古賀人形

古賀人形(こがにんぎょう)は、長崎県北高来郡古賀村(現長崎市)の郷土玩具人形である。

概要編集

  • 土製で、江戸時代文禄年間から作られた。古くはクチナシスオウなどの植物性染料を用いる。製作者は小川姓である。平氏の残党であるという。「馬乗猿」は中国伝来の故事にちなみ、ばくろうのお守りとされ、「あちゃさん」は中国人がにわとりを抱え、「ホーホー鳥」は疱瘡のまじないとされ、ほかに「狆」、「黒猫」などがある。
  • 長崎県指定伝統的工芸品で、京都市伏見人形仙台市堤人形と並ぶ日本三大土人形の一つである[1]

脚注編集

外部リンク編集