メインメニューを開く

台湾共和国(たいわんきょうわこく、:Republic of Taiwan)は、中華民国中華人民共和国両政府の「一つの中国」論争の中で、「中華民国」としてではなく「台湾」として台湾島一帯の分離を目標とする台湾独立運動(台独)の支持者が、独立運動の最終目標として樹立を目指している想定上の国家。

台湾共和国
Flag of World Taiwanese Congress.svg
台湾旗
各種表記
繁体字 臺灣共和國
簡体字 台湾共和国
拼音 Táiwān Gònghéguó
注音符号 ㄊㄞˊ ㄨㄢ ㄍㄨㄥˋ ㄏㄜˊ ㄍㄨㄛˊ 
台湾語白話字 Tâi-oân Kiōng-hô-kok
英文 Republic of Taiwan
テンプレートを表示

その領域は、現在の中華民国実効統治地域とされている。なお、独立運動の到達目標が明確になっていないことから、台湾の国家体制を共和制に定めることを避ける為に、台湾国(繁体字:臺灣國、台湾語:Tâi-oân Kok)という名称も使用されることがある。

台湾共和国の樹立は、台湾の日本統治時代に台湾独立運動家の間から提唱され、特に1920年代後半からは、台湾共産党が積極的に民族解放の名分で標榜していた。第二次世界大戦終結に伴う台湾の中華民国編入後、特に二二八事件以降になると、共和国樹立は廖文毅を中心とした台湾独立運動家の間で具体的な理念となり、1956年東京台湾共和国臨時政府が一度は樹立された。

現在の台湾独立運動では、台湾正名運動などを通じ、台湾に存在する中華民国を改変することで台湾共和国の樹立を目指す動きが主流である。即ち、台湾独立とは「中華民国」から「台湾」地区を分離独立させることを意味する。

憲法草案編集

 
「台湾共和国」の樹立を訴える看板(台中で)

台湾独立運動では、運動の一環として台湾共和国の憲法草案が発表された事があった。台湾共和国臨時政府を除けば、最も早く発表された草案は1988年許世楷(元台北駐日経済文化代表処代表)が発表した案である。その後、1991年10月に民主進歩党許信良の主導で「台湾共和国建設」を党綱領修正で盛り込み、2003年には台湾団結連盟(台連)が台湾共和国憲法の『制憲綱領』を発表している。

なお、許世楷の憲法草案では、中華民国が実効統治する福建省沿岸の金門島馬祖島(金馬地区)を台湾共和国の領土として包括していない(第4条)。しかしその一方で、台連が発表した『制憲綱領』では金馬地区も台湾共和国の領土に包括しており、金馬地区を巡っては意見が分かれている。現在、台湾共和国樹立の動きは、現状維持派が多数を占め、急進的な独立派・統一派とも決め手を欠いている現在の台湾世論では大多数から支持を受けにくい状況にある。

国旗編集

1956年樹立の台湾共和国臨時政府は藍底白色日月旗を国旗としていたが、臨時政府以外で使われることは無かった。また、1994年に開催された第二次台湾人民制憲会議(6月24日~25日)において、劉瑞義が設計した四族同心旗(別称:八菊旗)が国旗として採択されたが、こちらも台独活動家の間には広く普及しなかった。その後、2007年に世界台湾人大会(World Taiwanese Congress; WTC)がカナダの国旗を参考として台湾旗を発表すると、台独支持者の間で広く普及するようになり、現在で台独の象徴となっている。更に、台湾国パスポートステッカー運動中国語版の発案者である陳致豪も、台湾総督府紋章を土台とした台字翠青旗を提案している。

関連項目編集

外部リンク編集