古賀 信行(こが のぶゆき、1950年8月22日 - )は、日本実業家野村ホールディングス取締役執行役社長CEOを務めたほか、日本経済団体連合会審議員会議長交通政策審議会会長などを歴任した。

こが のぶゆき
古賀 信行
Nobuyuki-Kiga-20200629.jpg
2019年大阪市内にて
生誕 (1950-08-22) 1950年8月22日(70歳)
日本の旗 福岡県大牟田市
出身校 東京大学法学部
職業 野村ホールディングス特別顧問
経団連審議員会議長

来歴編集

福岡県大牟田市生まれ。大牟田ルーテル幼稚園、大牟田市立中友小学校、大牟田市立松原中学校、ラ・サール高等学校を経て、1970年東京大学法学部へ入学し、1974年に卒業、野村證券株式会社(現、野村ホールディングス株式会社)へ入社した。 入社以降は企画・人事畑を歩み、2003年野村ホールディングス社長に就任。2008年より野村證券会長、2011年より野村ホールディングス会長2020年より野村ホールディングス特別顧問[1]。 財界活動としては、日本経済団体連合会では審議員会副議長、副会長を務めた後、2018年より審議員会議長に就任[2]した。また、日中経済協会副会長[3]日韓経済協会副会長[4]なども務める。 行政関係では、交通政策審議会会長[5]国土審議会会長代理[6]日本ユネスコ国内委員会副会長[7]などを務めている。

経歴編集

社外編集

脚注編集

[脚注の使い方]

ビジネス

先代:
氏家純一
野村證券社長
2003年 - 2008年
次代:
渡部賢一

その他の役職

先代:
岩沙弘道
日本経済団体連合会審議員会議長
第18代:2018年 -
次代:
現職
先代:
佐和隆光
交通政策審議会会長
第5代:2019年 -
次代:
現職