メインメニューを開く

各務原市立那加第一小学校(かかみがはらしりつ なかだいいちしょうがっこう)は、岐阜県各務原市那加手力町にある公立小学校。各務原市那加地区の小学校の一つである。

各務原市立那加第一小学校
Nakadaiichi elementary school,gifu 1.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 各務原市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
所在地 504-0043
岐阜県各務原市那加手力町22-5
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1873年(明治6年) - 各務郡長塚村、新加納村、岩地村、山後村、桐野村、前野村の7ヶ村が共同で洗心舎を創立。長塚村の大願寺を仮校舎とした。
  • 1874年(明治7年) - 新加納村が新加納小学校を開設し、離脱する。
  • 1876年(明治9年) - 各務郡西市場村に移転し、西市場村が合流する。洗心小学校に改称する。
  • 1879年(明治12年) - 前野村が各務郡野畑村と共同で前野小学校を開設し、離脱する。
  • 1882年(明治15年) - 長塚村が新加納村と共同で長新小学校を開設し、離脱する。同時に新加納小学校が廃止される。
  • 1886年(明治19年) - 洗心小学校が洗心簡易科小学校、前野小学校が前野簡易科小学校、長新小学校が長新簡易科小学校に改称する。
  • 1889年(明治22年) - 合併で那加村となる。
  • 1890年(明治23年) - 洗心簡易科小学校が西市場尋常小学校、前野簡易科小学校が長塚尋常小学校、長新簡易科小学校が前洞尋常小学校に改称する。
  • 1896年(明治29年) - 各務郡が厚見郡方県郡の一部が合併し、稲葉郡となる。
  • 1897年(明治30年) - 西市場尋常小学校、長塚尋常小学校、前洞尋常小学校が合併し、那加尋常小学校に改称する。現在地に校舎を新築移転する。
    • 正確には、旧岐阜県立岐阜女子商業高等学校の位置である。1952年(昭和27年)に那加町立那加高等学校(後の岐阜県立稲葉高等学校→岐阜県立稲葉女子商業高等学校→岐阜県立岐阜女子商業高等学校)が開設された際、那加第一小学校の敷地、建物の一部を移譲している。
  • 1901年(明治34年) - 高等科を設置し、那加尋常高等小学校に改称する。
  • 1903年(明治36年) - 那加村立裁縫学校を併設する(1908年廃止)。
  • 1909年(明治42年) - 那加村立裁縫補習学校を併設する。
  • 1914年(大正3年) - 那加村立実業補習学校を併設する。
  • 1916年(大正5年) - 那加村立実業補習学校を那加村立那加農業裁縫補習学校に改称し、那加村立裁縫補習学校を廃止する。
  • 1921年(大正10年) - 那加村立那加農業裁縫補習学校を那加農業補習学校に改称する(後に那加町立農業商業青年学校となり、1945年廃止)。
  • 1928年(昭和3年) - 那加尋常小学校が岐阜県実業教員養成所(岐阜高等農林学校に併設されていた教員養成所。後の岐阜青年師範学校、現岐阜大学教育学部)代用付属校に指定される。
  • 1938年(昭和13年) - 高山本線那加駅付近に、駅前分教場を開設する。
  • 1940年(昭和15年) - 那加村が町制施行。那加町設立。
  • 1940年(昭和15年) - 駅前分教場が分離独立し、那加第二尋常小学校(現各務原市立那加第二小学校)と改称する。
  • 1941年(昭和16年) - 岐阜県実業教員養成所代用付属校の指定が解除される。那加尋常小学校が那加第一国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 那加第一国民学校が那加町立那加第一小学校に改称する。
  • 1963年(昭和38年) - 稲葉郡那加町、蘇原町鵜沼町稲羽町が合併し、各務原市になる。それに伴い、各務原市立那加第一小学校に改称する。
  • 1964年1966年(昭和39年~41年) - 新校舎が完成する。
  • 1976年(昭和51年) - 各務原市立尾崎小学校を分離する。
  • 1991年1992年(平成3年~4年) - 校舎を改修する。
  • 2007年(平成19年) - 旧岐阜県立岐阜女子商業高等学校が那加第一小の校舎の一部に。(一階部分)

交通機関編集

鉄道編集

那加駅」より徒歩20分
新加納駅」より徒歩15分
新那加駅」より徒歩20分

バス編集

「石山町」バス停より徒歩2分
JR岐阜駅バスターミナル岐阜駅北)13番のりば、名鉄岐阜のりば(名鉄岐阜駅西)6番のりばより「各務西町営業所」行き、「石山町」バス停より徒歩2分

学校周辺編集

その他編集

  • 那加第一小学校の旧校舎(木造)は、1897年(明治30年)に新築された後、児童数増加に伴い、1908年(明治41年)、1914年(大正3年)、1925年(大正14年)、1930年(昭和5年)、1935年(昭和10年)に増築されたが、東西に長く増築されていったため、その長さは約300メートルに達し、「日本一長い校舎」と呼ばれていたという。

関連項目編集

外部リンク編集