台車
板台車(引越し業者などが使用)

台車(だいしゃ)は、荷物をのせて運搬移動するための、車輪が付いた台のことである。荷車の一種でもある。

小荷物等を運搬するときに使う、取っ手が付いていて人力で押すものから、大きなものでは鉄鋼製構造物や製鉄所においての銑鉄を搭載して牽引移動する等の用途の、大荷重用のものまでをいう。小荷物等を運搬するときに使う台車では、一般的には手で押すための取っ手が付いたタイプが多いが、ロープなどを結索する部分のみで取っ手のないタイプ、取っ手付きの台車の前側に数列の取っ手のない台車を連結できるタイプ、台の部分を上下に配置した2段式のタイプ、台の部分に金網製の箱を取り付けたタイプなど用途に合わせて様々なタイプのものがある。

自動車部品用などの専用台車においては、輸送中に商品の傷つきや変形がないよう、また納入先の工場での作業者の取り出しやすさなどについても構造的に配慮される。

なお、カメラカメラマンを載せるための撮影用の台車はカメラドリーと呼ぶ。

法令編集

日本の道路交通法では、台車は一部を除いて軽車両の扱いである。ただし、電動機内燃機関付きのものは、原則として原動機付自転車または自動車扱いとなる(「原動機付自転車#電動の小型車両等に対する規制」を参照)。ただし、一定の基準を満たす電動荷車等は歩行補助車または軽車両扱いとなる(「軽車両#原動機を用いる軽車両」参照)。

関連項目編集