メインメニューを開く

司馬 駿(しば しゅん、233年 - 286年)は、西晋皇族子臧(しそう)。司馬懿の第6子。生母は伏貴妃司馬師司馬昭の異母弟。司馬亮司馬伷司馬京の同母弟。司馬榦司馬肜司馬倫の異母兄。子に司馬暢司馬歆ら10人。

生涯編集

景初3年(239年)に斉王曹芳が皇帝に即位すると、幼年でありながら散騎常侍侍講となり、以後は各州都督を歴任した。

西晋の時代になると扶風王に封じられ、征西大将軍として関中の守備を務めた[1]。部下と諸葛亮の人物論を交わしたという[1]。驃騎将軍・開府・使持節・都督雍涼等州諸軍事など要職を歴任し、異民族の反乱鎮圧で貢献した。武帝が弟の司馬攸を封国に追い出そうとした際には武帝を諌めたが聞き入れられず、そのため発病したという。太康7年(286年)9月に54歳で死去し、大司馬侍中・仮黄鉞を追贈された。学問を好み封国で善政を敷いたので、死後に彼を悼んで各地で碑が建てられた。

彼の子孫は永嘉の乱で殺されるか行方不明になっている。

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b 中国『三国志全人名事典』、P136

参考文献編集