メインメニューを開く

台中不敬事件(たいちゅうふけいじけん)は、日本の久邇宮邦彦王が訪問先の台湾朝鮮趙明河(チョ・ミンハ)に襲撃された暗殺未遂事件である。

概要編集

 
事件の発生地点、台中州立図書館(現在の合作金庫商業銀行台中支店)

おりから台湾を訪問中の久邇宮邦彦王は1928年昭和3年)5月14日台中を巡視していたが、その沿道で趙明河が短刀を投げつけた。しかし短刀は邦彦王には当たらず暗殺は失敗、趙はその場で取り押さえられた。同年7月18日、趙は台湾総督府高等法院上告部において刑法75条(対皇族危害罪)および殺人未遂の罪により死刑の宣告を受け、不敬事件は一審制のため即日刑が確定、同年10月10日に死刑を執行された。この事件で台湾総督上山満之進総務長官後藤文夫警務局長本山文平台中州知事佐藤続が6月から7月にかけて引責辞任した。

なお、韓国の団体『チョ・ミョンハ義士研究会』は、「邦彦王は短刀に塗られていた毒が回ったために翌年に死亡した」と主張し、このテロ事件を「朝鮮独立闘争の出発点」としている[1]

脚注編集

  1. ^ “조선 독립투쟁 출발점 ‘조명하 義士 의거’ 세상에 알릴 것””. www.munhwa.com (2018年8月3日). 2019年3月3日閲覧。