メインメニューを開く

台北車站駅(たいぺいしゃたんえき)は台湾台北市中正区にある桃園捷運機場線(桃園機場捷運)の駅。

桃園捷運台北車站
Taoyuan Metro A1 Taipei Main Station 2017-02-10.jpg
台北車站駅舎
台北車站
タイペイチャーヂャン
Taipei Main Station
(4.13km) 三重 A2
所在地 中華民国台北市中正区鄭州路8号[1](台北双子星)
駅番号 A1
所属事業者 桃園捷運股份有限公司
(桃園捷運)
所属路線 機場線
キロ程 0.0km(台北起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
-
#利用状況参照人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
-
#利用状況参照人/日
開業年月日 2017年3月2日
備考 2017年2月2日に仮開業。
テンプレートを表示
台北駅
各種表記
繁体字 臺北車站
機捷/桃捷臺北站
簡体字 台北车站
机捷/桃捷台北站
拼音 Táiběi Chēzhàn
Jījié/Táojié Táiběizhàn
通用拼音 Táiběi Chejhàn
Jījié/Táojié Táiběijhàn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
ㄐㄧ ㄐㄧㄝˊ/ㄊㄠˊ ㄐㄧㄝˊ ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: タイペイ チャーヂャン
ヂージェ/タオジェ タイペイヂャン
台湾語白話字 Tâi-pak Chhia-tsâm
Ko-thih/Thô-thih Tâi-pak-Châm
英文 Taipei Main Station
Taipei Station
テンプレートを表示
コンコースの「竹林瀑布」

概要編集

駅番号はA1台北駅西側、鄭州路・市民大道南側のゲートオブ台北用地地下に総事業費約120億台湾ドル[2]で建設された。建設が未着手のゲートオブ台北上層階を含めて当駅ホーム階から地上2階にかけてのアトリウム式コンコースの設計、パブリックアート「竹林瀑布」のデザインは日本の建築家槇文彦が手掛けた[3][4]。他事業者台北駅松山新店線北門駅とは改札外で台北地下街や専用連絡通路を介して連絡している。 この場所は台湾総督府鉄道時代の淡水線旧北門駅を経て戦後は旧国道客運台北総駅と用途が変遷している。

当駅でのITCI(インタウン・チェックイン)は搭乗便出発時刻3時間前まで可能で、当面は台湾の大手2社(チャイナエアラインエバー航空)と系列企業の2社(ユニー航空マンダリン航空)、および以下の外資系各社(キャセイパシフィック航空香港ドラゴン航空エアアジアエアアジア Xエアアジア・フィリピンは2018年11月15日より[5])のコードシェア便を除く自社運航便が対象。仮開業期間内は列車運行時間帯のみ利用可能。2年間は無料とされている。

悠遊卡一卡通はじめ8種のIC交通カード・電子マネーが利用可。

歴史編集

  • 2月2日 - 桃園機場捷運桃園捷運機場線)仮開業(予約団体の無料試乗で当駅を含む6駅でのみ乗降可能)。運行時間は8-16時[8]
  • 2月16日 - 当駅での客扱い(整理券方式での個人無料試乗)とITCIを開始[1][9][8]
  • 3月2日 - 正式開業、当駅で式典が開催された。ITCI営業時間を6時~21時30分(該当するフライト出発時間は9時~24時30分)に拡大[8]

駅構造編集

地上との出口は各地下街との連絡口とは別にA1~A7の7か所が設けられる[10]。北側は地下1階で台北地下街の出入口Y14(南8乙)・Y16(南7)・Y18(南6)・Y20(南5)・Y22(南4)と繋がっているほか、MB1F(半地下1F)の専用連絡通路で他社線の台北駅と、同一フロア反対側の専用通路で捷運北門駅と乗り換えが可能。 他社の各路線(特に台北捷運駅)との乗換え経路が複雑で時間を要するとの報道、苦情が相次いだため、新設地下道による360度カメラ撮影での最短ルートの案内動画を公式チャンネルに急遽アップロードして鎮静化が図られた[11][12][13]

コンコースは地下1階にあり、送迎車やタクシーの発着、待機スペースのほか、桃園国際空港国際線出発旅客のための航空会社のチェックインカウンター、外国人出国旅客用向けに事後租税払戻のセルフカウンター[14]が設けられ、受託手荷物は空港と同じく自動で搭乗便ごとに仕分けられて直達車の専用車両で空港まで運ばれる。地下2階に改札口、地下3階に島式ホーム2面4線とそれぞれ1本の留置線を備えている[15]。地下4階は駐車場

のりば編集

開業時点での駅構内の案内表示は「往台北」「往中壢(環北を指す)」「往機場(空港)」であり、実際の利用時は注意が必要。

番線 路線 行先 備考
1・2  機場線(直達車) 新北産業園区機場第一航廈機場第二航廈方面
3・4  機場線(普通車) 三重林口・機場第一航廈・機場第二航廈・高鐵桃園環北方面
配線図

三重
桃園機場
(機場第一航廈・
機場第二航廈)
高鐵桃園・中壢
方面
受託手荷物
積込用ホーム↓
                    直達車ホーム
                   
                   
                   
                    普通車ホーム
                   
                   
凡例
出典:台北市政府捷運工程局[15]、中華顧問工程司[16] 2012年


利用状況編集

開業1年半時点の2018年9月での1日平均利用客数(降車客含む)は線内では最多の35,067人[17]

1日平均
乗車 出典
2017 14,759 [18]
2018 15,782

画像編集

駅周辺編集

隣の駅編集

桃園捷運
 機場線
直達車
台北車站 (A1) - 新北産業園区駅 (A3)
普通車
台北車站 (A1) - 三重駅 (A2)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市内チェックインサービス2017年1月26日,チャイナエアライン公式
  2. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉機場捷運台北站 耗資120億
  3. ^ 台北駅地区再開発槇総合計画事務所
  4. ^ (繁体字中国語)機捷《竹林瀑布》他設計的 日本大師槙文彥來台2017年3月2日,台湾蘋果日報
  5. ^ (繁体字中国語)機捷市區預辦登機 新增國泰等多家外籍航空2018-11-15,TVBS
  6. ^ (繁体字中国語)機場捷運又要延宕 鄭文燦:衝擊燈會交通,希望盡速通車
  7. ^ (繁体字中国語)機場捷運北車A1站完工 提供預辦登機、行李託運!
  8. ^ a b c <空港線>来月2日にプレ開業 1カ月間無料で乗車可能/台湾2017年1月25日,フォーカス台湾
  9. ^ 台湾桃園国際空港 > 市内でのチェックインエバー航空公式
  10. ^ (交通部高鐵局捷運工程處,2013年12月17日)機場捷運各車站出入口示意圖
  11. ^ 機捷A1台北站步行至北捷板南線2017年1月16日,桃園大眾捷運/Youtube
  12. ^ 機捷A1台北站步行至北捷淡水線2017年1月16日,桃園大眾捷運/Youtube
  13. ^ 機捷A1台北站步行至北捷松山線北門站2017年1月16日,桃園大眾捷運/Youtube
  14. ^ (繁体字中国語)[1]2016年12月14日,中華民国財政部
  15. ^ a b (繁体字中国語)“第拾陸章 北區工程處”. 捷運年刊(101年) (台北市政府捷運工程局): P83. (2013-04). ISSN 18123287. https://books.taipei/publication/detail?id=10507bcb-8714-41c8-9858-0fbe14203ed5. 
  16. ^ (繁体字中国語)蘇宗寶、彭仁忠 (2012-04). “桃園機場聯外捷運軌道系統工程施工技術探討”. 中華技術 (財団法人中華顧問工程司) (94): P58. http://www.ceci.org.tw/book/94/web/56-75.pdf 2019年5月5日閲覧。. 
  17. ^ (繁体字中国語)〈北部〉《桃園》機捷進出人次 A20興南站184最少 2018年9月5日 自由時報
  18. ^ (繁体字中国語)桃園市政府新聞處 (2019年3月20日). “2019【校園公關提案競賽】提案需求說明 如何吸引大家搭乘機場捷運及轉乘周邊 多元運具?”. 財團法人公共關係基金會. p. 9、p.11. 2019年9月15日閲覧。
  19. ^ (繁体字中国語)機捷通車週年 中華郵政進駐A1北車站”. 民視 (2018年3月14日). 2019年7月11日閲覧。
  20. ^ (繁体字中国語)機場捷運乘客將破千萬 鄭文燦:估首年虧損1億內”. 自由時報 (2017年8月2日). 2019年7月11日閲覧。

外部リンク編集