可児市コミュニティバス

可児市コミュニティバス(かにしコミュニティバス)は、岐阜県可児市で運行されているコミュニティバス。愛称の「さつきバス」は、同市の花であるサツキに由来する。

東濃鉄道に運行委託している定時路線および可児タクシーと新太田タクシーに運行委託している予約路線(電話で予約バス)がある。

沿革編集

  • 2000年10月2日 - 運行開始。
  • 2005年10月1日 - 兼山町との合併に伴い、兼山線を新設。
  • 2009年9月1日 - 川合・土田線で「電話で予約バス」を実験運行(当初2009年11月30日までの予定であったが、2010年3月31日まで延長となった)。
  • 2010年
    • 4月1日 - 川合・土田線が廃止。今渡・川合・土田地区デマンド運行「電話で予約バス」が本格的に運行開始。
    • 10月 - 羽崎・久々利線と清水ケ丘・西可児線と西可児・姫治線で「電話で予約バス」を実験運行。 また、兼山線がラスパ御嵩へ乗り入れを開始しさつきバスとして初めて御嵩町内に停留所を設置。
  • 2011年4月1日 - 羽崎・久々利線と清水ケ丘・西可児線と西可児・姫治線が廃止。羽崎・二野・久々利地区と春里・姫治地区でデマンド運行「電話で予約バス」が本格的に運行開始。
  • 2012年
    • 4月2日 - 虹が丘・坂戸線が廃止。帷子地区と大森地区でデマンド運行「電話で予約バス」が運行開始。
    • 10月1日 - 大森・桜ヶ丘線を経路変更し桜ヶ丘線に改称。広見東・中恵土線で「電話で予約バス」を実験運行。
  • 2013年
    • 4月1日 - 広見東・中恵土線が廃止。広見東・中恵土地区でデマンド運行「電話で予約バス」が本格的に運行開始。
    • 10月1日 - 大幅なダイヤ改正を実施。新たに中心循環線を設定。また、各線とも始発の繰り上げや終バスの繰り下げ、本数の増発が行われた。

現行路線編集

2018年現在、以下の路線が月曜日~土曜日に運行されている。

西部線編集

西可児駅から若葉台、春里地区センター、可児とうのう病院、坂戸を経由し、可児市中心部を結ぶ路線。

西可児地区から市役所へ向かう18時台のバスに通過停留所が設定されている。

東部線編集

花フェスタ記念公園から羽生ヶ丘、広眺ヶ丘、可児市中心部、ヨシヅヤ可児店を経由し、再び市役所へ戻る路線。

2013年10月におけるダイヤ改正で、運転区間が変更となり、一部区間は廃止になった。

桜ケ丘線編集

桜ケ丘から皐ケ丘、伊川、ヨシヅヤ可児店を経由し、可児市中心部を結ぶ路線。月~土に運行される。

西部線、東部線と比べると本数が少ないが、同じく運行本数の少ない東鉄バス緑ヶ丘線(JR太多線 可児駅前 - 桂ケ丘 ‐ JR中央本線・太多線 多治見駅北口)の補完の役割を果たしている。

兼山線編集

可児市中心部から兼山、秋葉台を経由し、可児市中心部へ戻る路線。さつきバスでは唯一市外の御嵩町(ラスパ御嵩)にも停留所がある路線。

合併に伴い、2005年に新設された路線で、さつきバスとしては最も本数が少ない。

中心循環線編集

可児市中心部からヨシヅヤ可児店、名鉄広見線 日本ライン今渡駅文化創造センターを経由し、可児市中心部へ戻る路線。

2013年10月1日のダイヤ改正において新設された、さつきバスとしては最も新しい路線。

以前の東部線の路線であった文化創造センターや東上屋敷地区を経由している。さつきバスとしては珍しく、間隔が1時間~2時間ちょうどとなっている。

電話で予約バス編集

廃止された路線からの利用者向けで、月~土に運行される。日曜、祝日(振替休日含む)と年末年始(12月29日~1月3日)は運休。

可児タクシーと新太田タクシーの車両により運行される「デマンド方式の乗合タクシー」で車両側面に「電話で予約バス」と書いてある。

運賃は帷子地区、下恵土・広見地区を除き、1乗車300円とバスに比べて100円高い。

以下の地区で運行され、乗車予約が必要。

  • 下恵土・広見地区
  • 今渡・川合・土田地区
  • 春里・姫治地区
  • 羽崎・二野・久々利地区
  • 大森地区
  • 帷子地区
  • 広見東・中恵土地区

運賃編集

1乗車200円(小学生、65歳以上、障がい者[1]は100円、回数券あり)で、未就学児以下は無料(ただし、電話で予約バスは小学生以上の同伴者1人につき1名までで、それ以上は小児運賃が必要)。manacaTOICAなどのICカードは使えない。

電話で予約バスは1乗車300円(小学生などは150円、回数券あり、一部路線で乗継割引あり)。

乗継停留所[2]において、別路線へ乗り継ぐ場合には、運転手に申し出れば、1回のみ無料で乗継券が発行され、乗り継ぎ先のバスが無料となる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 身体障害者手帳所持者のうち第1種身体障がい者とその介護者1人、第2種身体障がい者(この場合介護者は含まれない)、療育手帳所持者のうち第1種知的障がい者とその介護者1人、第2種知的障がい者(この場合介護者は含まれない、精神障害者保健福祉手帳所持者とその介護者1人
  2. ^ 市役所、ヨシヅヤ、村木の現在地から一番近い停留所

関連項目編集

外部リンク編集