メインメニューを開く

史 朝義(し ちょうぎ)は、代の軍人の第4代皇帝

末帝 史朝義
第4代皇帝
王朝
在位期間 761年 - 763年
姓・諱 史朝義
生年 不詳
没年 顕聖3年(763年
大聖周帝
年号 顕聖 : 761年 - 763年

生涯編集

出自は突厥であり、寧夷州にて史思明の長男として生まれた。史思明が安禄山に従い挙兵した際、史朝義は冀州相州の守備に当たった。天成3年(759年)に史思明が安慶緒を殺害し皇帝を称すと、史朝義は懐王に封じられた。

順天3年(761年)、史朝義は末子の史朝清を後継ぎにしようとした父を殺して、さらに史朝清とその生母の辛氏らを殺害し大燕皇帝に即位。顕聖と改元した。翌年唐軍が回鶻勢力の支援を得て反撃に出ると、史朝義の拠点である洛陽は陥落、北方の莫県へと逃れた。民心を失ったと判断した田承嗣李懐仙などが離反して、史朝義は自殺し、ここに安史の乱は収束した。