台湾博覧会 (たいわんはくらんかい)とは、1935年昭和10年)10月10日から11月28日までの会期で実施された台湾総督府後援の博覧会である[1]1895年明治28年)の台湾統治以来の「始政40周年記念」行事として開催された。博覧会総裁は台湾総督中川健藏が就任した[2]

1935年台湾博覧会ポスター

会場編集

会場は次の場所に設置された[3]

  • 第1会場 台北市公会堂など。
  • 第2会場、台北市新公園
  • 分場、台北市太平町大稲埕
  • 草山分館、草山温泉地。

会場施設編集

第1会場:産業館、林業館、陶業館、鉱山館、交通土木館、興業館、府県館、朝鮮館、満州館、日本製鉄館、三井館、大陸橋など[4]

第2会場:国防館、蕃屋、迎賓館、子供の國、音楽堂、演芸館、映画館、専売館、電気館、船舶館、東京館、大阪館、愛知館、京都館、北海道館、奈良館など[5]

分場:南方館、馬産館、暹羅館、比律賓館、演藝館など[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p3
  2. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p9
  3. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p3
  4. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p4-5
  5. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p6-7
  6. ^ 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11、p8-9

参考文献編集

  • 甲府市庶務課 編「台湾博覧会と台湾地方状況視察記」昭和11年。近代デジタルライブラリー書誌ID000000621320。永続的識別子 info:ndljp/pid/1091637

関連項目編集