メインメニューを開く

可愛い花」(かわいいはな、Petite Fleur)は、1959年に発表されたザ・ピーナッツのデビュー曲。シドニー・ベシェ(アメリカ人)が作曲・録音したオリジナルをカバーした楽曲である。当時日本では斬新だったポップ・ミュージック系楽曲(日本では和製ポップスとも言われる)であり、音楽ジャンルにポップス、ロックが増加していった時期のヒット曲でもある。ザ・ピーナッツの他にクリス・バーバーズ・ジャズ・バンド、アッカー・ビルク、ピーナッツ・ハッコーらもカバーした。ピーナッツ・ハッコーのカバーは「小さな花」のタイトルになっている。

目次

概要編集

1959年2月11日、ザ・ピーナッツが歌手デビューを行った際にこの曲を発表した。元の歌はアメリカのジャズ・ミュージシャン、シドニー・ベシェがフランスに渡った際に作曲した「Petite Fleur」で、ピーナッツのシングルは「可愛い花」の邦題が付けられた。

1967年頃に曲調を変更した上で再録音されたバージョンも存在する。この再録音版では曲調は大きく変化している。「プティット・フルール」を連呼するなどかなりアレンジされたバージョンも存在していた(『夜のヒットスタジオ』で放送もされた)。

なお、『NHK紅白歌合戦』では1度も歌唱されたことはない。しかし引退当日となった1975年4月5日の『ザ・ピーナッツ さよなら公演』では、オープニングとエンディング(アンコール)の2回歌われた。この時オープニングで伊藤ユミがフルコーラスと誤認して歌詞を間違えると言うハプニングもあった(姉の伊藤エミは通常通り歌唱していた)。

オリジナル版は『青春歌年鑑』の「'50年代総集編」にも収録されている(2枚目の最終トラック)。

作詞・作曲者編集

レコーディング・アーティスト編集

映画編集

可愛い花
監督 井田探
脚本 高橋二三
製作 茂木了次(「企画」名義)
出演者 ザ・ピーナッツ
音楽 中村八大
主題歌 「可愛い花」(ザ・ピーナッツ)
撮影 柿田勇
編集 丹治睦夫
製作会社 日活
公開  1959年11月11日
上映時間 49分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本曲を題材とする歌謡映画が、1959年11月11日日活系で公開された。モノクロ・日活スコープだが、上映時間は49分と、いわゆるSP映画である。

内容は生き別れの双子が芸能界でデビューするまでで、「生き別れの双子」というのはエーリッヒ・ケストナーの名作『ふたりのロッテ』と同じであり、後年のザ・ピーナッツ主演作『私と私』(1962年東宝杉江敏男監督)にも流用される。

なおザ・ピーナッツは、翌1960年公開の歌謡映画『情熱の花』にも出演する。

スタッフ編集

出演者編集

映像ソフト編集

出典/脚注編集

関連項目編集