メインメニューを開く

古賀 誠史(こが せいじ、1979年8月7日 - )は、福岡県大川市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー。元サッカー選手の古賀正紘は実兄。

古賀 誠史 Football pictogram.svg
名前
本名 古賀 誠史
カタカナ コガ セイジ
ラテン文字 KOGA Seiji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-08-07) 1979年8月7日(40歳)
出身地 福岡県大川市
身長 171cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
利き足
ユース
1995-1997 東福岡高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001 横浜M/横浜FM 9 (0)
2002-2007 アビスパ福岡 134 (23)
2007-2009 ヴィッセル神戸 34 (3)
2010-2012 SC相模原
代表歴
1998  日本 U-19
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

第76回高校選手権の優勝メンバー。AFCユース選手権1998の日本代表としても活躍した。フィリップ・トルシエ監督就任後のユース代表にも選ばれていたが、1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーには選ばれなかった。

高校卒業後、横浜マリノス(当時)に入団。1年目から出場機会は得ていたものの、守備に難があったことや負傷もあってレギュラー定着はならなかった。

2002年にJ2に降格したアビスパ福岡レンタル移籍、翌年に完全移籍を果たした。福岡では主に左サイドハーフのレギュラーとして活躍し、左サイドバックを務めるアレックスと絶妙なコンビネーションを発揮。チャンスメーカーとしてチームに欠かせない存在となっていた。2005年のJ1復帰の原動力ともなった。

2007年、再び降格した福岡に残留したものの出場機会が減り、8月下旬よりヴィッセル神戸へレンタル移籍となった。同年12月に神戸へ完全移籍[1]。。

2008年は5月の中断前まではレギュラーだったが、その後は怪我に悩まされ1年以上リーグ戦に出場できなかった。2009年7月、和田昌裕監督にスタメンに抜擢されて以降は再び左サイドに定着しつつあったが、監督交代を繰り替えしたチームの中で上手く噛み合いきれず、12月2日に戦力外通告が発表された。

2010年、5月末に神奈川県社会人サッカーリーグ1部・SC相模原との契約が発表された。

2012年、SC相模原を退団すると同時に現役引退を発表。

現役引退後は指導者となり南葛SC Fukuoka(福岡県大川市)のコーチを経て、2016年よりアビスパ福岡U-15コーチに就任した[2]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 横浜M/
横浜FM
22 J 3 0 0 0 0 0 3 0
1999 14 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2000 0 0 2 0 0 0 2 0
2001 4 0 1 0 0 0 5 0
2002 福岡 J2 17 1 - 0 0 17 1
2003 25 5 - 3 2 28 7
2004 33 9 - 0 0 33 9
2005 30 5 - 0 0 30 5
2006 J1 21 1 4 0 2 0 27 1
2007 J2 8 2 - - 8 2
神戸 45 J1 11 3 - 2 0 13 3
2008 16 13 0 0 0 3 0 16 0
2009 10 0 0 0 3 0 13 0
2010 相模原 24 神奈川県1部 - -
2011 関東2部 10 4 - - 10 4
2012 22 関東1部 -
通算 日本 J1 64 4 7 0 10 0 81 4
日本 J2 113 22 - 3 2 116 24
日本 関東1部 -
日本 関東2部 10 4 - - 10 4
日本 神奈川県1部 - -
総通算 187 30 7 0 13 2 207 32

その他の公式戦

出場大会編集

代表歴編集

脚注編集

関連項目編集