吉原 健一郎(よしはら けんいちろう、1938年8月1日 - 2012年3月22日)は、日本歴史学者成城大学名誉教授。専門は日本近世史文化史

経歴編集

1938年に東京府で出生する。1967年に東京教育大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程を修了。東京都公文書館主任調査員を経て、成城大学文芸学部文化史学科教授に就任する。江戸時代を中心に主に近世庶民文化を研究した。2009年に成城大学名誉教授となる。また、成城大学民俗学研究所所長、歴史学会会長を務めたほか、千代田区港区墨田区江東区などの文化財保護審議会委員を歴任した。

2012年3月22日、肺がんのために死去[1]。73歳没。

著書編集

単著編集

共編著編集

監修編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉原健一郎氏死去(成城大名誉教授・日本近世史) 時事ドットコム 2012年3月27日閲覧