メインメニューを開く

叶井 俊太郎(かない しゅんたろう、1967年9月18日 - )は、日本の映画関連企業「トランスフォーマー」のプロデューサー、コラムニスト東京都出身。妻は漫画家倉田真由美

経歴編集

東京都立園芸高等学校卒業。放送関係の専門学校を経て、ハワイに留学、卒業。

ハワイから帰国後の1990年、知人の紹介でラジオ局にADとして入社。タイアップ試写会を担当したのがきっかけで映画配給会社の存在を知り映画業界への転職を志す。

1991年、洋画配給会社アルバトロスのグループ会社ニューセレクトに入社。1994年、アルバトロス株式会社に異動、バイヤー兼宣伝担当となる。(詳細は下記外部リンク鮮眼流仕事道の紹介ページを参照)

同社在職中は、大手配給会社が見向きもしないエログロ変態映画から恋愛映画まで(いわゆるB級C級映画)幅広いジャンルの映画を買い付け、宣伝した。

買い付けた『アメリ』(2001年公開)が興行収入16億円の大ヒット。その後、アルバトロスを退社。

2004年ファントム・フィルムを設立し代表取締役社長に就任するものの、翌年の2005年には同社を退社。トルネード・フィルム(資本金1000万円、東京都渋谷区渋谷2-9-10)を設立し代表取締役社長に就任。だが、2008年、大赤字となり社長から取締役に降格。

いかレスラー』『ヅラ刑事』や『日本以外全部沈没』など、河崎実監督作品を多数、企画、プロデュースを行っている。

私生活では離婚歴3回。2009年9月、漫画家の倉田真由美と結婚。

2010年4月1日、トルネード・フィルムは東京地方裁判所に破産申請。負債総額3億円。同月7日に破産手続き開始決定を受けた。

2018年6月、映画配給会社「レスペ」が映画事業から撤退したため解雇[1]された。現在はフリーである。

担当した主な作品編集

コラム連載雑誌編集

著書編集

  • 『映画突破伝』(江戸木純との共著、洋泉社、2001年)
  • 『ビッグヒットは五感でつかめ! 「10年後なんて考えられない」という君へ』(主婦の友社、2002年)
  • 『ダメになってもだいじょうぶ—600人とSEXして4回結婚して破産してわかること』(倉田真由美との共著、幻冬舎
  • 『突然、9歳の息子ができました』(サイゾー

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集