古賀 幸一郎(こが こういちろう、1984年8月30日 - )は、日本の男子バレーボール選手。長崎県佐世保市出身。ポジションはリベロV・プレミアリーグ豊田合成トレフェルサ所属。

古賀 幸一郎
Koichiro Koga
豊田合成トレフェルサ  No.10
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-08-30) 1984年8月30日(33歳)
出身地 長崎県佐世保市
ラテン文字 Koichiro Koga
身長 171cm
体重 75kg
血液型 A型
選手情報
所属 豊田合成トレフェルサ
愛称 マリア
ポジション L
指高 215cm
利き手
スパイク 310cm
ブロック 300cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

姉がバレーボールをやっていて親に勧められたのをきっかけに小学4年からバレーボールを始める[1]

佐世保北高校ではスパイカーだったが、国際武道大学進学後に、リベロの素質を見抜いた徳永文利監督に命じられてリベロに転向し、3年次からレギュラーに定着した[2]

2007年4月にNECブルーロケッツに入団[3]。新人ながらレギュラーを獲得し、5月の第56回黒鷲旗大会優勝に貢献、ベストリベロ賞を受賞した[4]。同年ユニバーシアード代表に選出され出場した。

2009年5月のNECの無期限休部に伴い、8月に豊田合成トレフェルサへ移籍[5]。2009年度全日本代表登録メンバーに初選出された。2010年、2013年も全日本登録メンバーに選出された[6][7][8]。2013/14シーズンより豊田合成のキャプテンに就任[9]

2013/14Vプレミアリーグにおいて、ベストリベロ及びサーブレシーブ賞を獲得した[10]。。

人物・エピソード編集

  • 得意なプレーは二段トスである。
  • 既婚で娘が1人いる[2][11]
  • 中学時代のバレーボール部では同級生が3人だけで、2年生の時に、1年生がみんな早々に辞めてしまったため、3年生が引退してから部員が3人になってしまった。試合に出る時は、他部からスカウトしてメンバーを揃えた。[2]
  • 2012年には、弟で同じくリベロの古賀太一郎も豊田合成に入団した[11]
  • 2013年、アンデッシュ・クリスティアンソン新監督の下でウエイトトレーニングのメニューが強化され、わずか3ヶ月でジャンプ力が10cmも伸びたという[2]

所属チーム編集

球歴・受賞歴編集

  • 全日本代表 - 2009-2010年、2013年
  • 受賞歴
    • 2007年 - 第56回黒鷲旗全日本男女選抜大会 ベストリベロ賞
    • 2011年 - 2010/11 Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞
    • 2014年 - 2013/14 Vプレミアリーグ ベストリベロ、サーブレシーブ賞

参考文献編集

  • 2012/13Vプレミアリーグ/Vチャレンジリーグ公式プログラム(男子編)、Vリーグ機構、38頁
  • 「V・プレミアリーグ男子名鑑 豊田合成トレフェルサ」、『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2013/14【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 83頁。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「V・プレミアリーグ男子名鑑 豊田合成トレフェルサ」、『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2011/12【チームの顔】月刊バレーボール1月号臨時増刊』、日本文化出版、 87頁。
  2. ^ a b c d 「VBドキュメント 古賀幸一郎/豊田合成トレフェルサ」、『月刊バレーボール』、日本文化出版、2013年11月、 118頁。
  3. ^ NECブルーロケッツの一員として頑張るぞ! - 2007年入社式にて -”. NECブルーロケッツ (2007年4月5日). 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ ブルーロケッツ応援記 - チームでつかんだ王座・第56回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 -”. NECブルーロケッツ (2007年5月7日). 2013年11月2日閲覧。
  5. ^ 【選手入団】古賀幸一郎選手コメント”. 豊田合成トレフェルサ (2009年8月3日). 2009年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月2日閲覧。
  6. ^ 2010年度全日本男子バレーボールチーム登録メンバー 53名”. 日本バレーボール協会. 2010年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月2日閲覧。
  7. ^ 2013.04.22 2013年度全日本男子チーム登録メンバー発表!”. 豊田合成トレフェルサ (2013年4月22日). 2013年11月2日閲覧。
  8. ^ 2013全日本男子”. 日本バレーボール協会. 2013年11月2日閲覧。
  9. ^ 選手詳細”. Vリーグ機構. 2013年11月2日閲覧。
  10. ^ Vリーグ機構. “2013/14 V・プレミアリーグ 男子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。
  11. ^ a b 「V・プレミアリーグ男子名鑑 豊田合成トレフェルサ」、『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2012/13【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 87頁。

外部リンク編集