メインメニューを開く

台湾総督府鉄道(たいわんそうとくふてつどう)は日本統治時代台湾総督府交通局鉄道部が経営した鉄道である。

国定古蹟に指定された鉄道部庁舎

歴史編集

1928年昭和3年)に台湾総督府交通局が台湾日日新報に掲載した観光地図。台湾総督府鉄道沿線の主要な都市や町の位置および台湾八景と十二名勝が註記されている。

日清戦争の結果、日本が台湾を占領すると、清朝が建設・運営していた全台鉄路商務総局鉄道を接収し、日本軍の軍用列車が運転を開始した。1895年(明治28年)8月台湾総督樺山資紀は台湾を南北に縦貫する322キロメートルの鉄道の建設を政府に働きかけた。まず民間が反応し、渡辺甚吉、横山孫一、大倉喜八郎らが引き受けようとしたが成功しなかった。つづいて、岡部長職、安場保和が1896年(明治29年)5月台湾鉄道会社を発起し、南北縦貫鉄道建設を請願し、政府もこれを許可したが、株式募集は進展しなかった。総督府後藤新平民政長官は、鉄道建設が民間会社では不可能と認識し、1899年(明治32年)3月、「台湾事業公債法」(法律第75号)を発布して、鉄道敷設のための公債を募集するとともに、10か年2,880万円の鉄道国有計画として確定した。ただちに既設線(基隆-新竹)の改良と建設工事(新竹-高雄)が始まり、1908年(明治41年)基隆-高雄間(404.2キロメートル)で全通した。台湾総督府鉄道の営業収支は、当初10年間の赤字が予想されたが、実際には1899年(明治32年)から3年間にとどまり、以後大幅な黒字を計上し、台湾総督府の歳入の10-20パーセントを占めた。1899年(明治32年)には、総督府の交通局に鉄道部が設けられ、鉄道経営の基礎が確立された。また台湾島東部にも台東線を敷設し、台湾の近代化と地域開発の原動力となった。 台湾総督府鉄道の営業収入の過半は、貨物輸送によるものであった。主要貨物は、砂糖、米、石炭、木材、肥料の5品目であり、1913年貨物総輸送量の50パーセントを占めた。とりわけ砂糖(15パーセント)、米(11パーセント)、石炭(11パーセント)が三大貨物であった。台湾総督府鉄道は、貨物運賃政策によりこれらの貨物の吸収に努めた。砂糖、米、石炭、食塩、肥料等は総督府の産業育成策あるいは殖産興業政策に呼応し、当初の運賃の半額になった。この低運賃政策は、土着の輸送業を破壊しつつ、鉄道への吸貨を促進した[1]。 交通局鉄道部の他にも、営林所による阿里山線(現在の阿里山森林鉄路)や製糖会社の専用線や私鉄線なども存在していた。

年表編集

総督府交通局鉄道部組織編集

 
1930年代の総督府交通局鉄道部

1939年(昭和14年)時点

  • 鉄道部
    • 庶務課
    • 経理課
    • 運輸課
    • 運転課
    • 工務課
    • 工作課
    • 建設改良課
    • 自動車課
    • 監督課
  • 花蓮港鉄道出張所
  • 台北鉄道工場
  • 高雄鉄道工場
    • 鉄道従業員養成所

鉄道部長編集

  • (兼)後藤新平:1899年11月8日 - 1906年11月13日
  • 長谷川謹介:1906年11月13日 - 1908年12月5日
  • (兼)大島久満次:1908年12月5日 - 1910年7月27日
  • (兼・事務取扱)宮尾舜治:1910年7月27日 - 8月28日
  • (兼)内田嘉吉:1910年8月28日 - 1915年10月20日
  • (兼)下村宏:1915年10月20日 - 1919年3月10日
  • 新元鹿之助:1919年3月10日 - 1924年12月28日 交通局に官制改正のため廃官  

路線編集

私鉄編集

1939年(昭和14年)時点

旧庁舎編集

2010年国定古蹟に指定され、修復作業が行われている[2]。台湾映画『牯嶺街少年殺人事件』のロケ地としても使用された。

脚注編集

  1. ^ 「岩波講座 近代日本と植民地(第3巻)植民地化と産業化」所収、高橋泰隆「植民地の鉄道と海運」
  2. ^ (繁体字中国語)文化資產個案遊覽-臺灣總督府鐵道部(臺北工場)国家文化遺産資料庫管理系統,中華民国文化部

参考文献編集

関連項目編集