メインメニューを開く
本来の表記は「司馬顒」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

司馬 顒(しば ぎょう、? - 306年12月)は、中国西晋時代の皇族で、八王の乱の八王の一人。文載。祖父は司馬懿の弟である安平王司馬孚。父は太原王司馬瓌中国語版

目次

生涯編集

若き日編集

父を継いで太原王に封じられ、276年に封国に赴いた。翌年には河間国に改封された。

若くして清名があり、財に執着せずに士卒を愛した。諸王と共に来朝した時、武帝司馬炎は司馬顒を称賛し、諸国の模範であると感嘆したという。

291年、北中郎将に任じられ、城を統治した。299年、梁王司馬肜に代わって平西将軍に任じられ、長安に出鎮した。当時の制度では、皇帝に近い血縁者しか関中の統治は認められていなかったが、諸王の上疏により特別に許された。

司馬倫討伐編集

301年1月、趙王司馬倫は側近孫秀と謀って帝位を簒奪し、国政を掌握した。孫秀は司馬顒が関中で強兵を擁しているのを深く憂慮し、補佐を名目として臣下を派遣して監視に当たらせた。斉王司馬冏が司馬倫誅殺を掲げて挙兵すると、元安西参軍夏侯奭は侍御史を自称し、始平郡で数千の兵を集めて司馬冏に呼応した。夏侯奭は司馬顒にも協力する様使者を派遣したが、司馬顒は長史李含と図って司馬倫に加担する事を決め、主簿房陽と振武将軍張方を派遣して夏侯奭を討伐させた。夏侯奭は敗れて捕らえられ、その同胞十数人と共に長安の市で腰斬に処された。

司馬冏からの檄文が届くと、司馬顒は司馬冏の使者を捕えて司馬倫に送った。さらに、司馬倫からの援軍要請に応じ、張方に関中の諸将を率いさせて司馬倫の援護を命じた。だが、後に司馬顒は司馬冏と成都王司馬穎の勢力が優勢である事を知った。張方はこの時華陰まで至っていたが、司馬顒は龍驤将軍李含・領督護席薳らに張方軍を追わせてこれを呼び戻すと、司馬冏に寝返った。

4月、左将軍王輿は洛陽で政変を起こすと、孫秀を殺して司馬倫を幽閉し、恵帝を復位させた。この後、司馬顒は洛陽に入った。司馬冏は司馬顒が初め敵対していた事を恨んでいたが、最終的に味方した事からこれを罪に問わず、侍中太尉に任じ、三賜(弓矢、斧鉞、璧玉)を下賜した。しばらくして、司馬顒は長安に戻った。

司馬冏討伐編集

10月、巴氐族の李特秦州6郡の流民を従えて益州で決起した。302年、司馬顒は李特討伐の為、督護衛博を梓潼に駐軍させた。李特は子の李蕩李雄を陽沔へ派遣して衛博を攻撃させ、衛博は敗れて軍の大半を失った。衛博は軍を退却させたが、李蕩により幾度も追撃を受け、彼の軍はみな李蕩に降伏した。司馬顒は新たに許雄梁州刺史に任じて李特討伐に当たらせたが、許雄もまた李特に敗れた。

当時、李含は司馬顒の下から離れて朝廷に仕えていたが、司馬冏の参軍皇甫商・右司馬趙驤と対立し、また司馬顒が殺した夏侯奭の兄が司馬冏に仕えていた事もあり、大いに不安に陥って長安へ逃げ戻った。この時、李含は密詔を偽造し、司馬顒へ「成都王(司馬穎)は陛下の弟であって大功があるのもかかわらず、朝廷に留まらずに封国に帰ったので、民心を得ております。斉王(司馬冏)は成都王を差し置いて専横の限りを尽くしており、朝廷から憎まれています。今、長沙王(司馬乂)に斉王を討つよう命じれば、兵が弱小である長沙王は必ずや殺されるでしょう。長沙王殺害の罪を理由に斉王を攻めて成都王を迎え入れ、社稷を安定させれば大勲功といえるでしょう。」と勧めると、司馬顒はこれに従った。司馬顒は司馬冏の罪状を上書すると、檄文を各地に発布して「十万の兵を集めて成都王穎、新野王歆(司馬歆)、范陽王虓(司馬虓)と洛陽で合流する。長沙王乂に命じて斉王冏を邸宅に送り帰らせ、成都王穎に輔政を請う」と宣言し、李含を都督に任じて張方らと共に洛陽へ向けて進撃させた。諸軍は陰盤を通って新安に入り、洛陽から120里まで迫った。同時期、司馬乂は洛陽城内から司馬顒に呼応し、司馬冏と3日間に渡る争いを繰り広げると、これに勝利して司馬冏を処断した。司馬顒は司馬乂が敗れるのを期待していたので、これに不満を抱いた。

司馬乂討伐編集

洛陽包囲編集

303年3月、侍中劉沈益州刺史羅尚梁州刺史許雄らを統率して李雄討伐を命じられたが、司馬顒は劉沈を長安に留めて軍師に任じ、代わりに席薳を蜀に派遣した。また、張昌江夏で反乱を起こすと、劉沈は張昌討伐に赴くよう詔が下されたが、司馬顒はこれを拒絶した。劉沈は自らの意思で州兵を率いて藍田に進んだが、司馬顒は劉沈の兵を無理矢理奪ってこれを阻止した。

7月、司馬乂の参軍皇甫商の兄である皇甫重秦州刺史となると、以前より皇甫商と対立していた李含はこれを甚だ憂慮し、密かに謀殺を目論んだ。皇甫重はこれを察知すると、司馬乂へ秦州6郡の兵を率いて李含を討伐する許可を求めたが、司馬乂は認めなかった。皇甫重はこれに従わずに李含を討とうとしたので、司馬顒は金城郡太守游楷隴西郡太守韓稚らに4郡の兵を率いさせ、冀城の皇甫重を攻撃させた。

また、司馬顒は密かに侍中馮蓀・河南尹李含・中書令卞粋らを洛陽に派遣して司馬乂を襲撃させたが、皇甫商は司馬乂に警戒するよう事前に忠告していたので、司馬乂は彼らを捕らえて処刑した。司馬顒は李含らが殺されたと聞き、これを口実に司馬乂討伐の兵を挙げた。鄴の司馬穎もまたこれに呼応した。

8月、司馬顒は司馬穎と共に上書し「司馬乂の論功は不公平であり、右僕射羊玄之・左将軍皇甫商と共に朝政を専断し、忠良の臣(李含ら)を殺害しました。羊玄之と皇甫商を誅殺し、司馬乂を封国に還らせるべきです。」と述べた。恵帝は詔を発して司馬顒と司馬穎を逆臣であると弾劾し、司馬乂に討伐を命じた。司馬顒は張方を都督に任じ、精兵7万を与えて函谷関から洛陽に向かわせた。張方は司馬穎軍と協力して洛陽を包囲した。

劉沈襲来編集

11月、司馬乂は洛陽の包囲を解く為、雍州刺史劉沈に7郡の兵1万人余りを与えて長安へ進軍させた。さらに、皇甫商に詔を持たせて西進させ、游楷らと皇甫重に停戦を命じ、さらに皇甫重を劉沈軍に加勢させようよとした。だが、皇甫商が新平に入った時、皇甫商を恨んでいた親族が司馬顒にこの動きを密告したので、司馬顒は皇甫商を捕えて殺した。

304年1月、東海王司馬越は朝廷の諸将と共に司馬乂を捕え、張方を洛陽城内に迎え入れた。張方は城内に入ると、司馬乂を殺害した。

同時期、司馬顒は鄭県の高平亭に駐屯して張方軍の後援となっていたが、劉沈挙兵の報を聞くと、渭城に帰還して守備を固めた。さらに、督護虞夔に歩騎兵1万人余りを与えると、好畤に進ませて劉沈を迎撃させた。劉沈は新平から兵を進めて虞夔を撃破すると、司馬顒は大いに恐れて長安に退却し、張方を急いで洛陽から呼び戻した。劉沈は渭水を渡ると砦を築き、司馬顒が派遣してきた軍を幾度も破ると、皇甫澹衛博に精鋭兵五千を率いて長安門から侵入させた。彼らは奮戦して司馬顒の本陣まで迫ったが、劉沈本隊の到着が遅れたので、司馬顒軍は皇甫澹らに後軍が無い事を悟って士気は倍増した。馮翊太守張輔は兵を率いて司馬顒を救援すると、側面から皇甫澹らを攻撃した。府門にて激戦が繰り広げられ、衛博とその子らは討ち死にし、皇甫澹は生け捕られた。司馬顒は皇甫澹の勇壮さを惜しんで助命しようとしたが、皇甫澹は屈服しなかったので処刑した。劉沈軍は敗北すると、敗残兵を率いて軍営に撤退した。その後、洛陽から帰還して来た張方が配下の敦偉を派遣して軍営を夜襲させると、劉沈軍は対応出来ずに壊滅した。

劉沈は側近100人余りと共に南へ逃走したが、陳倉県令に捕縛された。劉沈は司馬顒と相対すると彼を詰ったので、司馬顒は激怒して劉沈を鞭打ち、腰斬の刑に処した。司馬顒はまた、劉沈の参謀であった新平郡太守張光へ「起兵してどのような計略を画策したのだ」と責めたが、張光は表情を厳しくして「劉雍州が我が計を用いなかったからこそ、大王は今生きておられるのですぞ!」と答えた。司馬顒は彼を豪壮であるとして、罪には問わずに祝宴に参加させた。

3月、司馬顒は上書して司馬穎を世継ぎに立てるよう求めると、司馬穎は皇太弟となり、丞相の職務はそのままで都督中外諸軍事を兼任するようになった。司馬顒は太宰大都督雍州牧に任じられた。

朝廷の分裂編集

長安へ遷都編集

7月、司馬越は右衛将軍陳眕・殿中中郎逯苞成輔・司馬乂の旧将上官巳らと共に司馬穎討伐を掲げて決起すると、恵帝を奉じて共に鄴へ向けて軍を発した。司馬顒はこれを聞くと、張方に2万の兵を与えて鄴を救援させた。だが、張方が到着する前に司馬穎配下の石超は皇帝軍を撃破し、恵帝の身柄を確保した。司馬顒は恵帝が鄴城に入ったと知ると、張方に洛陽占拠を命じた。洛陽を守る上官巳と苗願は張方を阻んだが、張方はこれを破って洛陽城内に入った。

8月、都督幽州諸軍事王浚は東嬴公司馬騰と連携を取り合い、司馬穎討伐を掲げて決起した。司馬穎は大いに恐れ、鄴を放棄すると恵帝を連れて洛陽へ逃走した。張方は兵を派遣して司馬穎一行を迎え入れた。

11月、張方は恵帝と司馬穎を引き連れて長安への遷都を強行した。司馬顒は官属や歩騎三万を率いて長安を出て、灞上において一行を出迎えた。司馬顒は恵帝に拝礼しようとしたが、恵帝は車から下りてそれを止めさせた。恵帝が長安に入ると、司馬顒府が行宮(皇帝の住まう場所)となり、司馬顒は百官を選んで配置し、秦州を定州と改めた。だが、洛陽では尚書僕射荀藩・司隸劉暾・河南尹周馥が留まって皇帝の代わって政治を行ったので、これにより政治機能は二つに分裂し、洛陽朝廷は「東台」と呼ばれ、長安朝廷は「西台」と呼ばれるようになった。

12月、司馬顒は皇太弟司馬穎を廃し、豫章王司馬熾(後の懐帝)を新たに皇太弟に立てた。また、司馬顒は戦禍を収める為に司馬越との和解を望み、彼を太傅として長安に招聘したが、司馬越はこれを受けなかった。暫くして詔が下り、司馬顒は都督中外諸軍事に任じられた。

皇甫重討伐編集

305年、司馬顒配下の游楷らが冀城の皇甫重を攻撃してから3年目に入ったが、未だに城を落とす事は出来なかった。司馬顒は御史を派遣して皇甫重に投降を勧めたが、皇甫重は拒絶した。当時、冀城内の人々は司馬乂と皇甫商が既に殺されたことを知らなかったが、御史がこの事を告げると、人々は皇甫重を殺して司馬顒に降った。馮翊太守張輔が代わって秦州刺史となった。

司馬越との対立編集

山東軍決起編集

7月、司馬越は司馬顒と張方討伐を掲げて徐州で決起し、東平王司馬楙・王浚・司馬虓らもまたこれに呼応したので、関中は震撼した。張方は司馬顒へ「我らは10余万の兵を領しております。天子を洛陽に送奉し、成都王(司馬穎)を鄴に帰還させ、公(司馬顒)は関中に留まって鎮撫し、我は北方で博陵を討ちます。こうすれば、天下は安んじられ、再び挙兵するものは居なくなるでしょう」と進言したが、司馬顒は許さなかった。恵帝は司馬越の挙兵を聞くと、密かに劉虔を派遣して司馬越と司馬楙に正式に官爵を与えた。これにより、朝廷の官員は長安から離れて司馬越の下に集まるようになった。

司馬越は太弟中庶子繆播と右衛率繆胤を長安に派遣して司馬顒の説得に当たらせ、恵帝を洛陽に帰還させる事と、陝県を境に東西で国家を分割統治をする事を提案した。繆胤は司馬顒の前妻の弟であったので、司馬顒はこれに従おうとした。だが、張方は洛陽を荒らして長安遷都を強行した事から、司馬顒と司馬越の和睦により自らが処罰される事を恐れた。その為、司馬顒へ「我々は強い国力を持って天子を奉じており、天下に号令できる立場にあります。どうしてわざわざ他人の制約を受けなければならないのでしょうか」と進言すると、司馬顒はこれに同意した。さらに、恵帝の詔と称して司馬越らに封国に帰還するよう命じたが、司馬越らもまたこれを無視した。

同時期、司馬穎の旧将である公師藩が将軍を自称し、司馬穎の復権を掲げて趙・魏(河南河北一帯)で挙兵した。8月、司馬顒は公師藩の挙兵を知ると、司馬穎を鎮軍大将軍・都督河北諸軍事に推挙して兵千人を与え、盧志と共に鄴城へ向かわせた。また、建武将軍呂朗には洛陽の守備を命じた。司馬越は3万の兵を率いてに進駐し、司馬虓は許昌から出兵して滎陽に駐軍した。また、司馬越は豫州刺史劉喬冀州刺史に、司馬虓を領豫州刺史に、劉蕃を淮北護軍に、劉輿潁川郡太守に任じ、司馬虓は劉琨を司馬とした。だが、劉喬は恵帝の命ではないとして司馬越からの任官を拒絶し、逆に彼らの進軍を阻んだ。東平王司馬楙もまた寝返って劉喬に呼応した。

劉喬敗北編集

劉喬は上書して、司馬越と劉輿兄弟の悪事を告げ、自ら司馬越軍に対抗していることを伝えた。10月、司馬顒は詔と称して「劉輿は范陽王虓に謀反を強要した。鎮南大将軍劉弘、平南将軍・彭城王司馬釈、征東大将軍劉準は兵を率いて劉喬に応じるように。張方を大都督に任じるので、精兵10万を率いて許昌で呂朗と合流し、劉輿兄弟を誅殺せよ。」と告げた。また、劉喬を鎮東大将軍に任じて仮節を与え、司馬穎に将軍劉褒[1]らを、元車騎将軍石超に北中郎将王闡らを率いさせ、洛陽北の河橋で劉喬の後援とした。劉喬は許昌を攻略し、劉琨・劉輿・司馬虓を河北へ敗走させた。平昌公司馬模は将軍宋冑を河橋に進軍させ、王闡・劉褒らを防がせた。

劉弘は恵帝へ上書し、司馬顒と司馬越を和解させるよう勧めたが、司馬顒は劉喬の力を信じていたので、これに応じずに抗戦を続けた。劉弘は張方の暴虐な様を見て司馬顒の敗亡は必至であると判断し、諸軍を率いて司馬越の傘下に入った。

11月、司馬顒は偽の詔を発し、皇后羊献容がしばしば政治利用されているという理由で自殺を命じ、尚書田淑を洛陽に派遣して命を伝えた。だが、司隸校尉劉暾らが反対したので、結局果たされなかった。

12月、劉琨と司馬虓は王浚と結託し、幽州突騎300を率いて河橋を攻めた。王闡はこれを迎え撃つも敗れて殺され、敗残兵は張方がかつて築いた砦に逃げ込んだ。更に劉琨は司馬虓と共に黄河を渡り、滎陽で石超を討ち取った。これにより、劉喬は考城から撤退した。さらに司馬虓は劉琨と督護田徽を東進させ、司馬楙を廩丘で撃ち、司馬楙は封国に撤退した。劉琨らはさらに東進を続けて司馬越を迎え入れると、譙県で劉祐を破って殺した。劉喬軍も壊滅し、平氏へ逃走した。司馬越は陽武に進駐し、王浚は将軍祁弘に鮮卑突騎と烏桓突騎を率いさせて司馬越軍を援護した。

右将軍陳敏江南で決起すると、司馬顒は張光を順陽郡太守に任じ、歩騎五千を率いて荊州に入らせた。張光は劉弘の傘下に入り、協力して陳敏を討伐した。

張方誅殺編集

306年1月、劉喬の敗戦を聞くと司馬顒は恐れ、改めて司馬越との和平を望むようになった。しかし、張方は和睦に頑なに反対したので、なかなか決断出来なった。司馬顒の参軍畢垣は張方と仲が悪かったので、司馬顒へ「張方は灞上に駐軍して久しいですが、山東兵の勢いを恐れて進軍を躊躇い、逆に陰謀を目論んでいます。これが為される前にその芽を摘むべきです。陰謀の事は張方の近臣郅輔に聞けば分かるでしょう。」と偽りの発言を行い、繆播と繆胤も司馬顒へ「張方を斬って天下に謝罪すべきです。そうすれば、山東軍と戦わずして戦乱を収める事も出来ましょう。」と進言した。司馬顒は郅輔を招き、事の真偽を確かめようとした。郅輔が到来すると、畢垣は秘かに接近して「張方は謀反を企んでいる。さらに、卿(郅輔)が陰謀の全容を知っていると、誰かが王に告げたようだ。もし王が卿に質問したら、どう答えるつもりかね」と問うた。郅輔は驚愕して「張方の謀反など全く知らぬ。どうすべきだろうか」と尋ねると、畢垣は「王がもし問うたならば、ただ同意すればよい。そうでなければ、卿も禍から逃げる事叶わないであろう。」と勧めた。司馬顒は郅輔と会うと「張方の謀反を卿は知っているかね」と問うた所、郅輔は同意した。さらに「卿を派遣して張方を討とうと思うが、出来るかね」と問うと、郅輔は同意した。これにより、司馬顒は郅輔に張方への手紙を持たせ、それを届けることを口実に張方に接近させた。郅輔は武器を携えて張方の官府に入ったが、彼は張方の側近であった事から、守備兵は誰も疑問に思わなかった。そして、張方が郅輔から手紙を受け取って読んでいる隙に郅輔は張方を斬り、首を取って司馬顒に報告した。司馬顒はこれを聞くと郅輔を安定郡太守に任じ、さらに張方の首を司馬越に送り和を請うた。

司馬虓は鮮卑の騎兵と平昌・博陵の兵に河橋を襲撃させ、宋冑もまた河橋を攻めた。劉褒が西に撤退すると、騎馬で追撃して新安まで至った。この戦役により、道路には数え切れない程の死体が転がったという。司馬模は前鋒督護馮嵩に宋冑と合流させ、洛陽へ向けて進軍させた。司馬顒は呂朗らを滎陽に駐軍させてこれを阻ませたが、劉琨が張方の首を示すと戦意喪失して投降した。こうして司馬越軍は洛陽に入った。

長安失陥編集

司馬越は祁弘・宋冑・司馬纂に鮮卑兵を与えて長安攻略に向かわせ、恵帝奪還を命じた。また、周馥を司隸校尉に任じ、符節を与えて諸軍を監督させ、澠池に駐軍させた。

4月、司馬越が温県に駐軍した。司馬顒は張方の首と引き換えに司馬越らが兵を退く事を期待していたが、司馬越軍は張方が死んだと聞くと、逆に先を争って函谷関に入るようになった。司馬顒は張方を殺害した事を後悔し、郅輔を咎めて処刑した。また、弘農郡太守彭随北地郡太守刁黙を湖県に派遣して祁弘らの進軍を阻ませた。

5月、祁弘は彭随と刁黙に大勝し、函谷関を突破した。司馬顒は大いに恐れ、馬瞻郭伝を灞水に派遣して防戦させたが、馬瞻らは敗戦して兵は散亡した。司馬顒はこれを聞くと、遂に単身で長安から太白山へ逃走してしまった。

祁弘らが長安に入城すると、司馬顒の百官もまた山中に逃走した。祁弘らは恵帝を牛車に乗せて東に帰還し、太弟太保梁柳を鎮西将軍に任じて関中を守らせた。

最期編集

6月、司馬顒配下の馬瞻らは長安に入って梁柳を殺害し、始平郡太守梁邁と共に太白山から司馬顒を迎え入れた。だが、司馬顒は長安に再び入る事により、さらに恨みを買う事を恐れたが、長安令蘇衆・記室督硃永は司馬顒へ「梁柳は病没したと称するのです。そうすれば張方を始末した誠意も伝わるでしょう。」と述べたので、これに従った。だが、弘農郡太守裴廙・秦国内史賈龕・安定郡太守賈疋らはこれに反発して挙兵し、馬瞻と梁邁を討伐した。司馬越もまた督護糜晃を派遣して司馬顒を攻撃させた。糜晃が鄭県に入ると、司馬顒は平北将軍牽秀を馮翊に駐軍させて糜晃を防がせたが、司馬顒の長史楊騰は司馬顒の命と偽って牽秀に戦闘を中止させ、隙を見て牽秀を殺した。これにより、関中勢力は全て司馬越に帰順してしまい、司馬顒はただ長安だけを保つのみであった。

12月、司馬越は朝政の混乱を鎮める為、詔書を用いて司馬顒を司徒に任じ、洛陽へ招聘した。司馬顒はこれを受けて洛陽に向かったが、司馬越の弟である南陽王司馬模はこれを認めず、密かに配下の梁臣を派遣し、河南郡新安県で雍谷の車上にて司馬顒を絞殺した。司馬顒の三子もまた殺された。

詔があり、彭城元王司馬植(司馬孚の四弟の司馬馗の子の司馬権の子)の子の司馬融を司馬顒の後継として、楽成県王に改封した。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 晋書によると楼褒