右門捕物帖 片目の狼

『右門捕物帖 片眼の狼[1](うもんとりものちょう かためのおおかみ)は、1959年昭和34年)3月3日公開の日本映画。製作:東映京都撮影所、配給:東映。監督:沢島忠カラー東映スコープ、87分。別題は『右門捕物帖 片の狼[2]』。

右門捕物帖 片眼の狼
Katameno ōkami 2.jpg
監督 沢島忠
脚本 鷹沢和善
原作 佐々木味津三
出演者 大友柳太朗
堺駿二
進藤英太郎
里見浩太郎
桜町弘子
花園ひろみ
雪代敬子
音楽 鈴木静一
撮影 伊藤武夫
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1959年3月3日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 右門捕物帖 地獄の風車
テンプレートを表示

大友柳太朗主演版『右門捕物帖』シリーズの第1作。大友は、嵐寛寿郎が戦前から演じていた「むっつり右門」こと近藤右門役を引き継ぎ、東映で本作以降7本のシリーズに主演した。

あらすじ編集

将軍寛永寺参詣5日前に、将軍直属の御庭番5人が同じ場所で一斉に首吊り死体となって発見された。北町同心・近藤右門は他殺と判断、将軍暗殺の陰謀をめぐらせる謎の組織「片眼の狼」の正体を暴き、追い詰める。

配役編集

スタッフ編集

  • 監督:沢島忠
  • 企画:中村有隣
  • 原作:佐々木味津三
  • 脚本:鷹沢和善
  • 撮影:伊藤武夫
  • 照明:田辺謙一
  • 録音:石原貞光
  • 美術:桂長四郎
  • 編集:宮本信太郎
  • 音楽:鈴木静一
  • 和楽:望月太明吉
  • 振付:花柳啓之
  • 進行主任:鳥居高樹
  • 現像:東洋現像所
  • 装置:西川春樹
  • 背景:安井駿太郎
  • 装飾:縄田功
  • 記録:小島淑子
  • 衣裳:上野徳三郎
  • 美粧:林政信
  • 結髪:西野艶子
  • スチール:熊田陽光
  • 擬斗:足立伶二郎
  • 助監督:山崎大助
  • 撮影助手・計測:脇武夫
  • 照明助手:徳永進
  • 録音助手:堀場一朗
  • 美術助手:富田治郎
  • 編集助手:細谷修三
  • 演技事務:和田学
  • 進行:藤井又衛

ネット配信編集

脚注編集

  1. ^ 表記は作中タイトルに沿う。
  2. ^ 東映ビデオVHS(1988年発売、VCTB00351)のパッケージ表記。

参考文献編集

  • 大友柳太朗友の会『大友柳太朗快伝』(ワイズ出版、1998年)

関連項目編集

外部リンク編集