メインメニューを開く
本来の表記は「召公」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

召公 (しょうこう せき)は、西周の政治家。姓はまたは[2]、諱は太公望周公旦と並ぶ、周建国の功臣の一人である。周初で最も長く活躍し、文王武王成王康王の四代に仕えた。

召公
生年月日 不詳
没年月日 前1053年英語版[1]
称号 召康公
親族 燕侯克(長男)
テンプレートを表示

略伝編集

中国語版の地(現在の陝西省宝鶏市岐山県の南西)を食邑としたことから召公周召公召康公または召伯と呼ばれる。武王の打倒を補佐し、その功績により(現在の河北省北部)に封じられ、都城を薊(現在の北京市)と定めた。燕には長男のを赴かせ、 自らは鎬京(現在の陝西省西安市)に留まった。

成王の代に三公に列し、太保となった。周公旦と殷の旧域を陝邑(現在の河南省三門峡市陝州区)で二分して、陝東を周公旦の、陝西を召公の管理とした。

慣用表現編集

  • 甘棠の愛
    立派な為政者に対し深い愛情と敬意を捧げること。召公は国内をくまなく歩いて甘棠の下で人々の訴えを聴き、争いごとを裁いた。人々は召公の仁徳と善政を思い、その甘棠を惜しんで木を切らなかったという故事から。

登場作品編集

  • 宮城谷昌光『侠骨記』講談社、1991年。ISBN 4062052008
    「甘棠の人」は召公を題材にしている。

参考文献編集

  • 『史記』燕世家
  • 『東洋歴史大事典』

編集

  1. ^ 『東洋歴史大事典』による。没年を康王26年とする説や生没年を前1046年英語版-前995年とする説もある。
  2. ^ 史記』燕世家では周王家と同姓の姫姓としているが、殷墟から発掘された『卜辞』によれば、姓は中国語版である。