メインメニューを開く

古見 日嘉(ふるみ ひよし、1920年11月4日 - 1973年1月2日[1])は、日本のドイツ文学者。

東京出身。1943年東京帝国大学文学部独文科卒。第六高等学校教授、埼玉大学助教授、東京都立大学助教授、教授[2]。1965年ジャン・パウル『美学入門』で日本翻訳文化賞受賞。主としてジャン・パウルを研究・翻訳した。

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『美学入門』訳者紹介