司馬伷

三国時代の魏から西晋の武将。司馬懿の四子。

司馬 伷(しば ちゅう、太和元年(227年) - 太康4年5月1日283年6月12日))は、中国三国時代から西晋にかけての武将子将河内郡温県孝敬里の人[1]司馬懿の第4子。生母は伏貴妃司馬亮の同母弟。司馬師司馬昭の異母弟。司馬京司馬駿の同母兄。司馬榦司馬肜司馬倫の異母兄。妻は諸葛誕の娘(諸葛太妃)。諡号武王

司馬伷
西晋
琅邪王・大将軍
出生 太和元年(227年
河内郡温県孝敬里
死去 太康4年5月1日283年6月12日
拼音 Sīmǎ Zhòu
子将
諡号 武王
主君 曹髦曹奐司馬炎
テンプレートを表示

生涯編集

若年から才能と名声を有し、正始年間初めに南安亭侯に封じられた。官歴は寧朔将軍から始まり、城を監督し、治績を高く評価された。

甘露5年(260年)5月、魏の皇帝曹髦が司馬昭排斥のために挙兵した(甘露の変)。屯騎校尉の官にあった司馬伷はこれを迎撃したが、曹髦の側近に一喝されると、軍勢は離散してしまった[2]

散騎常侍から、右将軍・監兗州諸軍事・兗州刺史を歴任。咸熙元年(264年[3]に五等爵が置かれると、南皮伯・征虜将軍・仮節となった。

泰始元年(265年)12月[4]司馬炎が晋の皇帝として即位すると東莞郡王に封じられ、食邑10600戸を領した。泰始4年(268年)2月[4]には尚書右僕射・撫軍将軍に遷った。

泰始5年(269年)2月[4]、地方に出て鎮東大将軍・仮節・都督徐州諸軍事となる。下邳郡を統御し、将兵に最大限の力を発揮させ、から恐れられた。また、『晋書石苞伝によれば、都督揚州諸軍事の石苞が謀反の疑いで都に召還された時、下邳から寿春へ向かい、反乱を警戒する任に当たった[5]

咸寧3年(277年)8月[4]、開府儀同三司・琅邪王となった。

咸寧5年(279年)11月[4]、呉討伐のため兵数万を率い、涂中へ進軍した。呉帝孫晧は降伏の際、司馬伷の元へ書簡と印綬を送った(呉の滅亡)。詔勅によれば「長史の王恒を進軍させて長江を渡らせ、賊の辺境軍を破った。都督の蔡機を捕縛し、殺害・降伏させた者は5万余を数えた」等の功績を挙げた。位は大将軍[6]にまで昇ったが驕ることなく恭倹に努めたため、配下は力を尽くし、民衆も心服した。

太康4年(283年)5月1日、57歳で死去。生母の陵に葬られること、4人の子に所領を分割して相続させることを生前に願い、許された。武王と諡され、嫡子の司馬覲が後を継いだ。

司馬伷自身は晋朝に忠実であったが、早世した司馬覲以外の子の司馬澹・司馬繇・司馬漼は八王の乱に関与し、晋朝を乱す一因を成した。司馬繇は永安元年(304年)に司馬穎に殺害され、司馬澹は永嘉5年(311年)の石勒の攻撃により死亡した。司馬覲の子で琅邪国を継承していた司馬睿は江南に逃れ、東晋を建国して帝位に即いた(元帝)。

宗室編集

晋王朝系図】(編集
  • 晋書』本紀巻1~10、列伝巻7・8・29・44・68・69による
  • 太字は皇帝(追贈含む)、数字は即位順。
 
 
 
 
(追)宣帝司馬懿
 
(追)景帝司馬師
 
斉王司馬攸
 
東萊王司馬蕤
 
 
斉王司馬超
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海王司馬寔
 
 
広陽王司馬冰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉王司馬冏
 
 
済陽王司馬英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文帝司馬昭
 
 
(西1)武帝司馬炎
 
(西2)恵帝司馬衷
 
(恵1)皇太子司馬遹
 
南陽王司馬虨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚王司馬瑋
 
 
秦王司馬郁
 
 
(恵2)皇太孫司馬臧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南王司馬允
 
 
漢王司馬迪
 
 
(恵3)皇太孫司馬尚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清河王司馬遐
 
(恵4,6)皇太子司馬覃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長沙王司馬乂
 
 
(懐)皇太子司馬詮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(愍)皇太子司馬端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(恵5,7)皇太弟司馬穎
 
廬江王司馬普
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中都王司馬廓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呉王司馬晏
 
(西4)愍帝司馬鄴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(西3)懐帝司馬熾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汝南王司馬亮
 
汝南王司馬矩
 
汝南王司馬祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西陽王司馬羕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南頓王司馬宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
琅邪王司馬伷
 
琅邪王司馬覲
 
(東1)元帝司馬睿
 
(東2)明帝司馬紹
 
(東3)成帝司馬衍
 
(東6)哀帝司馬丕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武陵王司馬澹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東7)廃帝司馬奕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梁王司馬肜
 
 
東安王司馬繇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東4)康帝司馬岳
 
(東5)穆帝司馬聃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮陵王司馬漼
 
 
 
 
 
 
(東8)簡文帝司馬昱
 
(東9)孝武帝司馬曜
 
(東10)安帝司馬徳宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
扶風王司馬駿
 
新野王司馬歆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(東11)恭帝司馬徳文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(僭)趙王司馬倫
 
(倫)皇太子司馬荂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会稽王司馬道子
 
世子司馬元顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
済陽王司馬馥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汝陰王司馬虔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覇城王司馬詡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安平王司馬孚
 
義陽王司馬望
 
河間王司馬洪
 
義陽王司馬威
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竟陵王司馬楙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太原王司馬瓌
 
河間王司馬顒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東武城侯司馬馗
 
高密王司馬泰
 
東海王司馬越
 
世子司馬毗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新蔡王司馬騰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南陽王司馬模
 
南陽王司馬保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
范陽王司馬綏
 
范陽王司馬虓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

編集

編集

出典編集

  • 房玄齢等『晋書』巻38 琅邪王伷伝

脚注編集

  1. ^ 『晋書』高祖宣帝紀記載、父の司馬懿の本籍地。
  2. ^ 陳寿三国志』魏書 高貴郷公紀注『漢晋春秋
  3. ^ 『晋書』太祖文帝紀
  4. ^ a b c d e 『晋書』世祖武帝紀
  5. ^ ただし『三国志』呉書丁奉伝によれば、石苞召還は泰始4年。『晋書』武帝紀の司馬伷の官歴とは時系列が合わない。
  6. ^ 『晋書』武帝紀では、太康3年(282年)12月に撫軍大将軍になったとされるが、次の記述では大将軍として死去したことになっている。