メインメニューを開く

右門捕物帖 (1982年のテレビドラマ)

右門捕物帖』(うもんとりものちょう)は、1982年(昭和57年)11月23日から1983年(昭和58年)9月6日日本テレビ系で毎週火曜日の20時から20時54分に放映された連続時代劇。全33回。

概要編集

佐々木味津三原作。無口である事から「むっつり右門」と呼ばれた南町奉行所同心の近藤右門を主人公とする時代劇。右門が岡っ引きの「おしゃべり伝六」を従え、江戸市中に睨みをきかせて持ち前の推理で事件を解決する。右門と与力の座を争っている同僚筆頭同心の通称「あばたの敬四郎」は、右門が次々と事件を解決するのを苦々しく思っており、対抗心を燃やしている。

本作は杉良太郎主演の東映NETテレビ右門捕物帖やこの番組の前に放送された新五捕物帳と比べ、どちらかといえば娯楽時代劇を目指していた感があり、2作に比べてコミカルな感じに仕上がっていた。嫡子ではないが2人の子供がいるという設定から、第1話の予告編でも「ホームドラマ+時代劇」と謳っている。

「あばたの敬四郎」を演じる伊東四朗は、かつててんぷくトリオの一員として活動していたが、奇しくも1969年の中村吉右衛門主演版では、同じてんぷくトリオの一員であった三波伸介が「あばたの敬四郎」を演じており、これで戸塚睦夫を除くてんぷくトリオのメンバーが同じ役柄を演じた事になる。

第17話「少林寺から来た凄い奴」は欠番扱い、公式ホームページでも抹消されている。理由は公表されていない。

キャスト編集

南町奉行所同心。草香流柔術、錣正流剣術・居合斬りの名手でもある。
右門配下の岡っ引。本作では父親が登場している。
敬四郎の妹。お千代・お春ら他の女性に対して嫉妬深い一面がある。
敬四郎配下の岡っ引。本作では質屋を兼業している。
伝六の父親。元岡っ引の蕎麦屋。
ともに回船問屋・肥前屋紋兵衛の娘。第1話に於いて肥前屋夫妻及び使用人らは全員殺害され、店は爆破・炎上の上、金品は強奪されたが、彼女たちは堀端で遊んでいたため無事だった。江戸で身寄りがないため、右門が自ら預かっている。
敬四郎の妻。敬四郎が最も恐れており、「たか殿」と呼ばれている。
南町奉行所筆頭同心。本作では恐妻家で妹が登場している。

スタッフ編集

放映リスト編集

話数 初回放映日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1982年11月23日 さわやか右門さっそう登場 池田一朗 林伸憲 大山勝巳山本みどり垂水悟郎天本英世
平泉征堀田真三石山雄大中屋敷鉄也
内田佳昭上田幸輔宗村正明今野清志
伊藤浩之鈴木道弘田原千之佑三原博
阿部宏子塚本もも子
2 1982年11月30日 同心は悲しみを越えて 白井更生 帯盛迪彦 志垣太郎一ノ瀬康子幸田宗丸藤江リカ
榎木兵衛倉島襄伴直弥穂高稔
稲川善一石崎京美露原千草泉よしこ
伊藤浩之鈴木道弘榎本雅人末松芳隆
3 1982年12月7日 伝六と女祈祷師 岡田光治 林伸憲 田口計緑魔子長内美那子出光元
唐沢民賢住吉眞沙樹加藤茂雄清水忠一
岩鬼太郎蟹沢良恵原博美長谷部亮
大友淳持原洋樹
4 1982年12月14日 母子草の唄 白井更生 西山正輝 南城竜也山本昌平、中屋敷鉄也、永谷悟一
松本朝夫熊谷卓三岩瀬祐美中島元
5 1982年12月21日 謀殺・からくり御用帖 津田幸於 帯盛迪彦 荒谷公之戸浦六宏桜井浩子黒川明子
村田みゆき里木佐甫良沖田駿一菅野直行
林孝一亜蘭美香八幡源太郎、渡辺次男
大山豊、照井克也
6 1982年12月28日 八丁堀ララバイ 岡田光治 西山正輝 吉田次昭松尾文人清嶋智子西川敬三郎
弥永和子久里みのる小川真喜子、伊藤浩之
鈴木真美子、村瀬洋子、住吉真沙樹
7 1983年1月4日 正月にやって来た可愛い女 白井更生 高橋繁男 大場久美子剛達人武内文平飯田和平
榎本雅人、伊藤浩之、鈴木道弘、武田弘樹
中沢友花
8 1983年1月11日 高嶺の花おいらん騒動 高階航 坂本あきら飛鳥裕子江幡高志浜伸二
若林哲行伊吹聡太朗三原博五月晴子
都家歌六今野博美、中村和賀子、大木久子
中島文子、今野清志久木念清水亜紀
9 1983年1月18日 狙われた女金貨 和久田正明 林伸憲 宮園純子辻萬長西田良湯沢勉
根岸一正藤山浩一、久木念
10 1983年1月25日 ひとりぽっちの童唄 白井更生 中原早苗石橋雅史砂塚秀夫船渡伸二
湊俊一、若尾義昭、三原博、西川敬三郎
加藤茂雄、田原千之祐、夏木順平、伊藤浩之
榎本雅人、那須のりこ、小島法子、宗村正明
若柳千代美
11 1983年2月1日 女と女の間には 岡田光治 高橋繁男 風間舞子内田喜郎黒部進西朱美
前沢迪雄青山京子、加藤茂雄、福原秀雄
宗村正明
12 1983年2月8日 江戸から消えた女 山野四郎 保積ぺぺ中村久美北原義郎松下達男
宇南山宏岩倉高子木瓜みらい、中村和加子
加藤土代子、久里みのる、早川研吉、稲川善一
松風はるみ、原博美、鳴海剛、大友淳
榎本雅人、伊藤浩之、宗村正明、鈴木真美子
伊藤公子、三原博、相原巨典、泉よしこ
前田正人、大木久子、中島文子、松田浩二
13 1983年2月15日 さむらい教育 池田一朗 林伸憲 石田信之原口剛宮口二郎谷村隆之
瀬川新蔵中山昭二村上冬樹
14 1983年2月22日 罠にはまった敬四郎 大久保昌一良 長尾深雪堺左千夫、出光元、三上左京
小林健一鹿島信哉、山田昌人、原博美
高杉哲平沢村恵美子、三原博、那須のり子
小池和子、西屋東
15 1983年3月1日 伝六の初恋 池田一朗 番匠義彰 芦川よしみ佐伯徹人見きよし小笠原弘
四方晴美伴直弥津野哲郎、松尾正平
持原洋樹、原博美、渡辺憲悟、中村和賀子
中川綾乃、岩瀬裕美、岩鬼太郎、那須のり子
16 1983年3月8日 闇からの挑戦 白井更生 藤山律子山下洵一郎三上剛仙小倉雄三
鹿島信哉、近江信行、日野あき子、有馬光貴
伊藤浩之、若本セり子
17 1983年3月15日 少林寺から来た凄い奴 岡田光治 小澤啓一 石橋雅史
18 1983年3月22日 老盗、木枯し源次 白井更生 多々良純奈良富士子剣持伴紀早川保
中田博久新谷由美子古今亭志ん駒
有崎由見子堀田真三、稲垣昭三、弥永和子
三波美夕紀長谷部亨大友淳、相沢治夫
吉村真理、古今亭志ん五、鈴木真美子
原田千枝子、大木久子
19 1983年3月29日 暗殺 池田一朗 井上梅次 青木義朗堀越陽子北浦真恵湊俊一
中屋敷鉄也、田村貫徳弘夏生矢野間啓二
榎木兵衛、沢木克次本間夕斗草間璋夫
伊藤浩之、森卓三、榎本雅人、加藤茂雄
20 1983年4月12日 白浪五人男 高階航 葉山葉子松橋登玉川伊佐男小宮健吾
松尾正平一の瀬玲奈、松本朝夫、里木佐甫良
久木念、宗村正明、榎本雅人、三田康二
小島和夫、矢車武、持原洋樹
21 1983年4月19日 天狗うらみ唄 白井更生 林伸憲 有吉ひとみ丸山秀美渚まゆみ、石山雄大
須藤健石井茂樹清鴻智子浜野桃子
渡辺陽子野口祐子、西屋東、中村まみ
佐藤雅美、暮林修小池幸次、大木久子
中島文子、中島由起子
22 1983年4月26日 偽りの盛装 深水真紀子森幹太久富惟晴津村隆
小田切みき加藤和夫、林孝一、早川研吉
榎木兵衛、田原千之右、東号武士、岩鬼太郎
森卓三、持原洋樹、川村真理子、金野恵子
中島元、三原博、久木念、青江薫
石原香
23 1983年5月3日 わらじ哀歌 山野四郎 仲雅美石井めぐみ遠藤征慈小沢寿美恵
瀬下和久富川澈夫、宇南山宏、今取幸也
宇乃壬麻、深谷みさお、住吉真沙樹
24 1983年5月10日 大川恋唄 白井更生 江崎実生 結城しのぶ本郷直樹、平泉征、藤江リカ
三夏伸松下達雄掘礼文、日野道夫
玉村駿太郎、長谷部亮、原田千枝子、三上剛仙
沢村恵三子
25 1983年5月17日 八丁堀から消えた男 須藤出穂 田島令子佐藤仁哉佐藤允、黒部進
楠田薫三角八朗、宇乃壬麻、山野上智子
河内亮子
26 1983年5月24日 日陰に咲いた花ひとつ 奥村俊雄 白井更生 奈良富士子、綾川香中田譲治、住吉真沙樹
松尾正平、三原博、大友淳、熊谷卓三
藤井康司、鳴海剛、久木念、瀧口剛
志村幸江、西巻映子
27 1983年6月7日 戻り橋の女 大久保昌一良 香野百合子石山律雄北村総一朗、江幡高志
佐原健二二瓶正也、吉中六、内田佳昭
原博美、森卓三、伊藤浩之、福島茂
谷井哲也、今野舞、岩鬼太郎、一瀬浩道
28 1983年6月21日 跳ねっ返り娘の涙 高階航 高瀬昌弘 田中ひろみ、伊藤めぐみうえだ峻、山本昌平
矢野宣伊藤高みき進太後藤保幸
安藤靖功佃文伍郎北山はしら、内田佳昭
29 1983年7月12日 恋の罠 白井更生 茅島成美西沢利明外山高士根岸一正
谷口香、永井玄哉、長谷部亮、加藤茂雄
原博美、三原博、徳弘夏生、森卓三
黒木亜弥、松田浩二、持原洋樹、中井久美子
菊地由子
30 1983年8月2日 からっ風の唄 林伸憲 壇まゆみ佐久間宏則、田口計、若松和子
日恵野晃、新海丈夫、伊藤厚志、江崎和代
中屋敷鉄也、鹿島信哉、原博美、夏木順平
田原千之右、八幡源太郎、三原博、福永喜一
31 1983年8月16日 盗人宿の女 津田幸於 三浦リカ冨田浩太郎小栗一也三田登喜子
陶隆司北村晃一、稲川善一、久木念
大森一、鳴海剛、藤井康次、原博美
板橋和彦
32 1983年8月23日 泥に咲く花 山野四郎 番匠義彰 堀越陽子鈴木ヤスシ中田浩二粟津號
矢野間啓二、伴直弥、柄沢民賢、松尾正平
原博美、田村寛、沢村恵三子、中村麻美
山田裕史、志村幸江、名和弓雄、加藤茂雄
玉井謙介、福島茂、高橋啓子
33 1983年9月6日 冬の風鈴 津田幸於 鳥居恵子今出川西紀奥野匡上田耕一
北條清嗣門脇三郎渚まゆみ池田鴻
三上櫻子古川千江美、市村博、持原洋樹
今取幸也、門脇三郎

備考編集

  • 時代設定は、1969年版が元禄年間、1974年版が文政年間であるが、本作の第1話で柳生但馬守宗矩大山勝巳)が登場し、なおかつ劇中で島原の乱について語られている事から、寛永年間であるものと思われる。
  • 杉良太郎演じる近藤右門は、南町奉行所の定町廻り同心と言う設定であるが[1]、本作以前にNET系列で放送された1974年版では、北町奉行所の定町廻り同心と言う設定であった。なお、1974年版で使われた近藤家の家紋「四角に鳥が3羽(左上・真ん中・右下)」は、本作でも継続して使用されている。
  • 主演の杉は舞台での活動に専念するため、本作の最終回の翌週に放送された特別番組への出演を最後に、しばらくの間テレビ番組への出演を全て断っている(実際に出演したのは、本作の終了から6年後の1989年に放送された、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場赤川次郎の盗みは人のためならず」(ABC制作)だった)。

脚注編集

  1. ^ この点については、中村吉右衛門主演の1969年版でも同じである。

関連項目編集