古賀 潤一郎(こが じゅんいちろう、1958年(昭和33年)3月22日 - )は、日本の元政治家。元ダーツバー経営者

古賀潤一郎
こが じゅんいちろう
生年月日 (1958-03-22) 1958年3月22日(63歳)
出生地 福岡県福岡市
出身校 柳川商業高等学校
前職 飲食店経営者
所属政党無所属→)
自由民主党→)
自由党→)
民主党→)
無所属

選挙区 福岡2区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月10日 - 2004年9月27日

選挙区 福岡市南区選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年4月23日 - 2001年3月
テンプレートを表示

衆議院議員(1期)、福岡県議会議員(2期)を務めた。

経歴編集

福岡県福岡市出身。重富吉之助参議院議員[1]福岡市議会議員の秘書を務めた後、1995年福岡県議会議員選挙にて初当選。当選後、自民党に入党。再選後、自民党福岡県連青年局長などを務めたが、2期目の任期途中、自由党小沢一郎党首の強い勧めで自由党に入党し、2001年に県議を辞職し同党公認で第19回参議院議員通常選挙に立候補するも落選。その後は小沢の側近の平野貞夫参議院議員の公設第一秘書を務めた[2]

自由党が民主党と合併し、2003年第43回衆議院議員総選挙において民主党公認で福岡2区に出馬。女性問題が発覚した前自民党幹事長で現職副総裁山崎拓を破り、衆議院議員に当選する。

学歴詐称疑惑編集

選挙公報などで「ペパーダイン大学卒業」としていた経歴が偽りではないかとの疑惑が浮上。経歴詐称は公職選挙法の定める虚偽事項の公表にあたる。当初は「弁護士を通じて卒業証書を受け取ったが、紛失し、弁護士の名前も忘れた」などと弁明をしたが、大学側が「古賀は卒業していない」と発表。また、自身のホームページに記載していたUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)への留学経験という経歴も、CSULA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校・en:California State University, Los Angeles)に訂正したり、そのいずれにも在籍の記録がないなどの疑惑も浮上。国会期間中にもかかわらずアメリカへ渡り、大学側に確認をとるもやはり卒業とは認められないとの回答だった。ロサンゼルスでは名前も忘れた弁護士を探し回ったとされるが、真偽は不明。帰国後、西鉄大橋駅前の街頭で涙ながらに調査結果の報告演説をした[3][4]

2004年1月に離党届を提出したが[5]、受理されず、民主党を除籍処分(除名)となった[6]歳費を受け取らずに活動を続けると表明したものの、法律上問題が多く衆議院事務局がこれを拒否[7]供託申請も東京法務局に却下された[8]

学歴詐称について公選法違反容疑で告発され[9]福岡県警が米国に捜査員を派遣するなど捜査が進められた[10]2004年9月22日、福岡地検の事情聴取に対して、古賀が選挙時から大学を卒業できていないと認識していたことを大筋で認めていると報道された[11]。同年10月、福岡地検は起訴猶予処分とした[12]

プロテニス選手としての経歴編集

また、「プロテニス選手」としても当時の公式サイトでUSTAプロテニスサーキットツアー出場、ヨーロッパプロテニスサーキットツアー出場などの経歴を掲げていた[13]

政治資金規正法違反容疑編集

福岡県の在日韓国人の男性のパチンコチェーン店社長から、計300万円の政治献金を受けていた事が2004年2月16日に発覚し[14]、同年7月に政治資金規正法違反容疑で書類送検されたが、立証が難しいため起訴は見送られた[15]外国人からの献金を受けるのは違法だが、古賀側は「社長が通名日本名)を使用していたため、社長が在日韓国人とは全く知らなかった」と主張している。

衆議院議員辞職後編集

2004年9月24日に辞職願を出し[15]、同月27日に衆院議員の辞職が許可された[16][リンク切れ]。翌2005年4月24日に行われた福岡2区の補選では山崎拓が復活当選した。

2005年12月、九州でダーツバーを開店した[17]

2008年8月、『週刊文春』に取材記事掲載[18]。古賀本人が近況を語る。

2009年11月、ダーツバーを閉店。以降の消息は不明。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “《選挙劇場福岡2区 終幕:下》憲法への思いは三様”. asahi.com (朝日新聞社). (2003年11月7日). オリジナルの2003年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031206210022/http://www2.asahi.com/senkyo2003/localnews/fukuoka/OSK200311090012.html 
  2. ^ 経歴詐称の9年間 無所属→自民→自由→民主しんぶん赤旗、2004年1月28日。
  3. ^ 「辞職せず」に異論噴出、党内からも 古賀潤議員asahi.com、2004年1月27日。
  4. ^ 古賀潤議員、民主党離党を表明 議員報酬を受けぬ意向asahi.com、2017年9月2日閲覧。
  5. ^ 離党届提出の民主・古賀議員、党は29日に最終判断asahi.com、2004年1月27日。
  6. ^ 民主党、古賀議員を除名 常任幹事会、全会一致で決定asahi.com、2004年1月29日。
  7. ^ 古賀議員の歳費返納、国が拒否 法務局に供託申請へasahi.com、2004年2月10日。
  8. ^ 議員歳費供託申請、法務局が却下 古賀氏学歴詐称疑惑asahi.com、2004年2月17日。
  9. ^ 古賀潤議員を告発、福岡地検は受理 虚偽事項公表容疑でasahi.com、2004年2月2日。
  10. ^ “渡米の捜査員ら帰国 古賀議員の学歴詐称問題”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2004年8月12日). オリジナルの2013年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130627063831/http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004081201004020.html 
  11. ^ “古賀議員が学歴詐称認める 有罪確定なら失職へ”. Yahoo!ニュース. 共同通信 (Yahoo Japan). (2004年9月22日). オリジナルの2004年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041011131944/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040922-00000088-kyodo-soci 
  12. ^ “古賀前議員を起訴猶予 学歴詐称で福岡地検”. 東京新聞. (2020年6月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/37693 2021年7月17日閲覧。 
  13. ^ 自由党福岡県第2総支部会長 古賀潤一郎(2003年4月18日時点のアーカイブ
  14. ^ 古賀潤一郎議員、韓国籍社長から献金 規正法違反の疑いasahi.com、2004年2月17日。
  15. ^ a b “古賀潤議員が辞職願 学歴詐称巡り引責 衆院福岡2区”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2004年9月24日). オリジナルの2004年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040925062845/http://www.nishinippon.co.jp/news/2004/0924koga/ 
  16. ^ “来年4月24日に補選 古賀衆院議員の辞職許可”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2004年9月27日). http://www.47news.jp/CN2/200409/CN2004092701000736.html [リンク切れ]
  17. ^ FLASH』2007年1月2・9・16日号(通巻942号)、103頁。光文社
  18. ^ 「学歴詐称古賀潤一郎「少し笑えるようになりました」」 (総力ワイド あの主役たちはいま--37人を徹底追跡)『週刊文春』2008年8月14日号(通巻50巻32号)、202-203頁。株式会社文藝春秋

関連項目編集

外部リンク編集