メインメニューを開く

史上最強打線(しじょうさいきょうだせん)とは、2004年読売ジャイアンツ打線愛称である。命名者は巨人の元監督で終身名誉監督の長嶋茂雄

目次

概要編集

2003年の巨人は、前年限りでニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜の穴埋めが出来なかったことや投手陣の崩壊によって3位となり連覇を逃したため監督の原辰徳が任期を1年残して辞任し堀内恒夫が後任の監督に就任する事態に至った[要出典]

オフに補強として大阪近鉄バファローズを自由契約になっていたタフィ・ローズを獲得。また福岡ダイエーホークスからその年のオープン戦で膝に重度の故障を負った小久保裕紀無償トレード扱いで移籍。この結果、2003年までに巨人に移籍していた清原和博江藤智ロベルト・ペタジーニと合わせて、かつて他球団で4番を打った打者5人が巨人に集まることになった。

清原以外の4人は本塁打王のタイトル獲得経験者である。

一方で生え抜きの選手にも高橋由伸阿部慎之助仁志敏久斉藤宜之清水隆行二岡智宏といった選手が存在し、また本拠地の東京ドーム本塁打が出やすい構造もあって、1980年チャーリー・マニエル栗橋茂羽田耕一らを擁しいてまえ打線と呼ばれた近鉄バファローズ打線が打ち立てたシーズンチーム本塁打記録(239本)のプロ野球記録を更新。最終的には259本まで伸びた。

盗塁数が12球団最小の25個[注釈 1]であったが、打点(719)、長打率(.483)、出塁率(.339)もセ・リーグ1位を記録した。

布陣編集

太字はリーグトップ

打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 仁志敏久 .289 28 60 3
2 清水隆行 .308 16 60 4
3 タフィ・ローズ .287 45 99 3 本塁打王ベストナイン(外)
4 高橋由伸 .317 30 79 1
5 小久保裕紀 .314 41 96 0
6 ロベルト・ペタジーニ .290 29 84 2
7 阿部慎之助 .301 33 78 0
8 二岡智宏 .269 9 49 0
9
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁
清原和博 .228 12 27 0
一/三 江藤智 .227 4 15 1
元木大介 .240 2 13 0
  • 小久保はこの年右打者で41本塁打を放ち、球団初となる「右打者での40本塁打」を達成した(当時の12球団中12番目と、最も遅い達成)。それまでの最高は1968年の長嶋茂雄の39本塁打だった。
  • チーム本塁打数記録更新となる240本目を放ったのは、黒田哲史である。
  • 5番打者はペタジーニと清原の併用だった(ペタジーニの故障により開幕スタメンは清原)。後半戦は小久保が4番に座ったため高橋由が5番を打った。清原は40試合の出場にとどまったものの12本の本塁打を放っている。
  • 「チーム連続試合本塁打」の記録で33試合連続(つまり、33試合連続で巨人の打者の誰かが本塁打を放った)というセ・リーグ記録を達成し、日本記録の35試合連続(西武が1986年に記録)に迫った。また、「開幕からのチーム連続試合本塁打」については、開幕から33試合連続の日本記録を達成した。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この年のチーム最多盗塁は鈴木尚広の9個。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集