2月13日に伊勢松坂から石見浜田へ移封された。[要出典]元和6年(1620年)2月から3年かけて浜田城とその城下町を完成させた。また、浜田川、浅井川の治水工事に務めている。元和9年(1623年)5月、家督を重恒に譲って江戸で隠居した。寛永2年(1625年)11月25日(異説として11月9日)、江戸で死去した。享年48。