古関彰一

古関 彰一(こせき しょういち、1943年7月18日 - )は、日本の法学者獨協大学名誉教授。専門は、憲法史。和光学園理事長。

目次

来歴編集

東京都生まれ。早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了。和光大学経済学部教授などを経て、1991年から獨協大学法学部教授。1989年、『新憲法の誕生』で第7回吉野作造賞を受賞。2015年10月より和光学園理事長に就任。

著書編集

単著編集

  • 『新憲法の誕生』(中央公論社、1989年/中公文庫、1995年)
英訳版 The Birth of Japan's Postwar Constitution, edited and translated by Ray A. Moore(Westview Press、1997)
  • 『日本国憲法・検証 1945-2000――資料と論点(5)九条と安全保障』(小学館[小学館文庫]、2001年)
  • 『「平和国家」日本の再検討』(岩波書店、2002年)
  • 『憲法九条はなぜ制定されたか』(岩波書店[岩波ブックレット]、2006年)
  • 『日本国憲法の誕生』(岩波書店[岩波現代文庫]、2009年)
上記『新憲法の誕生』の加筆修正版。
  • 『安全保障とは何か――国家から人間へ』(岩波書店、2013年)
  • 『「平和国家」日本の再検討』(岩波書店[岩波現代文庫]、2013年)
  • 『平和憲法の深層』(筑摩書房[ちくま新書]、2015年)

共著編集

  • 星野安三郎)『日本国憲法平和的共存権への道――その世界史的意味と日本の進路』(高文研、1997年)
  • 豊下楢彦)『集団的自衛権と安全保障』(岩波書店[岩波新書]、2014年)

編著編集

  • 『GHQ民政局資料「占領改革」(1)憲法・司法制度』(丸善、2001年)

訳書編集

  • キョウコ・イノウエ『マッカーサーの日本国憲法』(桐原書店、1994年)