台北市立中山女子高級中学

台北の女子高校

台北市立中山女子高級中学(ちゅうざん/ジョンシャンこうきゅうちゅうがくピンインZhōngshān注音: ㄓㄨㄥˉㄕㄢˉTaipei Municipal Zhong Shan Girls High School)は、中華民国台北市にある全日制女子高。前身は1897年に設置された「台湾総督国語学校第一附属学校女子分教場」まで遡ることができ、台湾女子教育の嚆矢である。日本の女学校時代の伝統を継承し、現在でも台湾屈指の女子教育機関として地位を獲得している。

台北市立中山女子高級中学
Taipei Municipal
Zhong Shan Girls High School
概要
通称 中山女中
住所 中華民国の旗 中華民国台北市中山区長安東路二段141号
分類 市立 高級中学
構成 高中部
設立年 1897年
校訓 誠、篤、敏、慧
職員・生徒
校長 楊世瑞
教師数 211人
生徒数 高中部2,905人 (2007年8月30日)
テンプレートを表示
Zhongshan Girls High School main gate 20100103 night.jpg

制服にも特徴がある。学生は白いブラウス姿より「白衣」と俗称され、また女学校時代からの伝統の肩掛け式の通学カバンも有名であり、2004年に廃止が検討された際には台湾のニュースで取り上げられるなどの社会現象を引き起こしている。

沿革編集

月日 事跡
1897年 4月 台湾総督国語学校第一附属学校女子分教場」として士林陳紅九宅に於いて開校
甲組年長班1クラス、乙組年幼班一クラス、学生数37人でスタート
1898年 10月1日 「台湾総督府国語学校第三附属学校」と改称
通称「士林女学校」として台湾唯一の女子教育機関となる
1902年 - 「台湾総督府国語学校第二附属学校」と改称
1909年 - 艋舺公学校へ移転
1910年 - 「台湾総督府国語学校附属女学校」と改称
1919年 - 「台湾公立台北女子高等普通学校」と改称
内江街へ移転
1920年 - 「台湾公立台北女子高等普通学校」と改称
1921年 - 「台北州立台北女子高等普通学校」と改称
1922年 - 「台北州立台北第三高等女学校」と改称
1945年 12月8日 「台湾省立台北第二女子中学」と改称
1967年 - 「台北市立中山女子高級中学」と改称
2005年 - 大阪府立住吉高等学校と姉妹校となる

組織編集

大阪府立住吉高等学校と姉妹校の提携をしている。 12月には、大阪府立住吉高等学校から2年生が中山女子高級中学へスタディーツアーと称して学校訪問し、授業を受けたり放課後には生徒同士で台北市内散策するのが毎年恒例となっている。 また、2月には中山女子高級中学の生徒が大阪府立住吉高等学校へ学校訪問し、交流し大阪市内散策をする。

歴代校長編集

区分 氏名 任期
女子文教 初代 高木平太郎 1897年1898年
国学附属 第2代 町田則文 1898年1907年
国学附属
附属女学校
第3代
第4代
本荘 1908年1909年
1910年1918年
女子高等
第三女学
第5代
第6代
田川辰一 1919年1922年
1922年1924年
第三女学 第7代 小野正雄 1925年1939年
第三女学 第8代 藤谷芳太郎 1940年
省立女中
北二女中
第9代
第10代
鄭英励 1945年
1946年1949年
北二女中 第11代 王亜権 1950年1956年
北二女中
中山女中
第12代
第13代
石季玉 1957年1966年
1967年1974年
中山女中 第14代 張叔南 1975年1978年
中山女中 第15代 呂少卿 1979年1986年
中山女中 第16代 梁素霞 1987年1992年
中山女中 第17代 陳富貴 1993年1995年
中山女中 第18代 林煇 1996年1998年
中山女中 第19代 丁亜雯 1999年2006年
中山女中 第20代 黃郁宜 2006年2010年
中山女中 第21代 楊世瑞 2010年

現今校歌編集

我們是國家的好青年
新時代的任務在擔當
建設自由的國家和大同的世界
養成科學的頭腦和仁愛的心腸
窮搜乎學術之淵藪
偕行乎道義之康莊
我們的第二家庭
就是這台北中山女高
幾年師生的生活
永遠不會遺忘
我們歡呼 我們高唱
要團結努力 把中山女中
放出閃閃的豪光

出身有名人編集

台北第三高女編集

北二女中·中山女高編集

外部リンク編集