史跡 尾去沢鉱山

史跡 尾去沢鉱山(しせきおさりざわこうざん)は、秋田県鹿角市にある尾去沢鉱山跡を利用したテーマパークである。1982年に前身のマインランド尾去沢としてオープンし、2008年4月より「史跡 尾去沢鉱山」に改称してリニューアルオープンした。

史跡 尾去沢鉱山
Akita-Osarizawa Mine-xl.jpg
施設情報
前身 マインランド尾去沢
テーマ 尾去沢鉱山
キャッチコピー 1300年の歴史を誇る銅鉱脈群採掘跡
事業主体 株式会社ゴールデン佐渡
管理運営 株式会社ゴールデン佐渡
開園 1982年
所在地 018-5202
秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
位置 北緯40度11分08.28秒東経140度44分49.78秒座標: 北緯40度11分08.28秒 東経140度44分49.78秒
公式サイト http://www.osarizawa.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

尾去沢鉱山は開山1300年の歴史を誇る一方で近代的な産業遺産でもある(2007年近代化産業遺産に認定)。このため見学施設も江戸時代鉱山の様子を知ることができる石切沢通洞坑コースと、明治以降の産業遺産コース、および体験コースに分かれる。

三菱マテリアルの子会社である株式会社ゴールデン佐渡が2006年にマインランド尾去沢を買収し、2008年4月に「史跡 尾去沢鉱山」としてリニューアルオープンした。リニューアルを機にロゴマーク等も一新しており、尾去沢鉱山発祥伝説である光る怪鳥[1]をモチーフとしたロゴマークとなっている。

見学コース編集

石切沢通洞坑コース編集

1.7kmに及ぶ観光坑道。坑内では採掘跡、運搬設備、坑内事務所といった近代の鉱山および江戸時代の鉱山の様子を見学することができる。観覧所要時間は30分(1.1kmの標準コース) - 40分(1.7kmの特別コース)。

  • 大人1,000円 中・高校生800円 小学生600円 幼児無料。団体割引あり

産業遺産コース編集

尾去沢鉱山の選鉱場跡、製錬所、鉱山事務所跡などをガイド付きのマイクロバスで巡る。所要時間は約60分。

  • 4月から10月まで。最低催行人数10人で要事前予約。大人1,000円 中・高校生700円 小学生500円。

体験コース編集

  • 砂金採り(営業期間4/19 - 11/3。高校生以上700円、中学生以下500円)
  • 天然石掘り(営業期間4/19 - 11/3。大型ケース850円、小型ケース500円)
    • 学生団体向け(要事前予約)
      • 天然石万華鏡作り(通年営業。500円)
      • 郷土文化体験(営業期間4月下旬 - 10月下旬)
      • パワーストーン手作り体験(営業期間4月下旬 - 10月下旬)

鹿角市鉱山歴史館編集

黄銅鉱をはじめとする尾去沢鉱山で採掘された鉱石類や坑道の模型などが展示されている(入館無料)。

遊具施設編集

いずれの施設も施設ごとに料金別途。また冬季休業。

廃止した遊具施設
  • シューティングアドベンチャー(坑道を利用したライド施設) - 2011年11月20日廃止[2]

その他施設編集

史跡尾去沢鉱山が管理しているスポーツ施設である。

ショップ編集

  • レストハウス(4月下旬 - 11月上旬)
  • 金山庵

営業時間編集

  • 夏季(4/1 - 10/31) 9:00 - 17:00
  • 冬季(11/1 - 3/31) 9:00 - 15:30

所在地・アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集