台東庁

台湾の地方行政区分
台東庁
大日本帝国の旗 台湾の庁
Flag of Japan (1870–1999).svg
1897年 - 1945年 Flag of Taitung County.svg
首都 台東街
歴史
 - 創立 1897年
 - 廃止 1945年
面積
 - 1940年 3,515.25 km2 (1,357 sq mi)
人口
 - 1940年 86,852 
     人口密度 24.7 /km2  (64 /sq mi)
行政区画 3郡
現在 台東県
台東庁

台東庁(臺東廳、たいとうちょう)は、かつて台湾の地方行政区分だった五州三庁の一つで、現在の台東県にあたる。

人口編集

1941年台湾常住戸口統計より

  • 総人口 9万3138人
    • 内訳
      • 内地人 7078人
      • 台湾人 8万5068人
      • 朝鮮人 35人
      • その他 957人

行政区分編集

  • 1945年当時
  • 背景色がである部分は1945年以前に廃止された行政区分

郡・街庄編集

街庄 現在の行政区分 備考


台東街 台東市卑南郷の一部
太麻里庄 太麻里郷
大武庄 大武郷
火焼島庄 緑島郷
蕃地 金峰郷蘭嶼郷達仁郷卑南郷の一部
卑南庄 1944年廃庄、台東街に編入


関山街 関山鎮
池上庄 池上郷
鹿野庄 鹿野郷延平郷の一部
蕃地 海端郷延平郷の一部


新港街 成功鎮
長浜庄 長浜郷
都蘭庄 東河郷

台東庁長編集

  • 相良長綱:1896年5月18日-1904年3月23日
  • 森尾茂助:1904年3月23日-1909年10月25日
  • 朝倉菊三郎:1909年10月25日-1911年10月28日
  • 能勢靖一:1911年10月28日-1916年11月13日
  • 市来半次郎:1916年11月13日-1924年1月2日
  • 齋藤透:1924年1月2日-1929年10月26日
  • 児玉魯一:1929年10月26日-1933年2月2日
  • 本間善庫:1933年2月2日-1935年8月21日
  • 大磐誠三:1935年8月21日-1939年1月28日
  • 佐治孝徳:1939年1月28日-1939年12月27日
  • 藤田淳教:1939年12月27日-1942年8月7日
  • 山岸金三郎:1942年8月7日-1944年2月14日
  • 鈴樹忠信:1944年2月14日-1945年7月27日
  • 那須重徳:1945年7月27日-1945年10月25日

医療編集

  • 台湾総督府台東病院

法院(裁判所)編集

昭和20年(1945年)当時
(審判の行うことの無かったものを「裁判所」とカウントしなかった)(沿革略)

  • (無し)

警察編集

昭和20年(1945年)当時

  • 台東庁警務課
    • 台東郡警察課
    • 関山郡警察課
    • 新港郡警察課

気象編集

昭和17年(1942年)当時

  • 台東測候所

教育編集

中等教育学校編集

  • 台東庁立台東中学校
  • 台東庁立台東高等女学校

専売局編集

昭和20年(1945年)当時

  • 花蓮港支局台東酒工場(専売局

鉄道編集

昭和19年(1944年)の路線

総督府鉄道編集

道路編集

昭和14年(1939年)当時

指定道路編集

  • 台東花蓮港道
  • 台東上大和道
  • 台東港道
  • 台東知本道
  • 都蘭富里道
  • 楓港台東道

港湾編集

昭和13年(1938年)当時

主要地方港編集

  • 台東港

神社編集

  • 台東神社

国立公園編集

  • 新高阿里山国立公園

企業編集

庁内に本社を有する資本金50万円以上の企業である(昭和7年・1932年当時)

農林水産業編集

  • 台東開拓

製造業編集

  • 台東製糖

関連項目編集