メインメニューを開く

台灣建國應援團(たいわんけんこくおうえんだん)とは日本に存在する親台団体台湾独立を実現するための支援をすることを目的として大阪で結成された。台湾で活動することもあり、台湾現地で日本の国旗である日章旗や国旗に等しい旭日旗を掲げたことがある。副団長は田邊憲司[1][2]・松井光彦。

活動編集

同じ、台湾独立派を支持する台湾研究フォーラムとは共闘関係がある(副団長の田邊憲司と台湾研究フォーラム会長の永山英樹は友人であり、田邊は研究フォーラムの会員でもある)

他には頑張れ日本!全国行動委員会東トルキスタン支援団体の日本ウイグル協会とも共闘している(田邊は頑張れ日本の会員でもある)[3]

終戦の日には靖国神社付近で台湾旗を掲げ、台湾に関係する演説などをしている。また行動する保守を自称する団体と共闘する事もあり、平成22年(2010年)8月15日には反天連に対して抗議を共同で行なった[4]。一方で、行動する保守運動とは距離を置いているアジア主義右翼団体である神州蛇蝎の会の後援を受けて活動することもある[5]

幟は緑の幟に「台灣建國應援團」上部に日の丸、下部に台湾旗が描かれている[4]

台湾現地での台灣建國應援團の活動は台湾の新聞にも取り上げられたが[1]、その際現地入りした田邊は6年間の入国禁止となった[1][2]

注釈編集