司馬 茂英(しば ぼうえい、393年 - 439年)は、南朝宋の少帝劉義符皇后本貫河内郡温県

司馬皇后
南朝宋の皇后
在位 422年6月26日 - 424年7月7日
別称号 海塩公主

全名 司馬茂英
出生 太元18年(393年
死去 元嘉16年(439年
配偶者 少帝
氏族 河内司馬氏
父親 恭帝東晋
テンプレートを表示

経歴編集

東晋の恭帝司馬徳文の娘として生まれ、海塩公主に封じられた。劉義符が公子のとき、茂英は妻に迎えられた。420年永初元年)、皇太子妃となった。422年(永初3年)、劉義符が即位すると、茂英は皇后に立てられた。424年元嘉元年)、営陽王妃に降格された。さらに南豊王太妃となった。439年(元嘉16年)、死去した。享年は47。

伝記資料編集