メインメニューを開く

史学雑誌』(しがくざっし)は、史学会が発行する歴史学の月刊学術雑誌。創刊は1889年(明治22年)。日本の歴史学研究において最も権威ある雑誌の1つ。

目次

創刊までの経緯編集

1889年12月15日に、史学会により第1号発刊[1]。史学会は、『史学会雑誌』発刊直前の1889年11月、帝国大学国史科開設にともない創設されていた。史学会創設にあたっては、文科大学の招聘により来日した、レオポルト・フォン・ランケの弟子であるルートヴィヒ・リースの指導があった。1892年(明治25年)、『史学会雑誌』は『史学雑誌』に改名された。

年表編集

  • 1886年3月 - 帝国大学令公布にともない、帝国大学のなかに文科大学がおかれる
  • 1887年2月 - ルートヴィヒ・リースが文科大学の招聘により来日
  • 1887年9月 - 文科大学に、史学科創設。いわゆる西洋史が主内容
  • 1888年10月 - 修史事業が内閣から帝国大学に移管
  • 1889年6月 - 文科大学に、国史科創設。自国の歴史研究体制がアカデミズムのなかにはじめて明確な位置を得る
  • 1889年11月 - リースの指導で、史学会創設。初代会長は重野安繹
  • 1889年12月15日 - 『史学会雑誌』第1号発刊
  • 1892年12月 - 『史学会雑誌』を『史学雑誌』に改名

特徴編集

この雑誌において特筆すべきは毎年の第5号に掲載される「回顧と展望」である。「回顧と展望」では前年に発表された研究の中から、各時代・地域・国ごとに特筆に値するものを執筆者が選び批評を行っている。『史学雑誌』の編纂自体は東大系の学者で構成されているが、「回顧と展望」では出身に拘らず幅広い研究が渉猟されているその年の執筆者によっては俎上に上る研究にやや偏りが出る場合もあると言われるが、原則的に主だった研究は網羅されており、国内のみならず、海外での研究も含めた動向を知る事が出来る。

特に歴史学を始めたばかりの学生にとって、「回顧と展望」は読むべき論文、学術書を示すのみならず、数年分あるいは十数年分を調べる事によって、現在までの大まかな研究の流れを把握する事が出来る為、研究史を知る上で最も重要な文献の1つであり、自分の研究を研究史の中で位置付け、意義付けをする上において最初にあたるべき「史学史」の史料であると言える。

参考書籍編集

脚注編集

  1. ^ 永原(2003, pp.33-34)。以下、「創刊までの経緯」の記述全体も同様

外部リンク編集