メインメニューを開く

古賀 清志(こが きよし、1908年明治41年)4月10日[1][2] - 1997年平成9年)11月23日)は、日本海軍軍人五・一五事件に連座し、反乱罪[2]で有罪となった海軍中尉である。戦後、不二人と改名し、不二流体術を創始。

古賀清志(古賀不二人)
Kiyoshi Koga.jpg
生誕 1908年4月10日
日本の旗 日本 長崎県佐世保市
死没 (1997-11-23) 1997年11月23日(89歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1928年 - 1932年
最終階級 海軍中尉
除隊後 不二流体術を創始
テンプレートを表示

生涯編集

長崎県佐世保市生まれ。佐賀中学を経て、1928年海軍兵学校56期卒。

王師会会員となる[3]

1931年12月、霞ケ浦海軍飛行学生、海軍中尉となる[2]

五・一五事件では牧野伸顕邸や警視庁を襲撃し、反乱罪で禁錮15年の刑を受け失官する。

1938年7月、特赦により出獄し、中国華北青島の海軍特務部新民会などに勤務。

1955年3月6日、不二流体術を創始。

1997年11月23日に死去。

著書編集

  • 古賀不二人『私の歩道 : 五・一五反乱将校の鎮魂譜』(島津書房 1986年)

注釈編集

出典編集

  1. ^ 古賀不二人『私の歩道』13頁、16頁
  2. ^ a b c 秦郁彦『日本陸海軍総合事典』「主要陸海軍人の履歴 古賀清志」
  3. ^ 秦郁彦『昭和史を縦走する』62頁

参考文献編集

外部リンク編集