メインメニューを開く

合田一家

山口県下関市に本部を置く暴力団

来歴編集

篭寅組の代貸であった合田幸一が1948年(昭和23年)頃に下関市を本拠地として『合田組』を結成。これを直接の起源とする。1968年(昭和43年)をもって『合田一家』と名を変え、その後数代を経てゆく過程で反目勢力との対立抗争を繰り返しながら勢力を拡大していった。1987年(昭和62年)に山中大康こと李大康が五代目を襲名したのち、山口県下の反目勢力を次々と吸収、県全域を勢力範囲とするまでになった[3]福岡県北九州市にも勢力を持つ。

初代籠寅組編集

保良浅之助が設立した。

二代目籠寅組編集

保良浅之助の長男・保良寅之助が籠寅組二代目を継いだ。

合田組・初代合田一家編集

昭和23年(1948年)頃、合田幸一が籠寅組を引き継ぐ形で合田組を設立した。合田幸一は、籠寅組の代紋を継いだが、恐れ多いとの事で籠寅組の家名は継がなかった。

昭和45年(1970年)、合田幸一の提唱により反山口組同盟・関西二十日会が結成された。加盟組織は、合田一家、大阪市松田組神戸市忠成会姫路市木下会岡山市浅野組広島市共政会北九州市工藤会など[4]

昭和63年(1988年)、西日本二十日会が結成された。関西二十日会とは違い、特に山口組を仮想敵とするわけではなかった。西日本二十日会の加盟団体は、唐津市西部連合下関市の合田一家、広島市共政会尾道市侠道会笠岡市浅野組松山市松山連合会岡山市木下会徳島市勝浦会高松市親和会大阪市波谷組だった。

合田一家・二代目以降編集

昭和50年(1975年)に合田幸一が死去し、浜部一郎が後を継ぐ。

昭和58年(1983年)、浜崎彰が後を継ぐが翌昭和59年(1984年)に病死。翌昭和60年(1985年)に川崎友治が後を継いだが彼も翌昭和61年(1986年)に病死、と合田一家は相次いで総長を失った。翌昭和62年(1987年)に山中大康が後を継いで体制の立て直しに入る。

五代目合田一家編集

平成4年(1992年)7月27日、山口県公安委員会から指定暴力団に指定された。

六代目合田一家編集

平成6年(1994年)2月、合田一家若頭・温井完治が合田一家六代目を継いだ。五代目山口組舎弟頭補佐・大石誉夫(後の六代目山口組顧問)が後見人となった。

平成8年(1996年)2月、四代目共政会、二代目俠道会、三代目浅野組、六代目合田一家、親和会は、親睦会「五社会」を結成した[5]

七代目合田一家編集

総長温井完治の引退を受け、六代目体制の最高幹部であった傘下四代目小桜組の末広誠が2009年の9月に七代目を襲名[6]

歴代総長編集

  • 籠寅組初代 :保良浅之助
  • 籠寅組二代目 :保良寅之助
  • 合田一家初代 :合田幸一
  • 合田一家二代目:浜部一郎
  • 合田一家三代目:浜崎 彰
  • 合田一家四代目:川崎友治
  • 合田一家五代目:山中大康
  • 合田一家六代目:温井完治
  • 合田一家七代目:末広誠

最高幹部編集

  • 総長 - 末広誠
  • 若頭 - 新井鐘吉(五代目小桜組組長)
  • 本部長 - 片山洋二郎 (片山組組長)
  • 幹事長 - 皿田正信 (二代目岡村組組長)

エピソード編集

昭和60年の四代目・川崎友治総長の襲名披露をフジテレビが取材しており、同年7月に「木曜ファミリーワイドーTHE ヤクザ」として放送された。同番組では野坂昭如津川組(後に工藤会)組長、山中大康・小桜組組長(後の五代目総長)などの組幹部へのインタビューを行う一方、指を詰めたり、刑期を終えて出所するも間もなく死亡するなど、末端の組員の実情も取り上げられた。

出典編集

参考文献編集