司馬 覲(しば きん、256年 - 290年)は、三国時代から西晋の人物で、貴族思祖

西晋の琅邪司馬伷の子。母は諸葛太妃(諸葛誕の娘)。妻は夏侯荘夏侯威の子)の娘の夏侯光姫。子に司馬睿(東晋の元帝)・東安王司馬渾諡号恭王

太康4年(283年)に父が急死したために王位を継承する。この際に父の遺命に従って3名の弟に領土を分封してそれぞれを王とした。冗従僕射に任命されるが、太熙元年(290年)に35歳で急逝した。長男の司馬睿が後を継いだ。

子の司馬睿は司馬覲の死後まもなく勃発した八王の乱永嘉の乱により晋朝と江北が混乱すると、それを避けて江南に逃れ、西晋王朝崩壊後に自ら皇帝に即位した(東晋の元帝)。琅邪国は皇帝の重要な縁戚として東晋の末期まで続いた。

次男の司馬渾(元帝の弟)は叔父の東安王司馬繇(司馬覲の弟)が304年に成都王司馬穎に殺害されて後継者がなかったので、その後を受け継いだ。しかし子がないまま早世し、東安国は廃止されてしまった。