台湾の国立公園(たいわんのこくりつこうえん、中国語: 中華民國國家公園)は国家公園(こっかこうえん)と呼ばれ、現在の管轄下にある自然、野生生物、歴史のための保護された国立公園である。

陽明山国立公園の風景

概要編集

現在台湾には9つの国家公園があり、すべて内政部の管理下にある。これらの国家公園は7,489.49平方キロメートルをカバーしている。3,103.76平方キロメートルの総面積は、国の総面積の約8.6%を占めている。

最初の国家公園は、台湾が日本の統治下にあった1937年に設立に指定されたが、正式にそのように管理されたことはなかった[1] (中国語)。第二次世界大戦後、経済発展の優先順位から、自然環境の保護を求める声が反対された。[3]しかし、国家公園法は1972年に可決され、最初の国家公園は1984年に設立された。[2]

国家公園は国家風景区中国語版と違う。国家風景区は、交通部の観光局によって管理されている。2つのタイプの領域の開発を支配する異なる哲学があり、国家公園では自然と文化の資源の保護に重点が置かれており、人間の利用のための開発が二次的な優先事項である。

日本統治時代編集

台湾で最初の国立公園(國立公園、國家公園)は、1937年12月27日に小林躋造総督によって設定された。台湾が日本統治時代だったので、3つの国立公園は大日本帝国の国立公園になっていた。

一覧編集

台湾の国家公園9か所は、次の通りである(設立年度順)。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集