成長党

ロシアの政党
右派活動から転送されました)

成長党(せいちょうとう、ロシア語: Партия Роста)は、ロシア政党

成長党
Партия Роста
党首 ボリス・チトフ
Борис Титов
創立 2016年3月26日
本部所在地 モスクワ
政治的思想 保守
自由保守主義
経済的自由主義
保守自由主義
政治的立場 中道右派
公式カラー  
 
下院議席数
1 / 450
地方議会議席数
8 / 3,982
公式サイト
rost.ru
ロシアの政治
ロシアの政党一覧
ロシアの選挙
右派活動時代のロゴ

2008年11月16日、右派勢力同盟、市民勢力ロシア民主党の三党が合同して"右派活動"(うはかつどう、ロシア語: Пра́вое де́ло英語: Right Cause)として創設された。 ロシア語の名称のПравоеという単語には、「右の、右派の」と同時に「正しい、正義の、Правильный」の意味があり、 英訳のRightも同様である。

右派活動は、結党にあたり、民主主義人権の尊重、自由主義経済を主張する自由民主主義政党であると自己規定している。しかし、その一方で右派活動の結成はウラジーミル・プーチンドミートリー・メドヴェージェフ率いるロシア連邦政府側の自由主義政党の分断、官製野党への政治工作であるという観測もあり、内外のメディアからはロシアから健全な野党が無くなるのではないかという懸念を呼び起こしている。右派勢力同盟の幹部だったボリス・ネムツォフも同様の見解を表明している[1][2]

2011年6月、ロシアの実業家であるミハイル・プロホロフが新党首に就任したが、わずか約3ヶ月後の同年9月15日に解任された[3]。プロホロフは離党に際して、「(右派活動は)クレムリンの傀儡政党だった」「人形使いの名はウラジスラフ・スルコフだ」と述べている[4]。プロホロフは党を離れたのち、新党「市民プラットフォーム」を立ち上げた。

2011年ロシア下院選挙に初めて候補者を擁立したが、39万2507票(0,60%)と最下位の得票数だった。

2016年3月26日に"成長党"に党名を変更した[5]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集