吉もと 誠(よしもと まこと、1977年4月6日[1] - )は、日本漫画家千葉県出身[1]日本デザイナー学院デザイン研究科マンガコース出身[2]

吉もと誠
生誕 (1977-04-06) 1977年4月6日(44歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 漫画家
ジャンル 児童漫画
代表作ウソツキ!ゴクオーくん
受賞 コロコロ漫画大学校2005年冬期金メダル(『二年空手組キンジくん』)
小学館新人コミック大賞第58回児童部門佳作(『ユメチャ!』)
第61回小学館漫画賞児童向け部門(『ウソツキ!ゴクオーくん』)
テンプレートを表示

来歴編集

28歳の時に『二年空手組キンジくん』がコロコロ漫画大学校で2005年冬期金メダルを受賞[3]。受賞時の名義は本𠮷誠[3]

30歳の時に『ユメチャ!』が小学館新人コミック大賞第58回児童部門で佳作を受賞[1]。同期受賞者に井上桃太萬屋不死身之介がいる[1]

2016年、『ウソツキ!ゴクオーくん』が第61回小学館漫画賞児童向け部門を受賞[4]

人物編集

漫画家について編集

  • 週刊少年ジャンプ』に4回くらい持ち込んだことがあるが、編集者に漫画作品の主人公の年齢や読者層が低いと言われ、子供向け雑誌を勧められた[3]。その後、甥が持っていた『コロコロコミック』を読み、面白さに衝撃を受け、漫画を投稿した[3]。元々は『ジャンプ』で描くつもりだったため、『コロコロ』で描くことに後ろめたさがあり、子供向け漫画の描き方に悩んで追い詰められていたところから、『ゴクオーくん』のダークな主人公が生まれた[3]。『コロコロ』の編集者に樫本学ヴの漫画を読み勉強するように言われ、参考にしている[3]
  • キャラクターの等身が高くなってしまう時はのび太を想像し、軌道修正している[11]
  • 作画はアナログ作業である[11]
  • ネームに詰まった時は頭を小学生に戻し、面白いか、意味がわかるかと自問自答しながら考えている[12]
  • 目標は『ウソツキ!ゴクオーくん』の連載1話目でしか取れたことがないアンケート1位を再び取ること[12]
  • 平成で一番嬉しかったことは『コロコロ』で漫画家になれたことだといい[13]、児童漫画家であることを誇りに思っており、大人になった読者が「ゴクオーくんは面白かった」と言ってくれることを期待している[3]

好きな漫画家など編集

作品リスト編集

連載編集

  • ウソツキ!ゴクオーくん(『別冊コロコロコミック』2011年10月号 - 2012年8月号→『月刊コロコロコミック』2012年9月号 - 2021年9月号[16]、2021年10月号別冊付録[17]、既刊24巻)
  • カシバトル(『別冊コロコロコミック』2021年6月号[18]、『月刊コロコロコミック』2021年11月号、2022年2月号(予告漫画[19])) - 読み切りから連載化[19]

読み切り編集

  • びっくり計算王子 マハラジャくん(『月刊コロコロコミック』2007年7月号) - 単行本未収録。
  • 魂!ドラグレイド(『別冊コロコロコミック』2008年6月号 - 10月号) - 単行本未収録。
  • フルスイング!!イチロー(『別冊コロコロコミック』2009年12月号) - 単行本未収録。
  • ブチカマシ!(『別冊コロコロコミック』2010年4月号 - 10月号) - 単行本未収録。

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d まんが家を目指す人は必ず読むべし! 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜1〜”. コロコロオンライン (2019年2月6日). 2021年1月10日閲覧。
  2. ^ マンガ科卒業生情報 吉もと誠先生”. 日本デザイナー学院 (2019年2月6日). 2021年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 「僕は児童まんが家であることを誇りに思っています」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜2〜”. コロコロオンライン (2019年2月7日). 2021年1月10日閲覧。
  4. ^ 第61回小学館漫画賞に「海街diary」「Sunny」「ハイキュー!!」など”. コミックナタリー (2016年1月22日). 2021年1月10日閲覧。
  5. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年10月号目次コメントより。
  6. ^ 『月刊コロコロコミック』2019年8月号目次コメントより。
  7. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年6月号目次コメントより。
  8. ^ 『月刊コロコロコミック』2018年12月号目次コメントより。
  9. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年9月号目次コメントより。
  10. ^ 『月刊コロコロコミック』2021年2月号目次コメントより。
  11. ^ a b c d かつて描いたオマージュ作品『プロレスマン』『ケツ肛門』!? 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜3〜”. コロコロオンライン (2019年2月8日). 2021年1月10日閲覧。
  12. ^ a b 「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴSP対談〜4〜”. コロコロオンライン (2019年2月9日). 2021年1月10日閲覧。
  13. ^ 『月刊コロコロコミック』2019年5月号目次コメントより。
  14. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年3月号目次コメントより。
  15. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年8月号目次コメントより。
  16. ^ “「ウソツキ!ゴクオーくん」10年の連載に幕、武井宏之×今田ユウキの新連載も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年8月12日). https://natalie.mu/comic/news/440576 2021年8月12日閲覧。 
  17. ^ “「ウソツキ!ゴクオーくん」“本当の最終回”は次号、72時間限定で全話無料公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年9月12日). https://natalie.mu/comic/news/444753 2021年9月15日閲覧。 
  18. ^ 【ミラコロGP参戦作品】『カシバトル』(吉もと誠)”. コロコロオンライン. 小学館 (2021年4月29日). 2021年10月15日閲覧。
  19. ^ a b ウソツキ!ゴクオーくん公式アカウント 2022年1月14日のツイート2022年1月15日閲覧。