環状線(かんじょうせん)は、台湾台北捷運路線

環状線
新埔民生駅付近の列車
新埔民生駅付近の列車
基本情報
現況 一部着工中
 台湾
所在地 台北市新北市
路線網 台北捷運
起点 大坪林駅
終点 新北産業園区駅
駅数 42(西環段14)
開業 西環段
2020年1月31日
所有者 台北市政府捷運工程局、新北市政府
運営者 台北捷運公司(2019-2021)
路線諸元
路線距離 49.18 km(西環段15.2km)
軌間 1,435 mm
電化方式 直流750V
最高速度 80 km/h
テンプレートを表示
環状線
各種表記
繁体字 環狀線
簡体字 环状线
拼音 Huánzhuàng Xiàn
通用拼音 Huánjhuàng Siàn
注音符号 ㄏㄨㄢˊ ㄓㄨㄤˋ ㄒㄧㄢˋ
発音: ファンヂュアンシェン
台湾語白話字 Khôan-chōng sòaⁿ
日本語漢音読み かんじょうせん
英文 Circular line
テンプレートを表示

概要編集

台北市士林区中山区内湖区松山区信義区文山区新北市新店区中和区板橋区新荘区五股区蘆洲区三重区を結ぶ。台北市と新北市の各区を環状線状に連絡することで、台北市から周辺都市へ放射線状に伸びる他の路線とを接続する計画である。路線の全長は35.2 km。1987年に最初の計画が始動するも1993年と1999年の二度にわたって中央政府によって退けられ、2000年代に再始動[1]。その後約10年に渡る工期を経て2020年1月に第1期区間が開業した。第1期は全線で台北市を経由せず、新北市内のみに属することから報道や新北市政府の広報資料などで「新北捷運環状線[2]」、「新北環状線[3]」などの表記がなされることもあるが、新北捷運の路線ではなく単に「新北(市の)環状線」という意味合いにすぎない。厳密には建設費のうち地方分担分は新北市政府が負担し、建設中の監督や入札業務は台北市政府捷運工程局が請け負った[4]。試運転期間を含めて運行・運営業務は2019年元日より3年間は台北捷運公司が請け負っている[5]

軌道は標準軌の鉄輪式だが無人運転システムが採用され、イタリアアンサルドブレーダ(現・日立レール)の車両が投入されている。4つの区間で構成され、放射状に広がる複数の既存および建設中の路線に接続する。

2011年に建設された第1段階西環段(大坪林駅 - 新北産業園区駅)として、新店区・中和区・板橋区・新荘区を東西に横断する鉄道路線が2020年に開業した。第1段階 (西環段15.8 km、総事業費約699億NT$[6]) は起点の大坪林を除いて高架線。第2段階(北環段14.93km・南環段5.73km、総事業費約1,377億NT$[6])と南北線の代替となる第3段階(東環段13.12km、総事業費約922億NT$[6])は地下線とされる予定である。東環段は文湖線の輸送量逼迫など年々交通事情が悪化する内湖科技園区の通勤事情改善と、東西方向に偏る副都心の信義区内軌道交通を改善すべく構想され、かつては2000年代HSSTによる路線構想(信義HSST中国語版)があったほか、2010年代にも台北市長柯文哲が「内湖~信義LRT」構想を提唱していた[7]

中和区内2.61kmの区間は市道106号線(板南路および中山路)が狭小なことから複線高架橋が採用できず、日本の京急本線のような単線2層の高架橋(上層が東行き、下層が西行き)が架設され、この区間に含まれる中和・橋和・中原の3駅も日本の今宮駅京急蒲田駅のような二重高架駅となったほか[8]、中原駅西方や景平 - 景安間では並行する台64線(八里新店快速道路)の高架道路の上下線間に橋脚が設置され、さらに上方に高架桁が架設されている。こうした二重高架および同一事業者路線同士の改札外乗換えは台湾初、(西環段での)新北市内完結路線は台北捷運で初の事例となる。

開業前後の所要時間差と運賃差([9]および[10]
区間 開業前 開業後
大坪林 - 頭前庄 約48分60元 約28分35元
景安 - 頭前庄 約36分40元 約19分30元
板橋 - 頭前庄 約40分30元 約6分20元
大坪林 - 新北産業園区 約40分55元 約33分40元
景安 - 新北産業園区 約40分65元 約24分30元
大坪林 - 板橋 約30分55元 約21分30元
景安 - 板橋 約40分55元 約13分25元


沿革編集

  • 4月20日 - 台北県政府の自主建設に切り替え。
  • 7月17日 - 台北市政府と当時の台北県政府が、台北市政府捷運工程局による建設に合意、交通部も承認。
  • 11月8日 - 捷運建設と土地開発における主管機関を台北市が引き継ぎ、交通部も承認。
  • 11月24日 - 台北市と台北県両政府が、台北市政府捷運工程局が環状線建設を引き継ぎ、完工後も台北捷運公司が運営することで合意。

第一期区間(西環段)編集

 
新荘と新店を結ぶ捷運先導公車982路(首都客運)
 
最前列左から5人目より順に台北市長柯文哲、新北市長侯友宜、総統蔡英文、交通部長林佳龍、元台北県長周錫瑋(2020年1月31日、十四張駅での開業式典) 
  • 10月12日 - 橋桁が全て連結された[18]
  • 12月5日 - 限界測定を兼ねた車両の試運転が十四張~板新間で行われる[19]
  • 2019年
    • 6月 - 開業予定[20]
    • 10月25日 - 市政府による初回監査[21]
    • 12月6日 - 11月中を予定していた交通部への最終監査申請前の要改善12項目のうち、対処が完了しているものが9項目にとどまっていため、台北市政府捷運工程局が交通部へ最終監査申請を提出したのは12月にずれ込んだ。交通部は18日付で捷運局に追加説明を要求しているためなお曲折がある[22][23]
    • 12月28日 - 交通部、最終監査日程を翌年1月5日実施と決定[24]
    • 10~12月 - 開業予定[25][26]
  • 2020年
    • 1月5日 - 交通部による最終監査。21項目の要改善事項が指摘され、このうち開業前に処置すべきものは6項目だった[27]
    • 1月15日 - 台北市政府が交通部に改善報告を提出[28]
    • 1月16日 - 交通部、開業認可[29]
    • 1月19日 - 10-16時限定でIC利用に限り無料試乗開始[29]
    • 1月31日 - 開業(10時式典、14時運行開始、2月末までは無料)[30][31]

南北環段編集

  • 2014年
  • 2015年11月8日 - 環境アセスメント通過。
  • 2018年6月22日 - 台北市政府で市内4駅の都市計画変更手続完了[32]
  • 2019年
    • 1月7日 - 総合計画案が交通部の審査通過[33]
    • 4月16日 - 総合計画案が国家発展委員会の審査通過[34]
    • 5月31日 - 総合計画案が行政院で承認される[35]

東環段編集

  • 2018年3月15日 - 中止された南北線の代替路線である「東側南北方向捷運」(剣南路駅 - 動物園駅13.12km)を当路線と一体化した全長49.18kmの「台北山手線」構想の正式始動が市政府によって宣布された[36][37]
  • 2020年1月6日 - 国家発展委員会でF/S承認。剣南路駅以東は堤頂大道ではなく瑞光路を経由する全駅地下式の13.12km案となった[38]

公共芸術編集

   
頭前庄駅ホームと列車 板橋駅ホーム
   
中原駅高架橋脚 新店渓高架橋

環状線各駅および新店渓の鉄道橋[39]、市街地高架橋の橋脚や電車の客室内[40][41][42]、一部編成の電車外観など[43]、至るところで日本を拠点とするフランス人アーティストエマニュエル・ムホー英語版(Emmanuelle Moureaux)の意匠が採用されている。合わせて各駅ホームはラインカラーの黄色に、それ以外の駅空間は下表のように各駅ごとのテーマカラーが設定されている。

環状線1期区間各駅のテーマカラー
大坪林 十四張 秀朗橋 景平 景安 中和 橋和 中原 板新 板橋 新埔
民生
頭前庄 幸福 産業
園区
備考
淡黄 銀白 淡緑 淡藍 淡紫 銀灰 [44](p91)
テーマ 城市活水
・緑巷生活
大地緑衣 吸収 滲透 傳訊 取納 転換 貯存 創造 網路 生機 啓航 光復 起飛
Pantone配色 600U 358C 490C 542C 716C 490C 470C 542C 716C 427C 372C 298C 679C 6C


運賃編集

 
板橋駅のICトークン用専用乗換改札機
  • 線内各駅相互間の普通運賃(単位はニュー台湾ドル)のみ記載する[45]
  • 板橋と新埔民生で連絡する板南線とは改札外乗換えとなるが、「20分以内かつ自動改札利用(ICトークンは黄色の専用改札機のみ)」であれば前後の乗車距離を通算する特例が設けられる[46]
大坪林
20 十四張
20 20 秀朗橋
20 20 20 景平
20 20 20 20 景安
25 20 20 20 20 中和
25 25 20 20 20 20 橋和
30 25 20 20 20 20 20 中原
30 25 25 25 20 20 20 20 板新
30 30 25 25 25 20 20 20 20 板橋
35 30 30 25 25 20 20 20 20 20 新埔民生
35 35 35 30 30 25 25 25 20 20 20 頭前庄
35 35 35 30 30 25 25 25 20 20 20 20 幸福
40 35 35 35 30 30 30 25 25 25 20 20 20 新北産業園区

車両編集

日立レールイタリア製4両1編成の無人運転対応小型車両。台北捷運の文湖線を除く既存路線より小型となる。17編成が導入される。

駅一覧編集

環状線路線図
  • 灰色背景は建設中または計画中の路線
  • 注:中文、英文名称とも仮称である(正式に着工した新北産業園区 - 大坪林間の駅と乗換駅を除く)

駅番号 駅名 駅間
キロ
[47]
累計
キロ
接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
↑(環状運転予定)↓


Y1 動物園駅 動物園站 Taipei Zoo Station (0.067) 0.067     文湖線文山線
  猫空ロープウェイ
  新北捷運深坑軽軌
台北市 文山区
Y2 政大駅 政大站 National Chengchi University Station 1.139 1.206  
Y3 木柵国小駅 木柵國小站 Muzha Elememtary School Station 1.061 2.267  
Y4 馬明潭駅 馬明潭站 Mamingtan Station 1.170 3.437  
Y5 溝子口駅
(考試院)
溝子口站
(考試院)
Gouzikou Station
Examination Yuan
0.989 4.426  
Y6 寶斗厝駅
(遠東工業区)
寶斗厝站
(遠東工業區)
Baodoucuo Station
(Far Eastern Industrial Park)
0.586 5.012   新北市 新店区
Y7 大坪林駅 大坪林站 Dapinglin Station         松山新店線新店線
西

Y8 十四張駅 十四張站 Shisizhang Station
      新北捷運安坑線
Y9 秀朗橋駅 秀朗橋站 Xiulang Bridge Station
      中和区
Y10 景平駅 景平站 Jingping Station      
Y11 景安駅 景安站 Jingan Station
Jing-an Station
        中和新蘆線中和線
Y12 中和駅 中和站 Zhonghe Station
Zhonghe Station
      万大樹林線
Y13 橋和駅 橋和站 Qiaohe Station
Ciaohe Station
     
Y14 中原駅 中原站 Zhongyuan Station
     
Y15 板新駅 板新站 Banxin Station
      板橋区
Y16 板橋駅 板橋站 Banqiao Station         板南線板橋線)(改札外乗換)
  台湾鉄路管理局縦貫線
  台湾高速鉄道
Y17 新埔民生駅 新埔民生站 Xinpu Minsheng Station
        板南線(板橋線)新埔駅(改札外乗換)
Y18 頭前庄駅 頭前庄站 Touqianzhuang Station
Toucianjhuang Station
        中和新蘆線新荘線 新荘区
Y19 幸福駅 幸福站 Xingfu Station
     
Y20 新北産業園区駅 新北產業園區站 New Taipei Industrial Park Station        桃園捷運 機場線


Y21 工商展覧中心駅 工商展覽中心站 New Taipei City Exhibition Hall Station 0.900 0.900   五股区
Y22 褒子寮駅 褒子寮站 Baoziliao Station
1.139 2.269  
Y23 中路駅 中路站 Zhonglu Station 0.977 3.246   蘆洲区
Y24 徐匯中学駅 徐匯中學站 St. Ignatius High School Station 1.280 4.526     中和新蘆線蘆洲線
Y25 楼厝駅 樓厝站 Loucuo Station 1.139 5.665   三重区
Y26 重陽橋駅
(五華国小駅)
重陽橋站
(五華國小站)
Chongyang Bridge Station
(Wuhua Elementary School)
0.786 6.451  
Y27 社子駅 社子站 Shezi Station 1.869 8.320   社子軽軌(南北線) 台北市 士林区
Y28 福徳洋駅
(士林区公所)
福德洋站
(士林區公所)
Fudeyang Station
(Shilin District Office Station)
1.085 9.405  
Y29 士林駅 士林站 Shilin Station 0.675 10.080     淡水信義線淡水線
Y30 林子口駅
(双渓公園)
林子口站
(雙溪公園)
Linzikou Station
(Shuangxi Park)
0.537 10.617  
Y31 故宮駅
(外双渓)
故宮站
(外雙溪)
National Palace Museum Station
(Waishangxi)
1.780 12.397  
Y32 剣南路駅
(美麗華)
劍南路站
(美麗華)
Jiannan Road Station
(Miramar)
1.984 14.381     文湖線内湖線 中山区


Y33 下塔悠駅 下塔悠站 Xiatayou Station    
Y34 洲子駅 洲子站 Zhouzi Station     内湖区
Y35 内湖科技園区駅 內湖科技園區站 Neihu Technology Park Station    
Y36 瑞光公園駅 瑞光公園站 Ruiguang Park Station    
Y37 粉寮駅 粉寮站 Fenliao Station    
Y38 旧里族駅 舊里族站 Jiulizu Station        民生汐止線
Y39 松山駅 松山站 Songshan Station         松山新店線松山線
  台湾鉄路管理局縦貫線
松山区
Y40 永春駅 永春站 Yongchun Station         板南線南港線 信義区
Y41 象山駅 象山站 Xiangshan Station         淡水信義線信義線
Y42 三張犁駅 三張犁站 Sanzhangli Station    
↑(環状運転予定)↓

脚注編集

  1. ^ (繁体字中国語)台北捷運環狀線 政院退回”. 大紀元 (2004年4月17日). 2020年2月15日閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)新北捷運環狀線首日5萬餘人次試乘 規劃月底正式通車”. 中央通訊社 (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  3. ^ (繁体字中国語)新北環狀線”. 新北市政府施政成果網 (2019年12月5日). 2020年1月19日閲覧。
  4. ^ (繁体字中国語)“環狀線正式通車 侯友宜:建設靠團隊合作不分顏色”. 大紀元. (2020年1月31日). https://www.epochtimes.com.tw/n303730/ 
  5. ^ (繁体字中国語)“1111人力銀行:北捷招考72人 試用期滿薪上看56.2K”. 中央通訊社 (新浪新聞). (2019年7月9日). https://news.sina.com.tw/article/20190709/31907416.html 
  6. ^ a b c (繁体字中国語)鄭瑋奇 (2020年2月13日). “雙北軌道建設16項計畫續推 經費高達8252億元”. 自由時報. 2020年2月15日閲覧。
  7. ^ “内湖〜信義LRT、柯市長が構想表明”. ワイズニュース. (2016年4月7日). https://www.ys-consulting.com.tw/news/63386.html 
  8. ^ (繁体字中国語)陳耀維、劉嘉哲 (2018年2月). “環狀線 CF650 標於狹窄道路處 高架橋及車站設計及施工規劃”. 土木水利 (中國土木水利工程學會) (第四十五卷 No.1): 99. ISSN 02533804. http://www.ciche.org.tw/wordpress/wp-content/uploads/2018/03/DB4501-P095-%E7%92%B0%E7%8B%80%E7%B7%9ACF650%E6%A8%99-%E7%80%8F%E8%A6%BD.pdf. 
  9. ^ (繁体字中国語)“新北環狀線免費試乘 新莊到板橋省34分鐘”. 自由時報. (2020年1月20日). https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/1347232 
  10. ^ 台北捷運公式ウェブサイトより
  11. ^ 王鴻国 (2014年7月19日). “台北メトロ環状線、伊製の新車両が初公開 来年10月にも台湾へ”. 中央通訊社. http://japan.cna.com.tw/news/atra/201407190003.aspx 2014年7月19日閲覧。 
  12. ^ Hitachi Rail Italy presents the new Taipei driverless metro”. Hitachi Rail Italy公式Youtubeチャンネル. 2016年9月1日閲覧。
  13. ^ (英語)Keith Barrow. “Hitachi reveals first train for Taipei Circular Line”. IRJ/International Rail Journal. 2016年8月30日閲覧。
  14. ^ “<環状線>伊製の車両が台湾に向け出発 11月にも到着”. フォーカス台湾. (2016年9月1日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201609010003.aspx 
  15. ^ (繁体字中国語)“環狀線首列車運抵台北港 捷運局進行檢驗測試”. nownews. (2016年11月24日). http://www.nownews.com/n/2016/11/24/2317024 
  16. ^ (繁体字中国語)“新北捷運環狀線首列車 亮相”. 自由時報. (2016年11月24日). http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1896852 
  17. ^ (繁体字中国語)“捷運環狀線列車走黃色亮眼風 朱立倫讚酷、林欽榮稱性感”. 三立新聞網. (2016年12月12日). http://www.setn.com/News.aspx?NewsID=206572 
  18. ^ “メトロ環状線、第1区間全線つながる 来年末の開通目指す”. フォーカス台湾. (2017年10月12日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201710120006.aspx 
  19. ^ (繁体字中国語)臺北捷運環狀線電聯車今日進行實車界面驗證作業成功”. 台北市政府捷運工程局機電工程処. 2017年12月5日閲覧。
  20. ^ (繁体字中国語)“〈台北都會〉環狀線一階14站 明年6月營運”. 自由時報. (2018年8月11日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/1223512 
  21. ^ 台北MRT環状線、第1期区間が年末開業の見通し=新北市長/台湾”. フォーカス台湾 (2019年10月28日). 2019年12月6日閲覧。
  22. ^ (繁体字中国語)環狀線年底通車變數 侯友宜:安全無虞也期待農曆年前”. 聯合報 (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  23. ^ (繁体字中国語)環狀線年底通車恐有變數 新北捷運局持續努力中”. 中国時報 (2019年12月4日). 2019年12月6日閲覧。
  24. ^ (繁体字中国語)“捷運環狀線 交通部:明年1/5履勘”. 自由時報. (2019年12月28日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3023040 
  25. ^ “台北MRT環状線、第1期区間が今年10~12月に開業へ”. フォーカス台湾. (2019年2月12日). http://japan.cna.com.tw/search/201902120004.aspx 
  26. ^ (繁体字中国語)新北捷運環狀線履勘日仍未定 交通部:通車要等明年”. 自由時報 (2019年12月23日). 2019年12月23日閲覧。
  27. ^ (繁体字中国語)新北環狀線履勘 救援列車演練竟真「凸槌」”. 自由時報 (2020年1月5日). 2020年1月5日閲覧。
  28. ^ (繁体字中国語)捷運環狀線 交部:擬明核准營運”. 台湾国際放送 (2020年1月15日). 2020年1月15日閲覧。
  29. ^ a b (繁体字中国語)莊麗存 (2020年1月16日). “新北環狀線最快19日試乘 年後通車”. 大紀元. http://www.epochtimes.com.tw/n302864/ 
  30. ^ (繁体字中国語)“捷運環狀線31日通車! 下午2時起正式營運”. 風傳媒. (2020年1月21日). https://www.taiwannews.com.tw/ch/news/3861627 
  31. ^ 台北メトロ環状線、31日に正式開業へ/台湾”. フォーカス台湾 (2020年1月21日). 2020年1月21日閲覧。
  32. ^ (繁体字中国語)“捷運環狀線4站都計變更 北市通過”. 聯合報. (2018年6月22日). https://udn.com/news/story/11322/3211776 
  33. ^ (繁体字中国語)捷運環狀線第二階段本府爭取交通部審查通過將報請行政院核定”. 新北市政府. 2019年1月7日閲覧。
  34. ^ (繁体字中国語)新莊至內科時間省一半 環狀線二階段國發會通過”. 聯合報 (2019年4月17日). 2019年8月28日閲覧。
  35. ^ (繁体字中国語)捷運環狀線第二階段綜合規劃報告獲行政院核定!”. 新北市政府捷運工程局 (2019年6月6日). 2019年8月28日閲覧。
  36. ^ (繁体字中国語)“〈台北都會〉南北環段捷運 打造一車到底「山手線」”. 自由時報. (2018年3月16日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/1184236 
  37. ^ “台北MRT環状線、南北2区間計画を始動”. ワイズニュース. (2018年3月16日). https://www.ys-consulting.com.tw/news/76005.html 
  38. ^ (繁体字中国語)捷運東環段可行性研究 獲國發會審議通過”. 聯合報 (2020年1月6日). 2020年1月6日閲覧。
  39. ^ (繁体字中国語)新北捷運新店溪跨橋 18色彩虹橋”. 東網 (2014年7月19日). 2019年6月30日閲覧。
  40. ^ (英語)emmanuelle moureaux | The Artistic Design on the Circular Line in Taipei”. arthitectural.com (2014年6月10日). 2019年6月30日閲覧。
  41. ^ エマニュエル・ムホープロダクト学科准教授が、台北市で建設中の地下鉄環状線「Circular Line」プロジェクトを進行中”. 東北芸術工科大学 (2014年6月6日). 2019年6月8日閲覧。
  42. ^ (繁体字中国語)捷運新北環狀線19日起免費試乘!車廂內部、車站亮點搶先看”. 自由時報 (2020年1月17日). 2020年1月19日閲覧。
  43. ^ (繁体字中国語)陳昭延 (2019-09-25). “臺北捷運環狀線(第一階段)電聯車簡介”. 臺北捷運報導 (台北市政府捷運工程局) (第327期): 頁1. https://www-ws.gov.taipei/Download.ashx?u=LzAwMS9VcGxvYWQvMzg4L3JlbGZpbGUvMTk1MTkvODA4NDQxNi9jOTFiMmJiNS05ZDkxLTQ1MTQtODQ4OS02ZGRhNTBmMjE0YzIucGRm&n=cnAzMjctMDIucGRm&icon=..pdf. 
  44. ^ (繁体字中国語)尹倩妮 (2014-12-31). “流水行雲‧龍遊千里—臺北捷運環狀線(第一階段)之公共藝術”. 捷運技術 (台北市政府捷運工程局) (44期): 頁76-93. ISSN 18122906. https://books.taipei/publication/detail?id=f8c076a5-af0e-4353-bea3-c91ae3b546fa. 
  45. ^ (繁体字中国語)新北環狀線農曆年前能否通車就看明天!通勤時間到底省多少?3個冷知識一次看”. 數位時代 (2019年12月28日). 2020年1月4日閲覧。
  46. ^ (繁体字中国語)班距曝光! 環狀線「尖峰4至7分、離峰5至10分」”. TVBS/Yahoo奇摩 (2020年1月2日). 2020年1月4日閲覧。
  47. ^ (繁体字中国語)「臺北都會區大眾捷運系統環狀線北環段及南環段暨周邊土地開發」綜合規劃 第八章 路線及營運規劃表 8.1-1 環狀線北環段與南環段車站位置一覽表”. 台北市政府捷運工程局. p. (8-5) (2019年9月18日). 2019年12月30日閲覧。

外部リンク編集

  • 秀朗橋 - 板新
  • 板新 - 新北産業園区